挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
TSしたら美少女だった件~百合ルートしか道はない~ 作者:飽きっぽいニート志望

なんだか休んでる間に事が進んでる件

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

52/87

「流石過ぎて開いた口が塞がらないよ!」

忙しくて一日空いた上にまた半端になっちまったよどうしよう。
いっそのこと週一更新にでもして余裕作るか………?とか考え始めた今日この頃。
帰宅途中、俺は史上初めての試みとしてテニストーカーたちと我が家の前に集う変態たちをかち合わせてやろうとしていた。
これが成功したら(少なくとも帰宅時だけは)変態たちに困らずに済む………クックック。
今俺はきっと凄く悪い顔をしているに違いないが、まぁそれで構わないよ。ようやく手の付けられない変態どもに対してのある程度安定して有効な対策が出来そうなんだ。その程度の些事は放っておいても問題ないさ。
さぁて、あとはどうしようかね。
ここまで言っておいて何も考えちゃいないんだが、とりあえずあいつらを引き合わせるのだけは確定だな。だって二組をかち合わせる作戦なんだから、その前提としてあれをぶつけなきゃなんない。

だとすりゃまずはここの周辺の地形を活かして………あ、無理だ俺方向音痴だったわ。
じゃあ何か便利な道具でもあったかな?
あるわけないよな。ドラ〇もんじゃあるまいし。
そうなら、最後に頼れるのは………なんもねぇな!
俺特に長所も無くて上手いことあいつらを誘導できるきがしねぇわ。というかそのまま追い詰められて遣られる気しかしない。
どーするよ。助けて後ハえもーん!

「ド〇えもんみたいに言わないでくださいよ………」

いや、そりゃそうだけどさ。とにかく助けて後輩ちゃん。俺の手に余る問題が発生しちゃったよ。なんか良い方法ないかな?
具体的にはついてきてるストーカーを家の前に居る変態どもにぶつけて逃げおおせる方法とかね。

「そんなあまりにも場面を限定された手段を持ってる女子高生が居るとお思いで?」

ダメか。まぁそりゃいくら後輩ちゃんでもこんな状況限定で使える豆知識とか持ってるはずがないよな。
後輩ちゃんだって一般的な女子高生なんだしさ、そんな都合のいい知識を持っているはずがないんだよ。
だよね?うん分かってた。ごめんね無理言って。

「………ちなみにそれをやりたいのなら変態の方々をテニス部の方々にけしかけた方が賢明かと」

………わぁお。まさか後輩ちゃんが普通に方法を教えてくれるなんて。
思ったよりも後輩ちゃんは博識、いやむしろ機転が利くのかもしれない。
この方法は思っていたよりも単純かつ効果が高そうな方法だしな。しかし俺だけじゃ絶対に思いつかなかったであろう方法だよ。
流石としか言いようがない。というかもう開いた口、いや顎?が塞がらないね。

まぁそもそも口も顎も(どっちも一緒だが)開いてないんだが………そんなのはともかくとして、さっさとこの作戦を実行しよう。
俺はそう考えてすぐさま実行に移そうとするが、そこで気付いた。
何に気付いたのかって?そりゃ不審な動きをしたらテニストーカーに感づかれてけしかけられないよなってことにだ。
だからあえてゆっくりと、けして焦らず、平常心を保って行動する。
今の思考そのものが平常心じゃないことの証明だってのは気にしないでくれるとありがたいものだ。

「先輩、なにやらテニス部の方々が撤収していっているのですけど………」

………え、それマジ?
もうすぐあいつらをけしかけられるんじゃね?と思った次の瞬間に逃げ出すとか、テニス部は俺の動向をどこまで細かく観察してるんだっての。
正直なところ、ドン引きです(某下乳担当のごとく)。
でもそれならそれで構わないさ。今日は追い付かれないようにある程度の距離を保って移動し続ける必要が無くて済む。
そんなちょっとだけ心の中でアホなことを考えていると、その思考の途中で後輩ちゃんが変なことを言い出した。

「あ、それと今度はちょっとだけ大きい足音がしますね。私の直感を信じるとすれば物凄くストレスが溜まっていて現実逃避と言うか緊急避難的に怒りの矛先を求めているかのような感じの」

とても具体的で結構な話だね。どういうわけか俺はすごくそれに該当しそうな人間を思い出してしまって嫌な予感しかしないんだ。不思議で不思議で仕方がないなぁ。
誰かこの予感の正体を教えておくれよ。

「後輩ちゃん、提案なんだが、とりあえず逃げないか?」
「良いですね」

俺は背後からやってくる(気がした)危険な(気がする)なにかからの逃走を決行したのであった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ