挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

太鼓が達人

作者:忍者の佐藤
和太鼓(わだいこ)を始めて20年になる。
思えば長いような短いような20年間だった。
来る日も来る日も稽古(けいこ)に明け暮れた日々。
投げ出しそうになった時、
やりきれなくなった時、
いつでも(よみがえ)る光景があった。
5歳の時に見た和太鼓の公演。

舞台に置かれた、たった一つの和太鼓。
屈強な男が打ち鳴らすたった一度の音が、
1000もの魂を一瞬で打ちのめした。

打ち鳴らされる巨大な太鼓の(ひび)き。
直に心臓を()らす魂の響き。
その音は、今でも鮮明に思い出せる。

その時俺は必ず和太鼓の奏者(そうしゃ)となり、
世界中の人々に和太鼓の音色を届けるのだと決めた。


そして俺は今 夢を目前にしている。
フランスのクラシック・オーケストラとコラボした創作和太鼓の奏者に俺が選ばれたのだ。
公演場所は、パリのシャンゼリゼ劇場だ。


やっとここまで来た。
やっと俺の夢が叶うのだ。

その矢先だった。
公演の直前、俺に予想もしていなかった事態(じたい)が起こる。
「タカ!大変だ!太鼓が盗まれた!」
その言葉は俺を地獄の底へ叩き落とした。
「予備の太鼓は!?」
「それも盗まれたんだ!クソ!」

嘘だろ?
「じゃあ、どうするんだ?」
「和太鼓が無い以上、通常のクラシック・オーケストラを演奏するしかない」

みるみる俺の身体から力が抜けていくのが分かった。

俺はふらふらと舞台(ぶたい)(そで)へ移動した。
舞台を覗く。
和太鼓が置いてあるはずの台。
その上には何もない。
俺の視界が(にじ)(ゆが)む。
俺は一体何のためにフランスへ来た?何のために準備を積んで来た?何のために命をすり減らして過酷(かこく)な修練を積んで来た?一体どんな顔をして日本へ帰れば良い?俺の演奏(えんそう)を聴きに来たお客さん達になんて謝れば良い?

どんな辛い稽古(けいこ)でも泣いたことのなかった俺の(ほほ)に、
暖かな悲しさがつたい続けた。

その時、後ろから誰かが俺の肩を叩く。
振り返るとそこには俺の身長を大きく超える大男が立っている。
意外なことに男は日本人の顔をしていた。
鍛え上げられた身体に身につけているのは白いふんどしのみ。
その姿はまるで和太鼓(わだいこ)奏者(そうしゃ)のそれだ。
「俺に任せろ」
男はにっこり笑った。

その男はゆっくりと舞台袖から出て行き、
和太鼓が置いてある台の上に乗った。
OTL
そして俺の方を見て手招きをしている。

嘘だろ?

もうすでにオーケストラの演奏は始まっている。
今出て行っても太鼓が無ければ俺は演奏できない。
そのはずなのに、なぜか俺の足は舞台袖を踏み出していた。

出た瞬間、まばゆく(かがや)く照明。
豪雨(ごうう)にのように降り注ぐ拍手(はくしゅ)喝采(かっさい)
それは、明らかに遅れて出て来た太鼓奏者の俺へと向けられている。
夢にまで見た、
夢の中で見た、
現実になった光景。その夢中。

俺は吸い寄せられるように和太鼓の台の前へと立った。
目の前にあるのは、そう。
尻である。
固そうな尻である。
叩けばよく響きそうな尻である。

その時、オーケストラの演奏が止んだ。

再び始まったその演奏は、指揮者が和太鼓との共演のため、この公演のために
書き下ろした楽曲だった
ああ、俺は何度も聞いた。
何度も叩いた。
来る日も来る日もこの日のために叩き続けた。


俺はためらった。
どうすれば良いというのだ。

他の楽器奏者も指揮者も観客も主催者(しゅさいしゃ)も、
俺の打ち鳴らす、響かせる、その一打を待っている。

(いざな)うフルート、
(はや)るヴァイオリン、
()かすティンパニー、

その時、ケツ男が俺の方を向いた。
「いいからリズムに合わせて俺のケツを叩くんだ!!!」

俺は、目が覚めた。
分かった。
ただ身をまかせるだけだ。
最初からわかっていた。
太鼓が無ければケツを叩けばいいじゃない!
打ち鳴らせばいいのだ!目の前の!この!ケツを!


俺は両手に持っていたバチを捨てた。
スーッと息を吸い、手を振りかぶる。

バチが地面をたたいた瞬間、
音が消えた。
音のない世界に俺は来た。
次に一つ一つ、視界のものが消えはじめる。
徐々に暗くなっていく視界。
見えなくなっていくのではない。
ただ必要なものだけがハッキリと浮かび上がるのだ。
俺の意識が()()まされていく。
そして暗闇の中に、
大海原にポツンと浮かぶ船のように、
闇夜に光る蛍のように、
夜空に輝く月のように、
そこにはただケツが在った。

ケツは俺の手が届く瞬間メッコン硬くなる。
聴け!これが俺の魂だ!

パァン!
んほお!

俺の手は確かに、しっかりと尻を弾く。
反響(はんきょう)する魂。
残響(ざんきょう)と共に訪れる余韻(よいん)
俺の暗闇に現れる世界。
無数に散らばる星々。
(まぎ)れもない宇宙。
無限に広がる無我(むが)境地(きょうち)
パァン!
その一打は会場を支配する。
確かにそれは、和太鼓の音とは違う。
しかし、楽器を通して届けたい俺の思いは変わらない。

パァン!
アァオ!

ハロー!ニューロン!
ハロー、マイチャクラ!
グッバイ!ジアース!
グッバイ、ギャラクシー!

一打!波打つ尻!
一打!(つむ)ぐ世界!
一打!遥か遠くまで!
響け!
届け!
(とどろ)け!

世界にはまるで俺と尻しかないかのように
それが全てであるかのように
響き 届き 轟き
無数の風船が破裂するように
衝突(しょうとつ) 衝撃(しょうげき) 衝動(しょうどう)

もっとだ!
もっと力を!
もっとケツを叩く力を!

POWER!
POWER!
POWER!

PPPPPPPPPPPPPPPPPANG!

野獣が(うな)り、(たけ)るように
奏でる尻の音を
ただ全身で
ただ五感で
ただ全てで
噛みしめる。

これだ。
俺が表現したかった音。
届けたかった響き。
(つらぬ)きたかったメッセージ。
たどり着いた無我の境地。
夢中で叩いたその尻を。

俺にとってそれは道であり、灯火(ともしび)であり、人生だった。

再び頬を伝う涙は
流れる星のように地面へ降った。


気付くと拍手が鳴り響いている。
観客に背を向けて尻を叩いていた俺は
はじかれたように客席に向き直る。
今更気付いた。
ホールにステージを包み込むようにほぼ全ての客席から観客が立ち上がり、
割れんばかりの拍手を俺たちに浴びせかける。

俺は肩で息をしながら、
深く頭を下げた。

伝わった。
俺の太鼓が認められたのだ!
ああ、ケツを提供してくれた、あの男のおかげだ。
俺は頭を上げると
またケツの方を向き直った。

そこにあったのは、盗られたはずの、和太鼓だった。


終わり
お読みいただきありがとうございました!

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ