挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
TSしたら美少女だった件~百合ルートしか道はない~ 作者:飽きっぽいニート志望

なんだか休んでる間に事が進んでる件

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

51/87

「あれ?テニストーカー部の様子が………」

今回は若干次回に続きます。
あまり意味のない話ではあるが、我が校における部活動の歴史は地味に県内最長であり特殊である。
特にテニス部なんてこの高校でも最古の部活であり、かなりの成績を残しているほどだ。
しかし一方でこの特殊な歴史は謎すぎる部活体系を構成していたりもする………その中でも有名な例は文ゲー部の存在そのものだろう。
人数が足りなくとも活動実績さえあれば部の存続が認められる例も多いし、顧問も割と兼任していることが多い。
確か檜山はここの他にもいくつかの部活の顧問でもあるらしい。多分ここにあまり来ないのはそれが原因………ということにしてやるのが大人の対応だと思う。

まぁそれはそうとして、とにかくウチの部活には特殊なものが多いわけだ。
実際に何かしているのをこの目で見たことは無いが、ゲーム部や〇人部、〇仕部なんてネタに溢れたものもあるしあまり有名ではないものでは生存遊戯部(聞いた話ではサバゲー部のことらしい)、隠密部(かつては忍部(しのぶ)と暗殺部という二つの部だったらしい)、自警部(主に違法にならないギリギリのラインを学んで合法的にケンカするというのが始まりなんだと)とやらもあるほどにこの学校の部活動は種類豊富………少なくとも県内最多ではある………なのだ。

それゆえに一部とはいえ少しだけ真っ黒な部ってのも少なからず存在することになるわけで。
「後輩ちゃんよ」
「言わなくても大丈夫です………」
テニストーカー部(テニス部のストーカースカウト、略してテニストーカー部である)とかその最たる例なんじゃないかなと俺は思う。
今日の帰り道も健気にストーキングされてる俺でした。
なんだよなんだよ。可愛い(自称)俺をストーキングしてどうする気だっての。
あれだろ、■■■するんだろ?エロ同人みたいに。エロ同人みたいに!
良いじゃないの、全力で逃げて………あ、でも逃げたところでどうせ男たちがたむろしてるだけだわ。逃げても家の中でストレスたまるだけだわ。
どーすんのよ………八方塞がり、もとい二方(ただしそれしか存在していない)塞がりだよ。

あぁ、俺はどうしてTS以降面倒事にしか出くわしてないんだ?とりあえず神死ねなう!(死語)
意味もなく神を罵るとなんかすっきりした。神も時には役立つのな。初めてだわ神が役に立ったのは。感謝なんてしてやんねぇけどな。
今のところ神に対しての感情は『殺意=嫌悪>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>感謝』といった割合なんでな。大体今のでようやく不等号が1つ少なくなったところだよ。
「先輩、なんだか世界への憎悪に燃える復讐モノ主人公みたいな表情ですけど、どうしたんですか?」
………何故分かったし後輩ちゃん。なにゆえに俺の心を読んだんだ………いつも通り過ぎるけどね。
でもどうしようかねぇ。前門の変態後門のストーカーという状況は古今東西の兵法書にも対処法が書いてないぞ?

あ、そうだ。ここは別のものに対しての対処法を試してみるのも良いかもしれない。
敵が多いなら………どうするんだっけ?
俺は海馬から適当な戦術を適当に引っ張り出して、意味もなく利用してやることにした。
『敵が二つ以上なら、それをぶつけろ』とか言うのがあったようななかったような、あるいは今思いついたような。
とりあえずそれを使えば良いんだ。
まず家まで帰ってテニストーカーを変態どもにぶつけ、その隙に逃げてやろうじゃないか。
「あ、今度は敵を罠にかけた時の孔明みたいな表情ですね」
………えっちょっ、後輩ちゃんどこまで俺表情読めるの?孔明みたいな表情とか知らないんだけど。

まぁ良いか。もうこの辺は全部後輩ちゃんだからで済ませた方がよさそうだしさ。
ひとまず今は変態とテニストーカーを罠にかけて逃げおおせることに集中しないとな………
俺は、気合を入れ直して家までの道を歩くのであった。

………あと、今気付いたんだけどなんかテニストーカーたちよりも後ろから感じる巨大なオーラみたいなのがあるんだけど………それは無視しておこう。俺の精神の安全のために。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ