挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
TSしたら美少女だった件~百合ルートしか道はない~ 作者:飽きっぽいニート志望

TSしたら美少女だった件

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

21/87

「あざとい流石神様ウザとい」

タイトルに、深い意味はありますん。
俺の知る人間に、一人だけ呪いたいくらいに大嫌いな奴が居る。
そいつの名は………お察しの通り、神だ。
というか俺は基本優しい(自称)だからな。よほど酷いことをされない限りは嫌わないんだよ。
つまり普段優しくて慈悲深い俺に嫌われてる神はものすごく嫌な奴。ってことに繋がるわけで………
あぁ、理不尽?いやでも考えてみてくれ、自分に彼女あるいは彼氏が出来て、その日に性別を変えられる。
そんなことをされてまだソイツを嫌わずにいれるか?俺は無理だね。少なくともなにか仕返しをしなければ気が済まないだろうよ。
誰だってそうだろうと思う。
で、話は変わるが人間ってのはいつもより早くたたき起こされるとちょっとイラつくものだと俺は思ってる。
つまるところ………
「腐れ神様いらっしゃい。お還りはあっちだぞ」
「意外と酷いですねー。お姉ちゃんをプレゼントしてあげたというのに」
大嫌いな神の手で早朝に叩き起こされたらキレるどころじゃ済まないと思うんだ。俺はね。
あぁ神よ、お前はなんでここまで人をイラつかせてくれるのですか?今すぐ俺に神殺しを実行しろとでも仰られるのですか?
よろしいならば今すぐ殺してやる。
そんなことを考えながら立ち上がろうとするが、何かが俺の体を抑えていて動けない。

チクショウ、昨日の内にステラの拘束を外しておけば良かったか。
しかし何もしないのは個人的に許せないので、一応睨みつけるくらいはしておく。本来なら罰が当たりそうだがこの神に対してなら許される………と思いたいところだ。
このクソ神を睨んで天罰が落ちたら今度は世界を呪ってやる。復讐モノの主人公みたいに呪ってやる。
「あー、それにしてもお姉ちゃんの性癖は変わりませんねぇ」
「なんだろう、今物凄くお前を呪い殺さなきゃいけない気がしてきたんだ」
「おやおや、それは酷いですね。まぁ私も原因の一旦なんですけどね」
うるせぇ黙って物言わぬ屍となってくれやがりませ(混乱)
………ところで、ステラの性癖とはなんぞや?
それにお前に原因があるものはとりあえず警戒しておいて損はないからな。ほら早く言えよ。
「かなり酷いことを言いますねあなた………まぁ、つまるところはこうです。お姉ちゃんは仲良くなると同性でも異性でも構わずに大好きになっちゃうんですよ」
へぇ、そうかい。
で………一体それのどこにお前が原因として存在すると?
コイツはバイらしいな。それもかなり惚れっぽい。
だがどうした!
別にお前の親類だから多少変なところがあるのは重々承知だよ!むしろここまで変なところがなかった方が不信だよ!
「うわぁ、それは酷い。私の家族にも多分マトモな人くらいいますよ?」
………怪しいな。お前の家族にマトモな奴が居るなんて信じないぞ。
「ところでお前はその性癖にどういう形で関わっているんだ?」
「………実は、私が冷たくしすぎちゃって、気付いたら家族に向ける愛情を全部ちょっと仲良くなった人に向けるようになって、もう性別すら気にしないようになっていたんですよ。テヘッ」
テヘッ、じゃねえよテヘッ。じゃ。
完全に原因がお前じゃないか。しかも家族に向ける愛情と言っても、普通ならここまではいかないよな。
つまりコイツは多分、元々家族が大好きだったんだろう。
それなのに冷たくし過ぎるとか、酷いぞ。

いや、弟と仲の悪い俺に言われてもなんというか現実味が無いだろうけどさ、とにかくちょっとくらいは優しくしてやればよかっただろうに。
主にお前の精神にダメージを与える効率的な手段の確保のために。
「なんでしょうね、途中まで良い話ぽかったのに突然どうでもよくなりました」
そうかいそうかい。
………ところで今更感が物凄いけれど、お前何しに来たん?神ってそんなに暇だったりするの?え?
正直お前みたいな奴だからきっと悪いこと考えんのに忙しいんだろうけどさ。
「しかも突然口調が変わるとか………面倒極まりないですね。まぁ、ようやく話に入れそうなのでいいとしましょう」
あっそ。じゃあ早く始めてくれたまえよ。
まだ朝4時だから、多少時間に余裕はあるんだ。安心して話してくれやがれ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ