挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
TSしたら美少女だった件~百合ルートしか道はない~ 作者:飽きっぽいニート志望

なんだか休んでる間に事が進んでる件

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

41/87

「由の居ぬ間に:3」

なんか半端な感じになりました。
ただいま美術部。俺はあの場所から帰ってきたぞ!帰ってきたなんとかマンのごとく、不死鳥のごとく舞い戻ったんだ!
「………部長、入口で変なポーズしないでください。入れないです」
あ、すまんな………誰だっけ?
顔は知ってるけど名前が分からん。俺の悪い癖である名前を憶えない癖がこんなところで発揮されるとは………
「部長が考えることを言い当てましょう。『誰だっけ?』ですよね。酷い部長です。早くリコールされればいいのに」
「酷いのはお前も一緒じゃないか」
あ、そうだ今この毒舌で思い出した。コイツ雁屋だ。この部でも一番絵が上手い(ただしどんな、とは言ってない)上に地味に可愛い、美術部の紅一点………と言っちゃ他の助詞部員に失礼だが、とりあえず美術部の中じゃトップクラスに可愛い感じの奴である。
この通り毒舌だからあまりモテていると言った印象はないが、黙っていりゃ可愛いの典型的なタイプなんだよな。いろんな意味で。
まぁ、それは置いといて今ここに居るのが邪魔なのは事実だし、退くこととしようか。自分の間違いはちゃんと認めないとな。
「それとさっき残念なイケメンの方がウチを恨めしそうに見てたんですけど、一体何があったんですか?」
………前言撤回。自分の間違いは自分に被害のない(・・・・・・・・)範囲で(・・・)認めないとな。
わざわざ自分に被害が来るようなことをしたら意味がないと言うか、やりたくはないし。

特に雁屋の言う『残念なイケメン』とやらに凄く聞き覚えがあるから、絶対にこの間違いだけは認めないでおかないと、俺が危険だ。いや命に関わるレベルで危険だ。
つまりこれは認めなくていい、いや認めるべきではない間違い。そうだそうなんだ。
そんなこんなで俺は脳内で自分を正当化しながら夜道に気を付けた方が良いかなという思考に至り『あれ?どっちも危険じゃね?』だなんて事実に気付いてしまった。
つまり結局は何をしても危険だったと………うわぁこりゃ大変だ。
「………鹿島は何してんの?」
「外で見付けた残念イケメンに心当たりがあるみたいですね」
はぁ、どうしたものかな………どう足掻いたところで危険とか、いわゆる詰みってやつじゃないか。カッコよく言うならチェックメイト。
………いやいやいや、カッコよく言ったところで状況は変わらんぞ、どうやってもいずれ夜道で刺される状況しか見えてこない!

く………こうなったら最後の手段として道連れにでもするか………?
「鹿島ー、お前さっきから完全に死亡フラグが建ったとでも言いたげな顔してるけどなんなのー?彼氏―?」
………人が真剣に命の危機を感じている所で茶化さないでもらえますかねぇ大島サン。この部でも首領(ドン)と呼ばれるアナタがバリバリの腐女子で俺を受けに色々考えているのは知っているんですよ?
コイツを潰すためだけに美術部の予算を他に回すことを本気で考えようかな………生徒会として。
「ちなみに文ゲー部の部長と付き合ってんなら大徳寺が来る前に逃げなよー。むしろ何もなくても愛の逃避行とかやってくれて構わないけどねー」
「テメェはマジで俺をどうしたいんだ………」
「………完全受け属性のクールぶった痛いヤツ」
よし決めた完全に決定だ次の委員会で美術部の予算を減らすよう議題にしてやるっ!
俺を止められるもんなら止めてみな!
なんかアホすぎる決意を固めていると、突如として部室の奥から美術部のラスボス………別名、『絶対最強のお方』がやってきた。
糸目で、いつも笑顔で、平等に優しくて、あらゆる趣味に対応したパーフェクツなお方………
「こらこらー、ダメだよケンカはー。郁ちゃんとトラブったら部費も減るし、ケンカは部がギスギスするだけだからさー。おーけー?」
角田凛。あだ名は角さん。美術部で最強の部員であり、同時に俺も頭の上がらない人だ。

………ちなみに完全に余談なのだが、角さんの性別は『角さん』である。
見た目も喋り方もその母性も中身も女に違いないのだが、生物学上は男、その名も角さん。恐ろしい人だよ、まったくね。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ