挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
TSしたら美少女だった件~百合ルートしか道はない~ 作者:飽きっぽいニート志望

TSしたら美少女だった件

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

12/87

「事態が自分の分からないところで深刻化されていくパターンには物申したい」

「………まぁ、要約するとこうだよ。帰ったら神が家にいて、なんかTSさせられて、こうなった。OK?」
「よろしくないですね」

デスヨネー。俺もそう思う。だっていくらなんでも今の言葉だけで理解されたら後輩ちゃん異星人説を疑っちゃうよ?
今考えて作り出した説だから証明どころか仮説すらないけども。つまり、これは説ですらなくただの世迷言というか戯言である………なんか虚しいからやめとこう。
でも個人的にこの状況下においては後輩ちゃん異星人説が真実であって欲しかった。説明の手間が省けるし、何より面倒な証明とかが必要ない。
例えば本当に神様が来て俺をTSさせたのかどうか、とかさ。

「あ、いやでも一応先輩が嘘を言ってないのは分かってます」

あぁそうかい。そりゃ良かった。
やったね俺ちゃん説明が省けるよ!ってアホか。

後輩ちゃんがどうやって俺の言ってることが真実だと分かったのか分からないだろう?あてずっぽうで実は嘘だと思ってるって可能性も………自分の彼女を疑いたくはないけどさ。
例えば俺の心拍数の変化とかで分かったとかならなんとか理解できるけど、そもそも心拍計もないのにそんなことが分かるわけもないのでこの方法はそもそも論外だし、他に後輩ちゃんが俺の言葉を真実だと思った理由は思いつかない………どうしたものか。
後輩ちゃんに疑いの目を向けた。

「ちなみに先輩は嘘をつくとき僅かに耳が動いてるんです。知ってました?」
「………!?」

え?マジで?俺そんなクセあったの?
いや、でも耳を意図的に動かすとかは無理だし、クセも何もないんだがね………
恐ろしいぞ後輩ちゃん。俺の彼女はもはや俺の嘘の一切を見抜けるだなんて、どこまで進化するというのだ!?

「そして驚愕、恐怖の時は僅かに重心がズレて、右に寄る………ほら」

なんだろう、俺が将来的に尻に敷かれるというか、操られるような気がするのは気のせいか?出来れば気のせいであってほしいが、気のせいか?
うん、気のせいだよな。どうにも日々仕事に追われて疲れ果てたところに優しい言葉をかけられてなんだかんだで無茶してる俺が見えた気がするけど、気のせいだよな?な?
そうだ気のせいだ。こんなに優しい後輩ちゃんが俺を尻に敷くわけがない………

「それと、嫌なことを考えて自分で否定してるときは基本絶望的な表情からの目を閉じて頭を振るのコンボですね」
「なぜわかった?」
「見れば分かりますからね」

まぁ、確かにそんな分かりやすいことをしてたら後輩ちゃんじゃなくても分かるよな。
俺だってそんなコンボを展開してる奴を見付けたら『あぁ、将来に悲観してるのかな』くらいは思うだろうし。
………で、どうしようか。後輩ちゃんはこのTSの犯人が神であることと理不尽な存在によるものであることは理解したようだが、個人的には半端な説明ってのは避けたいところだ。
しかし後輩ちゃんに詳しく説明するにしても、どこから言えば良いのか分からないぞ。
助けてタヌキ型もとい猫型ロボットさん。

「悩んでますね?」

しかし、俺の悩みを解決してくれたのは猫型ロボットなどではなく、問題の後輩ちゃんであった。
いやー、頼りになるね。いっそ怖いくらいに。

「あぁそうだよ。顔に出てた?」
「とりあえずそのTSの説明なら神様ってやつの見た目とかだけで良いですよ。なんとなく理解できるので」

おぉ、見た目だけ説明するなら簡単だぞ。
あの神の見た目は………見た目は………

あれ?思い出せない。なんか記憶の中での神の姿はハッキリしてるのに、口に出そうとすると途端にわからなくなる。
おのれ神、俺の脳に何か仕掛けたなふぁっきん。くたばっちまえ!
まぁ、なんとなくこの『名状しがたい人間のようなモノ』的感覚を伝えることが出来れば大丈夫だろう。きっと。
そんな理由のない感覚に従い、俺は神の見た目………の、ようなものを伝える。

「その、なんというか………良くも悪くも言葉にすることが出来ない感じの見た目だったな」

そしてその言葉ののち、後輩ちゃんは深刻な表情になってしまったのであった。
………なんで?なんか深刻?むしろ『言葉にできないって何ですか言葉にできないって』みたいなコメントを予想したのだけれども。

わけがわからないよ!
※田中ちゃんは神様の中でも『名状しがたい』方々を知らないようです。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ