挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
TSしたら美少女だった件~百合ルートしか道はない~ 作者:飽きっぽいニート志望

TS生活二週間目………しかし面倒事があるのは変わらずな件

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

70/87

「登校中に事件が起こる、即ち今日は平和じゃない」

事件が朝っぱらから起こるようならその日は平和な日じゃない。それは常識だと思う。
だって朝一番で平和な日常ではなく酷い事件がいきなり起こるようならマトモじゃないもん。
たとえばほら、そのいやーな事件の影はすでに俺のすぐそばまで迫っているからね。平和じゃないよね。
我が家の前、学校に出かけようという一歩目にして俺は立ち止まっていた。
こんなことじゃいけないって分かってるよ?
でもね?
いくらなんでもこの状況は………

「あー、警官さん、これなに?」

俺は家の周囲に貼られたいくつかの張り紙を指さして、何故か家の前で待機していた警官さん(女性、美人ではあるが個人的にこの人私生活ダメな人なんじゃないかと思う)にそう言ってみた。
正直突然のことだし内容もやたら格式張ってる感じでその内容も訳が分からないけど、とりあえず俺にとって害があるわけではないが、若干よろしくない内容が書いてる気がするんだ。
え?何故かって?
いや分からん。ただなんかそんな気がしたんだ。
ハッ………これが主夫の勘ってやつか!すげぇな主夫の勘、未来さえも的中させてくれそうだぞ!
俺は突如として訳の分からないことを思いついて一人不審に盛り上がった。

しかしこれ本当にどういう意味なんだ?読めない訳じゃないがどうにも言い回しが難しいというか、やたら迂遠な表現が多いというか………
なんだろう、これ普通に使い方次第で詐欺にでも転用できそうなくらい分かりにくいよ。
具体的にはあえて読んだ相手に勘違いさせて気付かない内に何かをするための書類………みたいな?
まぁ、相手は警察だし多分こういう形式じゃないとダメって奴だろうね。
だから疑っちゃダメだ。いくら先週酷く騙されまくったからって。

「あぁ、それはですね………あの変態たちに次近付いたらただじゃおかねぇって伝えるための紙です。だから安心して学校に………あ、でも心配な用ならパトカーで学校まで送りましょうか?」
「いえ良いです」
「そうですか」

うんうん、警官(あるいは婦警さん?)の人もこう言ってることだし………ね?
国家権力まで信用できなくなったらもはやなにも信用できないし、せめてこれくらいは信じないとねぇ………
別に俺だって疑いたくて疑ってるわけじゃないしさ。
ほら、信ずるものは救われるって言うだろ?
………その言葉における信ずるものってやつの元々の意味が『神を信仰するもの』であることには非常に文句を言いたいことだが、とにかく俺は信じたい。
なんだかんだで様々なラノベでやられ役として定着しちまったが、地味にカッコいいシーンも多い警察って、子供の憧れみたいなもんだしさ。

俺がそんなことを考えながら学校に向かって歩を進めていると、不意に後輩ちゃんが口を開いた。

「先輩、あの張り紙の内容なんですが………次近付いたらただじゃおかないって意味じゃなくて警察がガードするから次からは公務執行妨害で捕らえられちゃうぞ、って意味でした」

うそーん。警察までもに欺かれるとかどんだけ俺悪いことしたんだよ、なにか恨みでもあるのかよ………
いや、ポジティブに考えよう。
警察がガードしてくれるってんならそれはほぼ次近付いたらただじゃおかないってのと意味は変わらないし、それにその程度なら警察の人が俺が変にプレッシャーを感じたりしないように気を使ってくれただけって可能性もあるだろう?
そうだ、きっとそのはずだ、というか国家権力が普通で一般的でドノーマルな俺と言う一個人を騙したところで何の得もないよな。
そうだ、そのはずなんだ。
だから警察は流石に俺を欺いてたりはしないはずだ。

………ところで今『次近付いたらただじゃおかない』と『警察がガードする』って、よく考えりゃ後者は警察の人が俺にまとわりつく口実になっちゃうよねー的なことを思いついてしまったのだけれど、まぁそれはただの見守りだろうし害はないだろう………な(疑心暗鬼)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ