挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
TSしたら美少女だった件~百合ルートしか道はない~ 作者:飽きっぽいニート志望

なんだか休んでる間に事が進んでる件

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

59/87

「困ったときはあいつに責任押し付けようぜ!(ゲス顔)」

あぁどうしよう、困った困った。非常に困った。
母さんがドアを殴ってる時につい開けてしまってオートカウンターが発動、思ったよりとんでもない威力でクロスカウンターしてしまうだなんて。
カウンターカウンターし過ぎてちょっとよく分からないんだぜ。
まぁとりあえず、これは確定だな。
神!俺はテメェを絶対に許さない!(まるで殴ったのは自分のせいではないとでも言いたげだ)
俺は虚空に悲しく叫びながら、そう決意した。
母さんが気絶してしまったのは俺のせいじゃないはずだ。そう、俺ではなく神が植え付けたオートカウンターが悪いのだ。
まぁ、この能力に助けられたことは幾度となくあるさ。
しかし………実の母親を殴っちゃう可能性のある能力とか、ちょっとねぇ。
正直、この能力には意図的にoffれる機能とかつけて欲しかったものだよ………

いや、別にそれがあっても発動してたのには変わりないか。
それじゃ結局何が悪かったんだ?迷宮入りした。下手な素人探偵より素早く迷宮に突入したんだよ。
ハッハッハッハッハ………笑い事じゃないわこれ。
それに今この瞬間になってようやく気付いたけどこの状況は完全に俺が疑われる状況じゃないか。
母さんが倒れてる、俺部屋から出てる、そして母さんの顔辺りと俺の顔が赤く腫れている。
で、俺だけ気絶してない。
うわぁこれ俺が疑われる流れじゃん。どうするんだよ………いや悩んだところでどうにもならんけど。
まぁ、この状況で唯一の救いなのは、今の俺が女になっているということだろうな。
TSに感謝するのは非常に癪だが、しかし俺が元の男のままならとりあえずギルティってことにされていたかもしれない。

しかしそれでも大変な事には変わりないぞ。母さんとかにオートカウンターについての説明をする必要があるし、何より休みの日まで説明に使わされることになる。
チクショウ神め、お前嫌がらせだけは得意だよないつもいつも。
それじゃそんなお前に言わせてもらうぜ。呪われやがってくれ。

「兄貴ー、さっき何か変な音が聞こえたけど、なにかあったのかー?」

………おーっと。亮太が来たようだな。
最悪のタイミング来てくれやがったがしかしこの程度の状況、これまでの大問題たちと比べりゃどうってことないんだ!
俺は二階に上がってきた亮太がこちらを見付ける前に、そっと近づいて後ろから拘束し、まるで強盗のように静かにするよう言う。

「亮太、ひとまず説明だけはしてやるから何を見ても騒ぐな、誰も呼ぶな、そして俺を疑うな………良いな?」
「突然後ろからそうやられて素直に従う弟がどこに居ると?」
「………お前の性癖を人質に取っていることを忘れるな」
「失礼しましたぁ!」

よし、亮太を黙らせたぜ。これでまず亮太に説明出来るな。
俺は自分がやったことがなにげに酷いことであることから目を逸らしつつ、亮太への説明内容を考える。
伊達に六日間もトラブル続きじゃないからな。俺も進化してる………主に、説明とは全ての事実を分かりやすく伝えるよりも一部隠して自分にとって有用な部分と、最低限必要な部分を伝えれば良いのだと。
そして、その最低限必要なものと言うのが事実・それとある程度前後数分に何があったか、ということ。
つまりは俺が母さんを殴ってしまったことを伝えつつ、それが不可抗力かつすべてあの神の責任であることを伝える必要があるという事だ。
じゃあどうやって伝えようか………

「おい亮太。とりあえず要約して話すぞ。俺ドア開けた、結界へこんだ、母さん突っ込んできて神の案地区ショーがくれた力でカウンター、K.Oした。OK?」

そりゃ簡単だよな。全部を要約して話すんだ。
まぁ過信は禁物だが、これで亮太が勘違いして物理言語を使ってきたらオートカウンターが発動して殴り飛ばすだろうから、俺の説明に信憑性が増す。
こういうのをマッチポンプって言うんだ。
自分で火種を撒いて自分で火消しに回り、得をする。

いやー、良いねこれ。ここ最近のトラブルラッシュで荒んだ心には素晴らしくいいものに感じるよ。
それこそが荒みまくってる俺の現状の証明なんだろうけどさ。
あぁ怖。俺が荒んでるなんて、嫌だねー。
とりあえず俺は亮太が万一物理言語に頼って来た時に備えて衝撃吸収の姿勢を取るんだけどさー。
なんたってオートカウンターの出どころはあの神だ。この場面に限って使えないという事もあり得る。
そして、警戒しながら衝撃が来るのを待つ………待つ………待つ………

「なぜとりあえず殴る的な反応をしないんだ弟よ」
「酷いな兄貴!?いくら俺でも女を殴る趣味はねえよ!てかオートカウンターなんてもんがあるなら殴りたくねぇわ!」

………せやな。安心した。

「それじゃお前は俺の説明を信じるんだな?」
「………そうだ。つーかあんなクソ神を知った後なら兄貴の言うありえない事の実に三割くらいが事実に聞こえるぜ」
「おいコラ表出ろや」

訂正。安心したあと色々幻滅した。
思ってたより優秀(主に突拍子もないことへの順応力が)だと思ったら俺信じられてなさすぎだろ笑えない。
三割って何なんだよ一体………せめて六割からにしろや!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ