挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
TSしたら美少女だった件~百合ルートしか道はない~ 作者:飽きっぽいニート志望

なんだか休んでる間に事が進んでる件

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

50/87

「恐怖!部長の逆恨み!………とか誰得」

正直なところタイトルのネタに詰まってきている切実な問題。
もうそろそろその場のノリでタイトル決めるのやめた方が良いのかな?かな?
俺は今、非常に重大な選択を迫られている。
いやもちろん答えは確定されてるんだけどさ、ちょっと危険なんじゃないかなーとか思ってるわけよ。
目の前にある紙の山。それを部長に持っていくだけの簡単な作業………の、はずなのだがしかし、今の部長の目は俺が近づき次第殺しに来そうな恐ろしい形相なんだよなぁ………どうしたものか。
俺一人ならとりあえずほとぼりが冷めるまで待っても良いんだけど、これは仕事なんだ。うんそうだ仕事なんだ。
だがそれでも恐怖は拭えない。

部長の目は今や獲物を狙うスナイパーのように鋭く、怒る獅子のように獰猛で、あと悪霊のように澱んでいる。
あれこれ危険じゃね?ヤバくね?とか思わない訳じゃないが………仕事なんだからやらなきゃいけないよな、と思う俺も心の中にいる。
これはまさに理性(お仕事)本能(恐怖)の戦いってやつだな。
正直なところ俺の理性も根幹の部分ではこの本能に従えと強く強くシャウトしているわけだけどね。

だが俺はこれをやらないといけない。
あれだ、謎すぎる使命感と言うかやらなきゃ信頼度がた落ちだよなって感じてるんだよ。
あぁ、ダメだな俺。これは考えちゃダメなんだ。一回頭をまっさらにして無の境地で運ばなきゃ。そうじゃないとアレに中てられて運べない。
………よし、考えるのをやめよう。完全に思考を停止すれば恐怖を感じないはずだ。
俺はそう信じて原稿を持ち、部長の方まで歩いて行こうとする。
そして、三秒ほどしてあることに気付いた。
『これ確実に殺されるんじゃないか?』ということに。
まずいじゃないか、今は原稿を持っていて回避不能、しかし前門の部長、あと引くに引けない状況。
詰みだ。前に言ってからそう時間も経っちゃいないがやはりチェックメイトだ。
いやまぁまだギリギリ生き残る可能性はあるからむしろその一歩手前のチェックを掛けられた程度何だろうけどさ、しかしそれでもピンチであることに違いはない。

さぁて、ここからどうしようか。
進んだら部長に殺される気がするし、かと言って戻るのも………ダメだな。
あぁ、こんな時便利な攻撃回避手段でもあれば良いんだけどなぁ!
なんとなく適当な物に祈ってみても何かしらの解決策が思いつくわけじゃなく、ただ虚しいだけ………いや待て。便利な攻撃回避手段はあったな。
今の今まで意識的にかあるいは無意識に忘れていたのかもしれないが、神が勝手につけてくれやがったオートカウンター的な何かであれば攻撃を避ける事くらいは容易だろう。いやむしろ容易じゃないと困る。
そうだ、ここは珍しくアイツを信じてやるとしようじゃないか。

俺は覚悟を決めて踏み込み、じりじりと部長に近付いていく。
その度に嫌な予感が増していくが、しかし俺にはオートカウンター的なものがあるから大丈夫だろうと言う謎の安心感を支えにやはりじりじりと接近し………そしてあることに気付いた。
「部長今拘束されとるやん………」
そう、今部長は大徳寺ちゃんによってほぼ動けなく(さっきまでもがいていたが今や完全に極められて固まっている)されていたのだ。
ありゃ、これは警戒するまでもなかったか?
と思ってさらに一歩踏み出し、固められている部長に原稿を渡す。
まぁ今は大徳寺ちゃんに固められてて動けないようだから大徳寺ちゃんにパスしてるようなものだけどね。
仕方ないんだよ。部長動けんし。
そんな意味のない言い訳のようなものを脳内で繰り広げながら、原稿を渡した俺は行きの数十倍の速度で後ろ向きに同じ道を辿って逃げる………もとい、戻っていくのであった。

べ、別に後ろからザクッてやられるんじゃないかって思ってたわけじゃないからな!ホントだからな!
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ