挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
TSしたら美少女だった件~百合ルートしか道はない~ 作者:飽きっぽいニート志望

なんだか休んでる間に事が進んでる件

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

38/87

「由の居ぬ間に:1」

由くんが看病に回っている間にも物語は進むのです。
そんな訳で、今回は郁馬視点で進めていきます。
「せ、先輩が休み!?」
えぇそうです、そうなんですよ………その、由の彼女ちゃん。
鹿島さんにも理由は分かりませんがね、どうやら今日は居候とやらが風邪を引いたらしく、その看病で休んでるそうな。
アイツも運がないな。ここんとこトラブル続き過ぎるぜ。
TSに始まり、武タクシー、俺も含む三人で救出しに行った昨日の人だかり、そしてこの彼女ちゃんによれば昨日の部活の時危険な新入りが来た上に帰りはとんでもない大ピンチだったとか。
ラノベかマンガの主人公かっての。TSによってトラブルメイカーに目覚めたのならちょっと縁を切りたいところだがね。
んで、今日の欠席か………俺の厨二病が半端に抜けきってない頭の勘を信じるなら、どこぞのTOでラブってるマンガのようなラッキースケベ展開になっているに違いない。いやきっとそうだ。
TSなんつーおかしな事象が起こるのもアイツがきっと主人公体質的なそれを持ってるからに違いない!
「あ、あの、鹿島さん?」
「………なんだ」
「さっきから変なオーラが出てますけど、どうかしましたか?」
ぬ、オーラってなんだよオーラって………某稲妻な11人のゲームで主人公交代と一緒に生まれた化なんとかでも背中から出ているとでもいうのか。
残念ながら違うな。俺にはそんな才能はない。
あるのは厨二病の残滓と微妙にかっこつけて立つ技術、普通よりイケボっぽく聞こえる喋り方だけだ!

まぁ、もちろんその3つも自己申告に過ぎないからな。もしかしたら俺も知らない俺の才能がどこかにあるかもしれんけどな。
「あ、やっぱり出てますよ?なんかオーラ的なもの」
「………」
マジか。2度も見るのか。
一度ならともかく、2度も見るのなら、それはもしかして現実なんじゃないか、と思う。
しかし昔由にその手でからかわれたしなぁ………どう解釈すればいいんだ。
俺の厨二病が暴走して変なオーラみたいな何かを具現化させているのか、それとも由がこの彼女ちゃんにあのことを教えて、それを再現しているだけなのか。
うむ分からん。
まぁ、訳の分からんことは考えないでおいた方がよさげだし、さっさと話題を変えて逃げてしまおう。
どんな話題を出せば逃げられるかは分からんが、とりあえず何か適当に………そうだ。
「まぁそれはともかくとしてだな。もうそろ部活に言った方が良いんじゃないか?」
もう放課後なんだし、とりあえずこの子には部活に行ってもらうとしようじゃないか。
後輩をスルーしたいときの常套句はこんなとき便利だよな。
「あ、そうですね………でも今行ったら殺される気がするんですが」
………しまったァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!
そういや言ってたな!昨日入ってきた新入部員が危険でヤバいって!

どうするんだよ。物理系の危険があるなら無理に行けとは言えねえぞこりゃ。
これが武なら「ちょっと解決してくる」でどうにかなるだろうが、俺の身体能力はせいぜいが平均レベル。どうにもならん。
そして俺は文ゲー部員じゃないから、一緒に行く選択肢もないしなぁ………どうしたものか。
あ、でも俺の所属する美術部はなにげに文ゲー部に近いっちゃ近いし、被害がこっちに来ないように言い含める目的ってことでどうにか………
よし、都合のいい理由が出来たぞ。
これをとっかかりに俺が誘導することとしよう。
「………まぁ、その被害がウチに来ないよう言い含めるのも兼ねて俺も行くから、安心しろ」
「その、なんというか微妙にひ弱っぽい先輩のどこに安心しろと!?」
かなり辛辣だな、彼女ちゃん。だが安心しろよ。俺は昔から3~4の男と呼ばれている。由とは違って体育で一度も2を取ったことがないんだ。
だから任せてくれて構わないぞ。俺はいつでも逃げられるから、さ(渾身のゲス顔)。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ