挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
TSしたら美少女だった件~百合ルートしか道はない~ 作者:飽きっぽいニート志望

TS生活二週間目………しかし面倒事があるのは変わらずな件

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

69/87

「てんやわんやで月曜になったが………」

今回時間が飛んでいます。
てんやわんやで月曜日になった。
まぁてんやわんや、の内容が気になる人もいるだろうが………その内容は至極単純明快で俺が後輩ちゃんに弁解しようとしたり(そもそも弁解する必要があることはしていないらしいが)、気付けば立ったまま眠っていたと自分で言うステラを早朝から二人で救出したり、あと色々あって脳が休めなかったのかなんなのか分からないがまったく眠れず不本意ながら大体一週間ぶりの超早起きをしたもんだからと弁当を作ったり………
そうそう、訳の分からない系で言えばこんなのもあるな。
母さんと親父が電車や飛行機の始発も出ていない早朝にも関わらずすでに出かけていたこと。
しかもあれだぞ?出かけて行った方法は俺を起こしてくれやがった方法でもあるんだ。

それなりに静穏走行ができる車での超高速出勤、ってなぁ!

うん、まぁ俺がそれで起きたのは割とたまたまってのもあるし、そもそも眠りが浅かったのもあるが、しかし常識をわきまえて欲しいよ。
少なくとも常識的に見て朝どころかほぼ深夜と言っても良いくらいの早朝の出勤はありえないですよ、えぇ。俺の知る限り始発すら出ていないような時間帯に訳の分からないほど静かに走る車で出かけるような職種なんて1つたりとも存在しないぞ………
まったく、ウチの親は本当に何を仕事にしているんだか。まったくもって不思議でならないね。
かくいう俺は生物学的に考えても別の意味で考えても不思議生物みたいなもんだから人の事は言えないが。
しかし本当に俺の親の仕事は不思議極まりない。

………話を戻そう。
さて、てんやわんやかつなんだかんだで今日は月曜日である。
月曜日、その言葉を聞いて何を想像するだろうか。
仕事はじめ、絶望の始まり、休みの日までのカウントダウン………一部のリア充などはむしろ逆に捉える奴もいるようだが、とにかくマイナスなイメージが多いだろう。
何を隠そう俺もその一人である。
なにせ月曜日と言ったら学校の始まりだからな。
学校が嫌いな奴や勉強が嫌いな奴、体育がある日なら運動の苦手な奴、あるいは苦手な教師の授業がある奴と、月曜日の学校を苦手とする奴は多い。
しかしだな………多分今の俺よりも真剣(マジ)に学校行きたくないと考えている奴は少ないだろう。
何故かって?
そりゃあ理由は単純明快さ。

提出しなきゃいけない課題を月曜日になってようやく、というか出発する直前になってようやく思い出したんだよ!
その上課題は休みの日にある程度余裕をもってやることを想定しているのかやたら『難易度はそれほどでもないが時間のかかる問題』が多いしさぁ!チクショウふざけんな変態+親父+神!恨んでやる!具体的にはハロウィーンでトリックオアトリートをトリックオアトリックと言って顔面に生ゴミぶちまける程度のいい感じに恨んでやる!
俺はそんな感じで脳内を恨みごとで埋め尽くしながら出来るだけ最速で問題をこなしていた。
分からないところは後輩ちゃんと言う頭のいいパートナーがいるから教えてもらえるし、その速度はいつもの数倍だが………そもそもこの課題を出した奴の性格が悪く、どうにも長文を筆記するタイプの問題が多いので、悩む時間はいつもより短いというのに書くための時間がかかるせいでいつもとたいして時間に差がないという悲しい事態が発生しつつある。
まぁ、別に長文を筆記する問題であってもその問題数が少なければどうってことは無いんだけどね………ふぁっきん、俺には長文を連続で早く書いても手首が痛みを訴えずに済むほどの頑丈なボディはないのさ………
誰に、というわけでもないがしれっと毒を吐きつつ俺と後輩ちゃんは問題を解き続ける。

「朝から大変ですねー、お二人さん」
「おめーは良いよな、ステラ………ここまで焦るような用事もなくて」

そんな中不意に、ステラが煽りにでも来たのかくだらないことを言ってきた。
なんだろう、この状況で煽られた怒りでならどこぞの伝説の超戦士にでも覚醒できてしまいそうだよ。
ほら、自分が苦労している状況で身近な奴に同情されるとすごくイライラするだろ?それと同じだよ。
つまりステラ、お前は今俺の怒りの導火線に火炎放射器かと見まがうほどの大火力で火をつけたんだ。
おk?把握?アンダスタン?
この怒り晴らさでおくべきか!ってことだ。

「………そんなお二人に朗報です」
「「え?」」
「うわぁ………なんか私が挑発したみたいになってますけど、これでも私神様の親類ですからね?超凄い………パワーと言うか権能と言うか、そんなのも使えるんですからね?」

まぁ、そうして俺と後輩ちゃんが煽ってきているステラに対してちょっとした敵意を向けていると、ステラはその懐から1つの懐中時計を取り出した。

「じゃじゃーん!世界時計ワールドタイム・クロックです!これで時を止めればギリギリどころかそれなりに余裕でそれを終わらせられるはずですよ!代償にこの干渉を受けない特異点さんが居たら時間停止の能力をあげちゃうことになりますけどね!」

………うわぁ出た、厨二感漂う謎アイテム。
しかもなんだか嫌な予感しかしない代償だぞそれ………時間停止とかどう考えても薄い本のあれじゃないですかー。
つーか、現在の時間的に頑張ればなんとか普通に課題を終えられるし、別に時間を止める必要は無いんだよな。
俺は、ついなんとなく安心感を求めたのか、時計を見た。
ちなみに普通の時計の方な。
それが示していた時刻は………

俺と後輩ちゃんにステラへゴーサインを出すことを決意させるには十分なほど、絶望的な時間であった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ