挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
TSしたら美少女だった件~百合ルートしか道はない~ 作者:飽きっぽいニート志望

なんだか休んでる間に事が進んでる件

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

58/87

「もうアイツは神と言うより悪霊だろ」

一日を無駄に経過させて過ごす方法、という本がある。
ある本によるところ一日のもっとも無駄な過ごし方とは、キレて誰かを叱りながら過ごす一日だそうだ………まぁ、その本は育児書だったし、実際のところは叱って時間を無駄にするよりも再発防止に努めた方がマシだ、という事なんだけどな。
しかし今の俺としてはその言葉はなによりも説得力のある格言に思える。
何故かって?

………そりゃ、俺自身が昨晩神に説教しまくって一睡もしないうちに朝を迎えてしまったからだ。
多分今リアクションを求められたとしても眠くて眠くてたまらんものだからとりあえずうわぁ、あるいはうへぇ。といったリアクションしか出来そうにない。
まさか人間はここまで長いことキレ続けられるとか思っても居なかった。死ぬほど腹が減ったけど。
人間が実は理性よりもほぼ感情に支配されるタイプの生き物だとは………思っていなかったわけじゃないけど、まさかここまでとは思っていなかったよ。
なにせ丸一晩説教で使い潰したわけだ。ありえない。というかどれだけ怒っちゃってるんですか俺。怖いよ?我ながら中々に怖いですよ。
まぁ、過ぎたことをいつまでも気にしたところで意味はない。それよりも無駄に過ごした一晩分を取り戻すために精一杯有意義に過ごそうじゃないか。
俺は、部屋のドアを叩きながら現実逃避気味にそんなことを考えていた。
いやいやいや、あの時の俺は実に愚かだったね。神が人を殺せない制約があるにしても、それは裏を返せば死なないギリギリなら問題がないかもしれないという事だったことに最後まで気付かなかったんだ。

つまり、俺は今現在自分の部屋に軟禁(しかし脱出方法は死ぬ寸前まで追い詰められること)されていることになる。
アホか?アホなのか?マイルームに閉じ込められるとかなんなの?せっかくの休日を軟禁されたストレスに苛まれながら過ごさなきゃいけないんだよチクショウ。
つい数年前に公立高校で土曜日もフルタイムで授業ってことにされちまったお陰で日曜は貴重なお休みだってのに、何してくれやがんだ神………
いや、ここで感情に流されちゃダメだ。さっき(正確には昨夜)公開したばかりなのに同じ轍を踏んでどうすんだっての。
同じ失敗は二度としないのが大事って、どこかの誰かも言っていたもんな。
それじゃ今回はいつもとは違って冷静に、真剣に、冴えた思考を回そうじゃないか。
今閉じ込められているのは訳の分からない結界的な何か。そしてそれは外側からの衝撃やらダメージやら何もかもを遮断するのではなく、ダメージの時だけ硬化して防いでるっぽい。
それは今俺が一切息苦しさを感じずに呼吸できていること(まだ空気がさほど減っていないだけかもしれないが)と、母さんが時々やってきては結界的な何かを殴ってる音が聞こえるが、その度に痛みを訴えるかのような悲鳴?が聞こえるからだ………なお、その中に時々男の悲鳴やら懇願するような声が混じるのは気のせいだってことにしておく。
それで、他に分かることと言えばそれはもう、面倒極まりないことが1つ存在しているだけだ。

………この部屋は、音がとんでもなく反射するのだ!
分かりやすく要約するなら、『口にした言葉がそのままの大きさで30分ほどリピートし続ける』と言ったところだろうか。気付いたのは本当にただの偶然だが………神への恨みで叫ぶ前に気付いてよかった。
だが、これはものすごく大変な問題だ。
外で誰かが何かしらの解決法を見付けたとしても俺がそれで驚いて大声を出したら鼓膜が割れかねない。
希望的観測に基づいて考えてこの結界が中に貯め込める音の大きさにも上限があるとしても俺の鼓膜の方が先にやられるだろう。
あぁ、どうすれば良いんだい?
まるで自分で解決法を考えているかのような思考を展開しながら、本棚からこの前買ったは良いけれどまだ読んでも居なかったラノベを取る。

困った時の現実逃避ってやつだ。それに非日常的な出来事に対してなら、きっと非日常ばかりのライトノベルの中にヒントがあるんじゃないかと思ったわけさ(完全に言い訳)。
もはや全体的に諦めの境地に突入しながらも、現実逃避のため真剣に本を読んでみる。
もし本当にこの中にヒントがあったら儲けもの。そう考えておけばいいのさ。
………ふむ、よくある逆行ものだなこれ。
ただ能力が攻撃反射ってことだし微妙に親近感がわいてくるぜ………お、ヒロインも中々に可愛いですな。

俺は当初の現実逃避と言う目的を忘れて普通に読書に没頭するのであった。



―――――



そして1時間後。当然だが、朝から何も食ってないために………腹が減ってきた。
中々に笑えない問題だなこれ。というかここ六日で割と大きい方の問題だわ。これまでの問題は危険っちゃ危険(正確には、かなり危険。だ)だったが命には関わるものがなかったが………今回ばかりは危険性が段違いだ。
飯が食えない、それすなわち命の危険。子供でも分かる当然の摂理だ。
まぁ実際にはすぐ死ぬわけじゃないんだが、とりあえず俺の命が危険なことには変わりない。

だが………腹が減ってきたのとほぼ同時して、俺はこの状況を抜け出せるかもしれない方法を思いついた。
正直ただの現実逃避に過ぎなかった読書という行動が功を奏したのだ。
正確には挟まっていた栞に書いてあったジジイ(別作品)が外からでは破れない結界を内側からの簡単な攻撃で破ったって話を思い出したからなので、読書そのものには意味がなかったのだが。
話を戻そう。
俺が思いついた方法と言うのは、恐らく察しがついて居るだろうが内側から全力で殴ってみる、ということ。
アーチ橋というものが上からの重量にはかなり強いが下から持ち上げられるとそこまで持ちこたえられないのと同じようになってくれればいいのだが………

俺は祈るような気持ちでドアを開けた。
そして、一瞬で後悔した。
なんともタイミングの悪いことに、母さんがちょうどドアを殴りつけようとしていたのだ。
しかもドアがない結界は思ったよりも柔らかく吸収するタイプなのか、その拳はドアの目の前にいた俺の顔面に迫って………



オートカウンター的な物が発動し、信じられないほどの速度で体が勝手にクロスカウンターしてしまった。
無論、その拳は俺のようにドアの前にいた母さんの顔面を的確に捉え………ぶち当たる。
どうすんだ、これ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ