挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
TSしたら美少女だった件~百合ルートしか道はない~ 作者:飽きっぽいニート志望

なんだか休んでる間に事が進んでる件

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

48/87

「結局謎の総数は増えてるよおかしいなぁ」

おっすオレオレ、田中由でーす。
俺ってなんだか面白い星の元に生まれたんじゃないかないかなーとか、さっき思い始めたんだよね。
だってさ?どういうわけか問題が1つ解決したと思ったら新たな問題がその穴を埋めるかの如く新たな問題が遣って来ちゃったんだよ。
謎が謎を呼ぶたぁ、このことだねぇ。
でもおかしいなぁ………新たな問題の方は俺に正体すら掴ませてくれないんだ。面倒なことこの上ないね。
しかもあれだぞ?大徳寺ちゃんの問題が解決したその直後だぞ?問題が遣って来たのは。

なんのことか分からないって?
おいおい、察してくれよ。あのことだよ。昼休みに郁馬と環奈が大笑いしていた例のアレだよ!
あのあと武も来たんだけどさ、結局武も笑いだしたしなんで笑っているのか最後まで教えてくれなかったんだ。
ちょっとだけ疎外感を感じちゃったね………ちょっとだけどさ。
それにそれで良かったはずなんだ。郁馬は笑い過ぎで咽ていたし、武なんざ笑い過ぎで腹筋割れるーとか言って悶絶してたもん。
お前は腹筋割れてるだろって定番のツッコミを俺や郁馬ではなく環奈が言ったのには台詞取られたなーとか思ったけどさ。
僅かながら悔しかったよ。

まぁそれはともかくとして、今現在俺が居る場所に更なる問題が発生しているんだよね。それも今日解決した問題が等倍で帰ってきたかのようなレベルの問題が。
「田中ちゃん?僕は今とっても怒っているんだ………君がバラしてくれたおかげで僕の立ち位置が彼女持ちにされてしまったんだよ。おかげで女の子から避けられるわ避けられるわ………責任取ってよ」
「大徳寺ちゃん、ゴー!」
その名も部長による逆恨みという、なんつーかめんどくさいようでいて実はそうでもないが、部長が結構 ん面倒な人として認知されているが故に俺すらも避けられてしまう副次効果が発生するからそれはそれで物凄く面倒な………要約すると、とても面倒な問題である。

今のところ大徳寺ちゃん(部長キラー)という名の対処法があるからなんとかなっているが、正直これが続くと気分が悪いよなぁ………
あぁ、これこそ『昨日の敵は今日の友』ってやつだよな。国語の授業で習ったけどそれが珍しく有効活用されるとは。学校の授業も中々侮れん。
というか大徳寺ちゃんは敵にしたら面倒だったけど味方にしたら最高に頼りになるんだなぁ………ありがたやありがたや。
下手な神より役に立つよ。

俺がそんなことを考えていると、部長による被害を受けているわけでもないので割と真面目に作業していた(と、言っても基本的に文の方は部長が書くから誤字やら何やらを潰しているだけなので、完成していない今はそこまで大変な作業じゃなかったりする)後輩ちゃんが不意にこんなことを口にした。
「いやー、なんか加奈ちゃんが味方についたと思ったら次の瞬間には部長が敵になってるなんて、世界ってものは不思議ですねぇ」
せやな。不思議過ぎるよ。
だってきのうまでは全力で敵対していたはずの大徳寺ちゃんが今は俺の味方しているんだもの。
でも、不思議極まりないのが世界の現実と言うか、なんとも摩訶不思議なのが当然と言うか………
まぁあれだ、世界が不思議なのは当然と思っていた方が心も体も疲れないからお得だと思うよ。俺はね。

………うん………その、なんかそんなこと考えたってイラつくだけだから、今お得と言った分際で悪いけどやっぱやめといた方が良いかもしれないや。
だって(アレ)を不思議と称すのはどう考えたって不思議の方々に怒られる気がするもん。
ごめんな不思議。とりあえず慰謝料やら何やらは俺ではなく神に請求………ん?なんだ今部長の叫び声が………
おっと、どうやら向こう(ただし目の前である)で部長が大徳寺ちゃん捕まったみたいだな。

ふう。これで一安心だぜ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ