挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
TSしたら美少女だった件~百合ルートしか道はない~ 作者:飽きっぽいニート志望

なんだか休んでる間に事が進んでる件

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

57/87

「今明かされる衝撃の真実ゥ!………は良いのでとりあえず謝れバーロー」

気絶した俺が目覚めると、そこは俺の自室であった。窓の外を見るとまだ空は暗いから、一日過ぎたっていう訳ではないだろうがしかし、この部屋にはいつもならいないはずのヤツがいた。
そう、俺の宿敵であり生涯憎むべき相手………神が居た。
俺はひとまず布団から出て殴ってみるが、やはり防がれて届かない。
こうなったら、明日にでも檜山に教えてもらったやつを試してやる………明日は日曜で休みだからな。
だがしかし、母さんあるいは親父がここにいるならいざ知らず、何故神がここに居やがるんだ。
そんな疑問を俺は抱えたが、それを察したのか(コイツは空気もタイミングも読めないのに心だけは読めちまうんだよな)神はこの部屋のドアを開けて示した。

そこでは母さんがドアの前の空間でそれはそれは見事なパントマイムを行っていた。
ドアのある空間に対して全力で拳を振り、ドアのあったはずの場所で拳が止められ、そして母さんは再度拳を振う。
何してんだよ母さん………とは言わないぞ。
神、貴様が犯人であることはとっくのとうに知ってるんだ。
恐らくはお前が結界的な何かを張って防いでいるんだろう?理由は分からんが。

「ふう、それじゃ邪魔者も入ってこれないようですし、私からあなたに衝撃の真実を明かすとしましょう」

………衝撃の真実?なんじゃそりゃ。神から明かされる衝撃の真実なんてロクでもないもんだろうけども。
まぁ、この状況で俺がどうするかは考えずとも分かるよな。


―――――


「とりあえず新しく真実を明かして混乱を招くのは良いんで、はよ謝れやバーロー」

神による真実の公開が行われようとしていたはずの自分の部屋の中、俺は神を全力で説教していた。
身体の内から湧き上がる怒りと、これまでの理不尽に対する憎悪やら何やらに任せて行う説教は実に気持ちがいいものだよ。
ここ六日の出来事を考えたらいくら説教しても足りないがなぁ!
というか正直、このまま殺してやりたいくらいだぜ………まぁそれは出来ないことだし、無駄なことを考えても元々少ない貴重なリソースを無駄遣いしてしまうだけなのでさっさと考えるのをやめて、次にこじつけで叱ることを考えよう。あんま良くない説教の仕方だけどな。
子供を持つ親は絶対にやっちゃいけないぞ。俺はその反面教師として役立ててくれよ。

………あ、そうだ思いついた。この神を叱ると言えば六日前のTSの件についてもっと空気は読めなかったのかとか言ってやるとしよう。

「ねぇカミサマ?あんたは神なんだよね?一応は人間の味方なはずなんだよね?じゃあなんで空気読めなかったん?俺の人生で初めて彼女が出来た翌日にそれとかどんだけ人の不幸を願ってるんだ?え?」

俺は、いつもの数十倍は険しい目つきで神を睨みながらそう言った。
正直なところ認めたくはないが数多くの神話を見る限り明確に人間の敵として存在している神というものは少ないんだよな。
人間の味方である神は数あれど、人間の敵である神はほぼいない。
なのにこの神は俺にとって嬉しくないことを意図的に起こしてくれやがった訳だ。
あえて言おう。コイツは神の風上にも置けないと………いや、むしろカスであると!
そういう訳なんですごくショボンとしてもお構いなしだ。むしろ追い打ちかけてやんよ。

「というかなんですかねー。全知全能であることが結構多い神のクセしてあんなミスするとか、本当に神なんですかねぇ?俺にはお前がただの無能にしか見えないぞ」

俺は、もう正直説教をかましている理由すら訳が分からなくなってきたが説教をすることをやめない。
イライラするし、なによりコイツはもういっそどこかで完膚なきまでに叩きのめされなきゃならない感じの人種だろうからな………

「………そういうこと言っても大丈夫ですかねえ?あなたがここから出るには私がアレを解除しないと………」

イラッ。
反論するなや神。それにこれまでに俺はお前を散々詰ったりなんだりしているのに俺に天罰的なものが下っていないことから考えてお前は人を殺せないと思うんだが。
いつもの俺では多分気付かないだろうけど、今の俺はたまたまそういうことに気付いたんだよ。

そして、その人を殺せない制約を作った奴は間接的に人を殺すことも出来ないはずだ………多分。
まぁただの推測に過ぎない訳だが、とにかく今の俺はお前を説教することをやめられそうにないのさ。
それじゃ神よ、付き合ってもらうぜ?………少なくとも今日一日はなぁ!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ