挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
TSしたら美少女だった件~百合ルートしか道はない~ 作者:飽きっぽいニート志望

TSしたら美少女だった件

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

11/87

「うわ後輩ちゃんすごい」

「やっほい、後輩ちゃん」

俺は、部室内に居る後輩ちゃんに声を掛けた。
まぁ、このセリフで話しかけても多分俺が俺………田中由であることを理解してもらうのには多少の時間が必要そうだがな。
だって今の俺と前の俺は似ても似つかないし、そもそも付き合い始めた相手が翌日にはTSしてくるとか考えようもないからな。
正直、そこら辺を都合よく察してくれちゃったりすれば楽なんだけど、そこのところは期待するだけ無駄ってやつだよな。
うん、地道に説明するとしよう。

「えと………その呼び方ということは、先輩ですか?」

あら、意外と伝わっちゃったね。まさかこおの呼び方だけで分かるとは。
欲を言えばもっとロマンのある理由で気付いてくれるとよかったかなーとも………欲張りすぎか。
しかしここで一瞬の内にこの部分を察してくれたとなると、説明が楽になるからうれしい限りなんだがな。

「でもよく気付いたな。てっきり別人と勘違いされるかと思ったぞ」
「いえいえ、先輩は立っているときにかなり均等に体重を掛けてますからね。私の知り合いにその立ち方をする人は先輩を入れて数人ですし、その中で私より年上の方は先輩だけですから」
「………」

思わず沈黙で返してしまったが、なんだろう。後輩ちゃんに若干の変態要素を感じるぞ。
これがAHアブソリュート・ヘンタイフィールドってやつか。
………でも流石に自分の彼女を変態と言ってしまうのは微妙かな。と思う。
個人的に後輩ちゃんのイメージは純粋というか、穢れ無きというか、そんなものだから。
ただ俺の立っているときのクセを知ってるとかちょっとすごいどころか変態的ではあるよな。

「あと何より先輩の彼女ですからね。これくらいは知ってて当然です」

当然じゃないよ。むしろものすごい情報量と言わざるをえないよ。

………まぁ、後輩ちゃんの隠された変態力もとい洞察力はこの際置いておくとしよう。
今回の主目的は俺の現状について説明することなんだ。あまり別の事に時間を取られるのは好ましくないぞ。ものすごく。

「あー、それでな、見てわかると思うんだが俺、TSしちまったのよ」
「あぁ、私は大丈夫ですよ。先輩が女になってもイケます!」
「あー安心だ。だがそこじゃないぞ」

しかしものすごく安心したな。俺がTSしても後輩ちゃんがこの関係を持っていてくれるとは限らなかったんだし。
しかし後輩ちゃんがバイだったなんてな。驚きだよ。
一度もその片鱗を見せなかったし、それっぽい素振りも見せてなかったし………後輩ちゃんは隠蔽(いんぺい)のプロかっての。
そんなプロはロクなもんじゃないだろうけどな。

「ちなみに私はバイじゃないですよ。先輩だから良いんです」
「なんかすごくいい話っぽいな」
「というか先輩がどんどん私の好みに近づいてると考えると興奮してきました」
「突然ベクトルが変わっちゃったな!?」

………というかさっきから、話すたびに後輩ちゃんの残念要素が見えてきた気がする。

でも俺はそんな後輩ちゃんも好きだ!(惚気)
変態だろうが、残念だろうが、後輩ちゃんは俺の彼女だし、何よりそれはそれで魅力的だ。
うん、むしろこれくらい残念だと余計に可愛く思えてくるというか………

「ところで、なにか説明したさそうににてましたけど、何をしに来たんですか?」

あっやべっ。そういえば説明しに来てたんだったな。惚気て忘れかけたけど。

「あぁ、いや俺がこうなった経緯を説明しようと思ってな」
「………理不尽な存在にでも会いましたか?」
「なぜいきなり当てられたのか激しく不可解だよ!?」

あれ?説明しようとしたはずなのに説明するまでもなく的中された。
どういうことだ、これが愛の力ってやつなのか?
………出来れば俺の声色が微妙に変化したから。とかじゃないことを祈りたいな。

「いえ、先輩が説明しようとした瞬間声に少しイラついているかのような変化がありましたからなんとなく言ってみただけです」

うわぁ現実って残酷。俺の声色だけでなんとなく理解してしまうなんて。
すごいな後輩ちゃん。俺の事なら大体何でも分かりそうだ。
ちょっとガクブルだぜ。ちょっとだけど。

「まぁ、そうなるんだけども。とりあえず詳しい経緯を説明するからちょっと時間を貰っていいか?」

しかし一応説明はしておこうかな。と思い、わずかに恐怖を抱きながらも俺は説明を開始したのであった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ