挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
辺境の老騎士 作者:支援BIS

第1章 古代剣

30/184

第7話 ジャミーンの勇者(前編)





 1

伯父御(おじご)
 ご武運を」

 と、ゴドンが言った。
 バルドはうなずいた。
 ゴドンと村人に見送られ、バルドは出発した。
 徐々に馬の速度を上げていく。
 初めての山道を走るには速すぎる速度だ。
 だが、子どもの容態を思えば、薬は早いほうがよい。
 バルドの気持ちが伝わったのか、栗毛の馬は、首を前に突き出し、足を大きく後ろに蹴って、先を急ぐ。
 時折木の葉や草が鼻面を打つのも気にしない。
 馬は臆病な生き物だが、乗り手と心が通うとき、雄々しい生き物に変わる。
 荷物はすべてゴドンに預けたから、今のバルドは身軽である。
 人馬は一体となって山道を駆け下りて行った。





 2

 エグゼラ大領主領の東のはずれの村で、ある噂を聞いた。
 山を北に越えた集落で、ひどくうまいノゥレ料理が食える、というのだ。

 ノゥレなど、どこの湖沼にでもいる小魚だ。
 泥の中を好み、ぬるぬるとした細長い体を持っている。
 うまい魚ではない。
 骨が多くて食べにくいうえに、泥臭い。
 食べてしばらくすると、何ともいえないえぐみのある後味が残る。
 だが、栄養はたっぷりだ。
 子どもでも簡単に獲れるから、貧しい家ではどこでもよく食べる。
 たくさん食べれば腹はふくれる。

 バルド自身も、小さいころ、よく食べた。
 騎士となってからも、大障壁近くの砦に冬のあいだ詰めているときは食べた。
 半分凍った泥の中で眠るノゥレは、貴重な食料だったのだ。
 とはいえ、うまいと思って食べたことはない。
 そのノゥレが美味な料理になる、という話にバルドは興味を引かれた。
 ゴドン・ザルコスは、

「どんなに上手に料理したところで、しょせんノゥレではありませんか」

 と、乗り気ではなかったが、構わず馬首を北に向けた。
 山を越えると深い谷があり、吊り橋が架かっていた。
 馬を置いて行くわけにもいかないので連れて渡った。
 暴れないように目隠しをして引っ張った。

「帰りには、もう一度ここを渡らねばならんのですなあ」

 と、ゴドンはため息をついている。
 一本道だから、集落には迷わず行き着けた。
 こんな所を馬に乗った武士二人が訪ねるなど、珍しいのだろう。
 ひどく注目を浴びてしまった。
 ノゥレを食べたいというと、一軒の小屋に連れて行かれた。
 貴重な現金収入が得られると分かり、人々の対応は丁寧だ。
 ピネンという名の老人が、料理してくれるという。

「ようも、こねえな所までお越しじゃったのう。
 ノゥレは、今獲りに行かせとるけん。
 お侍さんがたの口にあうような酒はねえんですけどのう」

 と言いながら出してくれた酒は、白く濁っており、柔らかく甘い味わいだった。
 穀物酒だ。
 この辺りに多いプランの実を(かも)した酒だろう。
 バルドが、うまいぞ、と言うと、うさんくさそうに見ていたゴドンも、口をつけた。

「お。
 いけますな」

 と、まんざらでもない。
 二口、三口を味わったところで、ピネン老人は、何かの根のようなものをすりつぶしながら、

「ノゥレをのう。
 生で食べると、そりゃあうめえんですじゃ。
 なあんのいやみもありゃあせん。
 じゃけどのう。
 あとで必ず病気になりますけん」

 と言った。
 ノゥレは煮て食べるものであり、生で食べるなど考えもしなかった。
 あとで必ず病気になると断言するこの老人は、もしや試したことがあるのだろうか。
 ピネン老人は、何かの葉を数種類混ぜて、さらに器の中のものをすりつぶした。

「ノゥレはのう。
 襲われたり、つらい目に遭わされると、腹の中を苦うするんじゃ。
 その苦え汁が、あとでいやみになりますけん」

 バルドが椀の酒を飲み干すと、ピネン老人の孫だという少年が、お代わりをついでくれた。
 少し遅れてゴドンもお代わりをもらった。
 そうこうするうちに、次々とノゥレが届いた。
 集落の住人たちが総出で捕まえてくるのだから、あっという間に桶はノゥレで一杯になった。
 ピネン老人は、何度か水を替えてノゥレをきれいに洗うと、何かの根や葉をすりつぶしたものを、桶に注ぎ込んだ。

 興味を引かれたので、バルドは近寄って桶を見た。
 ノゥレは、黄色の何かを盛んにはき出している。

「これをはき出させてしもうたら、もうノゥレは苦うはならんですけん」

 と、ピネン老人は言った。
 訊けば、長年かけて自分でこの根や葉を見つけたのだという。
 何の木だか、何の葉だか、名前は今でも知らない。
 しばらくすると、ノゥレはもう何もはき出さなくなった。
 ピネン老人は、ノゥレをもう一度洗ってから椀で二杯すくい、鍋に入れた。
 穀物酒の樽から上澄みをすくい、その鍋に注いだ。
 ゴドンも興味を引かれたようで、まじまじと見つめている。
 鍋は火に掛けられた。
 火勢は強くない。

「ノゥレは、水から炊かにゃあいけん。
 いきなり湯にいれたら、暴れて身がざらざらになるんじゃ」

 と、ピネン老人は独り言のようにつぶやき、孫の少年に、

「もう出来とるじゃろう」

 と言った。
 少年は小屋を飛び出して隣に行き、すぐに戻って来た。
 手には椀を持っている。
 ピネン老人は、椀の中身を静かに鍋に入れた。

「ドゥェジャ鳥の卵と山芋で作ったプディングですけん。
 ちょうど卵があったけん、よかったですのう」

 それから徐々に火勢を強めた。
 まきを操る手つきには年期が入っており、巧みに火勢を調節している。
 酒が熱せられる香りが小屋に満ちた。

 驚くべきことが起こった。
 熱せられた酒の中で所在なげに泳ぎ回っていたノゥレたちが、プディングの中に潜り込んでいったのだ。

「人間でも、お天道さんが熱うなったら、日陰やら家ん中に入るけんのう」

 なるほど、そうだ。
 だが、プディングの中も熱いはずなのだが。

「山芋は、熱を散らすんじゃ。
 じゃけえ、煮立った酒より、プディングの中のほうが、ほんのちょっぴし熱うねえんじゃ」

 プディングの中から顔を出したノゥレもあるが、すぐに中に戻ってしまう。
 プディングが揺れている。
 中でノゥレたちが暴れているのだ。
 やがてプディングは揺れなくなった。
 ピネン老人は火勢を弱め、なおもプディングを煮た。
 じっと鍋を見ている。
 揺るぎのないその横顔は、まるで賢者のようだ。
 と思っていると、老人は、よし、と小さくつぶやいて鍋を火から下ろした。
 手際よくプディングを二つに切り分け、椀に盛ってテーブルに置いた。

「召し上がってつかあせえ」

 バルドとゴドンは、席についた。
 木さじでプディングをすくった。
 湯気が立っている。
 ふうふうと息を吹き付けて冷ましながら、一かじりを口に入れた。

 こんなプディングは、食べたことがない。
 よく煮込んであるから固いかと思ったが、まったく違う。
 ふるふるに柔らかい。
 柔らかいのに、しっかりした存在感がある。
 舌の上でじっくり味わったあと、口の中でつぶした。
 甘いともからいともつかない柔らかな味が広がった。
 バルドは思わず木さじに残ったプディングを全部口に入れた。

  おおお。

 何ともいえない食感だ。
 口腔が、そして舌の隅から隅までが、初体験の食感を楽しんでいる。
 喉が、早くこっちにも寄越せ、と要求している気がしたので、バルドは口の中のプディングを飲み込んだ。
 まったりとしたのどごし。
 芳醇な余香。
 これは、プディングに染み込んだノゥレのうまみなのだろうか。

 バルドは、プディングの中に大胆に木さじを差し込んだ。
 そして、たっぷりとノゥレが入っている部分をすくい取り、ふうふうと冷まして口に入れた。

  甘い!
  何という甘さじゃ。

 ノゥレ特有のぬるぬるした食感が、どこにもない。
 身は柔らかく煮上がり、極上の魚特有のざらっとした舌触りをみせて、口のなかでほぐれた。
 いまいましい小骨も、踊るように舌の上で溶け、味わいにアクセントを与えてくれる。
 うまみの塊だ。
 よくかみしめて飲み干せば、意外なほどのボリューム感がある。
 そして、あのいやな後味が、いつまでたってもやってこない。
 煮汁をすくいとって飲めば、酒臭さはどこにもなく、ノゥレのうまみを吸い取って最高のスープに仕上がっている。
 プラン酒の濁り酒を飲むと、これがまた一段とうまい。
 この料理とこの酒は、実によくひき立て合う。

 バルドは、ふとピネン老人を見た。
 立ち振る舞いを見ていると、どうも田舎で生まれ育った人間とは思えない。
 広い世界を知り、深い叡智を蓄えた人物。
 都会での上品な料理や作法にも通じた人物。
 そのように思えてしかたがない。

 この集落は、おそらく〈外れ者〉の集落だ。
 罪を犯した者の家族や、ケガレを得た者は、村の生活からはじき出される。
 そうした〈外れ者〉が集まって集落を作ることがある。
 隔離されることによって差別されずにすむのだ。
 ピネン老人は、どんな人生を歩んできたのだろうか。




 3

 二つの事件が起きた。
 吊り橋が切れた。
 荷物を積んだ押し車を乗せたとたん、切れたのだという。
 幸いにけがをした者はなかった。
 そして、ピネン老人の孫が毒蛇に噛まれた。
 バルドの手持ちにも、その薬はなかった。
 大人なら死ぬほどではないが、子どもにとっては命に関わる毒だ。

 村まで行けば、薬は分けてもらえる。
 だが、村に行く吊り橋は使えない。
 谷を降りてゆけば行けなくはないが、ひどく時間がかかる。
 幸いにもバルドとゴドンは馬を持っている。
 遠回りでもいいから道はないのか、と訊けば、一つだけあるという。
 東回りの道だ。
 だが、そこは、ジャミーンのテリトリーだという。

 ジャミーンは、亜人の中では小柄だ。
 人というより猿のような姿をしている。
 成人しても十二、三歳の人間ほどの身長しかない。
 木の皮や虫を常食にするため、〈虫食い〉などと呼んでさげすむ人間もいる。
 倫理観や生活習慣が人間とは異なるため、接触すれば争いになることが多い。
 人間の村や集落からこんなに近い場所にジャミーンのテリトリーがあるとは驚きだ。

 ジャミーンは、例外なく弓の名手だ。
 テリトリーに人間が踏み込んだことに気付けば、攻撃してくるだろう。
 四方八方から降ってくる矢をかわすことなどできない。
 だが、この子を救おうと思えば、それしか方法はない。
 バルドは、村に薬をもらいに行く役目を買って出た。





 4

 道は木々の生い茂る森に入った。
 栗毛の馬は、少しも疲れた様子を見せない。
 素晴らしい速度で森を突き進む。

 前方上方の木の上で、何かの気配がする。
 バルドは古代剣を抜いた。
 矢が飛んできた。
 剣で払う。

 いる。
 いる。
 いる。

 木々の上に、ジャミーンたちがいる。
 気付かれて取り囲まれる前に抜けてしまいたかったのだが、だめだったようだ。
 右から、左から、矢が飛んでくる。
 背中から飛んでくる矢が一番やっかいだが、はためかせたマントがある程度は矢を防いでくれている。

 ざくっ。

 左肩に矢が刺さった。
 肩当てに守られているので、深くは刺さっていない。

 ざくっ。

 背中に矢が刺さった。
 ちょうど鎧がない部分だ。
 動きが止まるほどの傷ではない。
 だが、次の瞬間。
 急に、かあっ、と体が熱くなり、視界がぐにゃりとゆがんだ。

  毒か!

 必死で手綱をにぎったが、やがてバルドの意識は闇に落ちた。






 
8月4日「ジャミーンの勇者(後編)」に続く
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ