挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
TSしたら美少女だった件~百合ルートしか道はない~ 作者:飽きっぽいニート志望

なんだか休んでる間に事が進んでる件

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

54/87

「両手に花だけどこれじゃ花束じゃないか!」

また区切りが良い感じにならなかったです。
どうでもいいけど、俺って寝てる間にうぇーいうぇーいって寝言を呟いてることがあったらしいな。十年以上前の話だけど。
あぁうん、特に意味はないんだよ。ただまぁ………今この時ばかりはその十年前に戻りたいなぁって思ってたら思い出してさ。
一家集合かと思ったら居候と彼女が火花を散らし、母親が恐怖を振り撒いているのですが、どうしたらいいでしょうか?
誰か教えておくれ。今は後輩ちゃんに頼ることも出来ないから自分で思いつくしかないんだけど、ちょっと母さんが恐怖を振り撒くせいでその思考回路すら凍結しそうになってんですけど。
………そうだ、こんな時は情報を整理しよう。どこかのラノベも言っていたんだ、困ったときは一旦情報を整理し、物事を俯瞰してみればおのずと答えが導き出されるって。
それじゃあ、まずは現在までの流れを振り返ろうじゃないか。こんな時は現実逃避にも便利な、回想を使ってな。

―――――

恐怖の波動をもろに喰らい、気絶してしまった俺。
そんな俺が目覚めると、そこは自室のベッドの上だった………なお、その際に非常に役得過ぎる状態になっていたことはあえて追記しておく。
目が覚めた時、なんと後輩ちゃんとステラが喧嘩をしていたのだ。
それも後輩ちゃんが(何故か)俺を膝枕していて、更にステラがどちらかというと奥に座っている後輩ちゃんと無言で睨み合うためにか俺の上を通っているのですが………ちょっと姿勢的に顔の前に立派な双丘があるわけで………

あー眼福ですわぁ。さっきはちょっと不幸だとかどこぞの幻想を殺す高校生みたいなこと考えてたけど、一転してラッキーだわ。
幸不幸が連なっているというのは本当なんだね。今考えれば不幸(TS)幸福(告白成功)の後に来たわけだもんな。
まぁもちろんあの神を許すわけは無いんだけどさ。だって完全に原因がアイツにあるもん。

「あ、先輩、目が覚めたんですね」

………おーっと、まずい、ちょっと虚を突かれたせいで少し変に動揺してしまったんだぜ。
これが火に油を注ぐようなことにならなきゃ良いんだが。

「フフフ………やはり由さんは巨乳派のようですね」
「くっ………でもそれはこの大勢だからです。いつもの状況ならそんなことにはならないはず………」
「敗者の負け惜しみほど見苦しいものはないですねぇ………フフフ」

あーっと。
あーっと(大事なことだから二回言った)。
どうやら俺は女の戦いに新たな燃料を注ぎ込んでしまったようだな。
二人は何やらよく分からんことでケンカしているようだが………まぁ1つだけ確かに言えることがある。
女の闘いって怖いなー。とっても怖いなー。俺も今や女だけど、怖いなー。

―――――

………と、言うワケでこれが先ほどからステラと後輩ちゃんが火花を散らしている理由だ。
結論から言えば整理したところで特に意味のない情報だよ。どうせ何をしてもこの戦いは止まりっこない。いやむしろ自然鎮火を待った方がはるかに分がいいだろう。
だからこれはさっさと放置して別のものについての情報を整理しよう。

まぁ全部集まった情報を寄せ集めた挙句の予想に過ぎないんだけどな。
それで話を戻すが、どうやらウチの母さんがお怒りの理由は、どうやら三つほどあるようだ。
1つはもちろん先程の件。『修理代もバカにならんしウチの息子に手を出してくれやがって死に晒せ(ようやく)』とのこと。
息子本人としては後半の方がメインであってくれることを祈りたいね。
で、2つ目はなんというか完全に親父の落ち度で………海外でちょっと浮気したらしいな。母さん曰く体だけの関係の間は許してやってたらしいがちょっと目移りというか本格的に浮気したからマジでブチ切れたらしい。
うわぁ………だからこのキレっぷりだったのか。
とりあえず親父には一言だけ伝えておきたい。
反面教師として優秀な教材となってくれてありがとう!お前の犠牲は忘れない!しかしお前のせいで家庭内の空気が非常に険悪なんですが。どうしてくれやがんだ!とな。

で、3つ目の理由なんだが………これが少々とんでもない問題だった。
どうやらあのクソ神はウチと因縁浅からぬ相手らしく、これが母さんの怒りを怒髪天からさらに上の段階まで進んでいるようなのだ。
どーすんだよこれ。この家には俺にダメージを与えない安全な物はないのかい?

「なあ兄貴よ」
「なんだね」
「逃げていいか?」
「逃げたら殺す」

そんな具合に辛い状況なので、亮太との会話も少し殺伐としてしまっている。
いつもいつもそこまで仲が良い訳じゃないが、それでもここまで殺伐としてはいなかった………いや待て。
この状況で割と安全なのは亮太じゃないか?
ステラは後輩ちゃんとケンカしてるし、母さんは親父にマジ怒り中。しかし亮太だけはケンカする相手が居ないから、まだ安全。
チクショウ、今は亮太だけが安全だと言うのか………認めたくはないものだな。この弟が唯一マトモな相手であると言う現状を。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ