挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
TSしたら美少女だった件~百合ルートしか道はない~ 作者:飽きっぽいニート志望

なんだか休んでる間に事が進んでる件

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

65/87

「必殺料理人の天敵、田中由」後編

なろうよ!私は帰ってきた!
………更新遅れてすみません。とりあえず難産気味でしたが投稿します。
あぁもうダメだおしまいだぁぁぁ………
俺は頭を抱えていた。
いやまぁ正確には実際に頭を抱えているわけではなく、あくまで比喩としての『頭を抱える』な訳だが、とにかく俺は頭を抱えていた。
何があったのかって?話すと長くなるが………要約して三行で言おう。今は少しでも事態を何とかするための方法を考える時間が欲しい。
それじゃ、行くぞ?

母さんを連れてきたらバタッと倒れるようにして椅子に座り
なんとそこが都合よく俺の座る予定だった席で
挙句俺の目の前に劇物が置かれてる。つまりこれまでの苦労がWater bubbles(水の泡)。

しかも追い打ちをかけるかの如く母さんは親父の作った劇物を野生の勘で察知したかの如く避けてるし………今はのんびりと食う事でじりじりと時間を稼いではいるが、それにも限界がある。
早い所解決法を見付けないとジリ貧だぜこりゃあ………
ついでに言うと俺が事前に考えていた方法は悉く偶然によって無効化されているかのような状態になっており、もはやなんらかの意図さえ感じる始末だ。
まぁ流石に今回はあの神も何か仕掛けたりしてないだろうな………俺の命に関わる気がするしさ。この劇物。

「あ、あのさ、これちょっと手によりをかけて作ったから、食べて欲しいなぁ、なんて………」

いや、ここで親父のファインプレーだ!
親父が何やらあの劇物をなんとしてでも食わせたいのか強引に勧めて食わせに行ったぜ!
神は完全に俺を呪ってるけど、仏(あるいはそれに準ずる凄いナニカ)はまだ俺を見は成してなかったようだな………
これでもう、母さんはあの劇物を食う事は回避できない。

悪いな母さん、生存ルートは三人用なんだ。

「いや、そんなに良いものなら最後まで取っておこうと思ってな」
「そ、そうかい………」

………おっと。失敗したか。
まぁこの場合もまずは俺以外の………具体的には親父とか親父とか親父とか………に劇物を食わせりゃいいだけの話だ。
まだ俺の生存ルートは破られてないんだ。安心安心。

「先輩、これ私もちょっと頑張ったので、食べてもらえますか?」

しまったぁぁぁぁぁ!思わぬところに伏兵が居たぁぁぁぁぁ!
なんでだ………なんでなんだ後輩ちゃん!俺は今猛烈にわけがわからないよ!
いや、でも後輩ちゃんはきっと純粋な好意でこれを勧めてくれているはずだよな。だったらここで断ったら………
どう考えても好感度微減あるいは大幅減かつ俺のイメージ大暴落しかないな。うん。
こうなるともう逃げ道はない。
俺は覚悟を決めて目の前の料理を食うことにした。
たとえそれが危険物であると分かっていてもなお、食わなきゃなんないなんてな………

しかし俺は食う。食わねばならぬ。全力で(辞世の句)
………さぁ食おう。
箸で”ソレ”を掴み、自分の口へ運ぶ。
その動作に震えがあってはいけない。後輩ちゃんに不審がられるから。
少しでも躊躇してはいけない。多分食えなくなるから。
そして口に入れたら出来るだけ高速で飲み込まなくては………!?
思ったよりも美味い。
しかもなんか甘辛苦塩酸………とりあえず想像できる限り全ての味を感じるし、何より訳が分からんがとりあえず美味いとだけ感じるぞ!
もはやあの異質かつ嫌な予感しかしない材料すら気にならねぇぜ!
だが先程から微妙に避けている節があったのに突然パクパクと食べ始めたりすると不自然なのでとりあえず食う量はセーブしておくが………
あの材料でこの味とか、何か不審な添加物でも入ってませんかねぇ?(疑いの目)
個人的には今回すごく微妙な気がしたので、皆様からの感想やら評価やら待ってます。
というか俺の作品がどう思われてるのか気になるんで、気が向いた方は感想・評価お願いします!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ