挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
辺境の老騎士 作者:支援BIS

第1章 古代剣

29/184

第6話 月魚の沢


 1

「お客さん。
 月魚(ユエイタン)を食うんじゃったら、こっちの酒がお勧めじゃけん。
 プラン(しゆ)の澄ましじゃ。
 透き通ってきれいじゃろうが。
 焼き酒や濁った酒じゃったら、月魚の味を殺してしまうけんのう」

「おう、そうなのか。
 それじゃ、そのプラン酒をくれ。
 ところで、月魚というのは、どういう魚なんだ?
 煮て食うのか?
 焼いて食うのか?
 どんな味がするんだ?」

「ありゃ。
 お客さん、ご存じじゃねえんか?
 へじゃったらお教えするのはやめとくけん。
 どげえな味もこげえな味も。
 味っちゅうか、何ちゅうか。
 何とも言えん味わいじゃけん。
 気持ち悪いゆうて言う(もん)もおりますけどなあ。
 まあ、一度やったらやめられん。
 わしも明日あたり食いにいこうかのう」

 ゴドンが旅の道連れになってから、二か月ほどになる。
 二人は、エグゼラ大領主領の南のはずれにある小さな村にいる。
 メイジア領からここまで、最も短い道をとれば六十刻里ほどだろうか。
 健脚の持ち主なら徒歩でも一日に四刻里は進めるのだから、ずいぶんのんびりした馬旅だ。

 景色を愛で、土地土地の味を楽しみながらの旅だから、無理もない。
 そのうえ、ゴドンはこの旅が民衆救済の旅だと思い込んでいるようで、野獣に苦しんでいるという村では、一週間も野獣狩りをした。
 五人組の盗賊を捜して八日間山道をうろついたこともあった。
 結局見つけることはできなかったが、盗賊はどこかに逃げたのだろう、と村人に感謝された。
 それはよいのだが、あちこちで〈人民の騎士〉バルド・ローエン殿じゃ、と人の名前を触れ回るのはやめてほしかった。

 この村に着いて、名物料理を訊いたら、それなら月魚だ、と教えられた。
 山に上っていくと、沢があり、そこに店がある。
 月魚は、その店でしか食べられないのだという。
 この村の人々も、月魚を食べたいときはそこに行く。
 昼でも食べられるが、夜のほうがよく、その店で夜明かしもできる。
 月を見ながら月魚を食べつつ飲む酒は、ほかで味わえない趣があるという。
 ユエイタン。
 月の光から生まれる魚。
 いったいどんな魚なのか。
 これを見逃し食べ逃すなどあり得ない。

 二人はいそいそと馬を駆った。
 沢にある店は、すぐに分かった。
 小太りで威勢の良い女将が迎えてくれた。
 大柄の武人二人が来たのを見て、最初は何事かと思ったようだ。
 月魚を食べたいのだがと言うと、今は獲れないので夜まで待ってほしいといわれた。

 出された茶を飲みながら、女将の身の上話を聞いた。
 女将が夫とともにこの山に来たのは、十一年前だという。
 夫はこの沢がひどく気に入った。
 魚や山菜が美味で、景色は美しい。
 そして、トーガが群生していた。
 トーガは、辛くてさわやかな香辛料だ。
 清涼な気候で澄んだ水が潤沢な場所にしか生えない。

 夫と女将はここに腰を据えたいと考えた。
 村長はトーガの発見に喜び、領主に掛け合って二人の願いをかなえてくれた。
 女将と夫に限り格安の税率が適用される代わり、トーガは麓の村以外には売らないことが取り決められた。
 のちに四家族がこの沢にやって来た。
 夫は四家族にトーガを採ることを許した。
 夫は三年前に、いい人生だったと言い残して死んだ。

 月魚の存在には住み始めてすぐ気付いたが、その真価に気付いたのは二年目だったという。
 ある条件のもとで収獲し、あるやり方で食べた月魚は、この世のものとも思えないほどの珍味だったのだ。
 だが、ほんの少し時間をおいただけで、奇跡の味は失われる。
 だから、ここでしか食べられない魚なのだという。

 茶の次には酒が出た。
 山菜の和え物をつまみながら酒を飲んでいたとき、重大な問題が発覚した。
 酒の残りが少ないのだ。
 女将は四軒の家人に尋ねたが、二人の口に合うような上等の酒はなかった。

 馬で下りれば、麓の街まで大した時間はかからない。
 二人は月魚のために、街に下りて酒を仕入れることにしたのだった。




 2

 酒を買い込んで沢の店に戻ろうとしかけた二人は、道を進んで来る軍勢に気付いた。
 先頭を行くのは盾持ち兵士二人。
 そのあとに弓兵十人が続く。
 弓兵の後ろを行くのは五人の荷物持ちだ。
 背負った矢樽には、火矢が詰め込まれている。
 隊列の最後尾に騎士がいる。
 そのあとに町人らしき二人が続いている。
 部隊がまとう空気は、彼らがただならぬ任務の最中であることを告げている。

 部隊が通り過ぎたあと、人々の噂話から、その任務を知った。
 山の沢の集落で、死灰病(しはいびよう)が発生したのだ。
 店の女将が発病したのを、村の薬師が確認したという。
 長年人を助けてきた薬師の言である。
 領主はただちに騎士を派遣した。
 騎士は、村長に事情を説明するとともに、監督不行届を叱責した。
 そして今、騎士とその部下たちは、山に入るところなのだ。

 死灰病。

 バルドの知る限り、テルシア家の領土やその周辺で死灰病が発生したことはない。
 だが、もし発生していたとしたら。
 バルドはその村を、街を、焼き払わなくてはならなかった。
 そこに住む人々すべてを殺さなければならなかった。
 死灰病とは、それほど恐ろしい病なのだ。

 発病した者は、灰を塗りたくったような斑点が体中にできる。
 斑点は大きくなっていき、やがては体中が覆われる。
 そうなれば、すべての水分を垂れ流し、くるしみのたうちながら死んでいくほかない。
 その病人にわずかでも触れた者は、同じ病にかかる。
 村に病人が出ればその村を、街に病人が出ればその街を滅ぼしてしまう病なのだ。
 病人が隣の街に逃げだそうものなら、隣の町も滅んでしまう。

 兵士たちが、こわばった表情をしていたのも無理はない。
 病そのものも恐ろしいが、それだけではない。
 守るべき領民を殺さねばならないのだ。
 兵士たちはもう二度と安らかに眠ることはできない。
 街を巡回するさなかにも、殺した者の家族が、友人が、恋人が、こちらを見ているのではないかと感じるだろう。
 だがそれでも、やらねばならないことは、やらねばならない。
 その怖じける兵士たちを率い、つらい務めを断固として果たさせる騎士の苦しみは、大変なものである。

  いや。
  いや、待て。
  山の沢の集落じゃと?
  女将が発病したじゃと?
  つい一刻前まで、わしらと元気に話をしておったではないか。
  これは何かの間違いじゃ!

 バルドはそう思い、馬を駆って部隊に追いついて、指揮官である騎士に話し掛けた。
 だが騎士は横目でちらりとバルドを見たきり、立ち止まろうとも、話し合いに応じようともしない。
 誰が何と言おうとも耳を貸すな、とでも命令を受けているのだろう。
 兵士たちもバルドを無視しようとしている。
 心を固く閉ざさなければこのような任務は果たせない。
 彼らは必死で耳をふさいでいるのだ。

 このままではらちが明かないと考え、バルドはゴドンを連れて部隊の先回りをして、山道を上がった。
 騎士以外は徒歩なのだから、行軍速度は速くない。
 沢の少し手前に、単騎で部隊を食い止めるのに都合良い地点があった。
 二人ははそこで待機した。

 やがて部隊がやって来る。

 どうすればよいのだろう。
 部隊を食い止めておいて、女将や集落の人々を逃がすか。
 だが、事は死灰病なのだ。
 逃げた者は徹底的に探され、殺される。
 そもそも、あの女将は夫との思い出の家をそう簡単に捨てはしない。

 部隊を追い返すか。
 ゴドンとバルドの二人なら、それは可能かもしれない。
 とはいえ、相手には盾と矢があり、重装備の騎士もいる。
 対するこちらは、旅にふさわしい軽鎧をまとっているだけだ。
 手加減などしようもない戦いになる。
 そもそも、追い返したとしても、沢の集落に平安は訪れない。
 どうすればよいのか。

 自分がこの部隊の指揮官なら、沢に着いてからどうするだろう。
 集落の中には絶対に入らない。
 取り囲むように兵を配置し、遠間から矢を撃ち込んで、集落を焼き払うだろう。
 飛びだしてくる者があれば射殺す。
 顔が見え、話ができるような距離には近寄ろうとしないだろう。
 ということは。

  ゴドン!
  女将をここまで連れてくるのじゃ。
  急げっ!

 ゴドン・ザルコスにそう命じた。
 ゴドンは、おうっ、一声吠えて山道を駆け上って行った。
 これからしばらくのあいだ時間をかせげばよい。
 これ以上部隊を上に進ませてはいけない。

 来た。
 部隊がやって来た。
 兵たちの足が地を打つ音は、不自然に力強い。
 おのれを鼓舞しなければ前に進めないのだろう。
 声が届く距離になったとき、バルドは大声を発した。

  パクラの騎士バルド・ローエンと申す。
  沢の集落のことにつきて申し上げたき儀これあり!
  指揮官殿のご尊名を伺いたし。

 これに対し、初めて指揮官は返答をよこした。

「それがしはドラノーの騎士マルガゲリ・エコラ。
 旅の騎士殿。
 差し出口はご無用に願いたい。
 道を開けられよ」

 強く深い声だ。
 年輪を重ねた戦士の声だ。
 部隊は少しも速度を緩めない。
 盾持ちを先頭に、縦一列に並んで進んで来る。

 バルドは、ほんの二刻前に無事な女将の姿を見たのだ、と言おうとして思いとどまった。
 それは、死灰病の病人に触れた、と告白するにひとしい。
 その言葉を発すれば、問答無用でバルドを殺しにかかるだろう。
 もう盾持ちの兵とバルドの距離は十歩ほどだ。

 バルドは剣を抜いた。
 斬り込もうとして抜いたのではない。
 牽制するためだ。

「盾、構えっ。
 突撃!」

 指揮官が鋭い声で命じた。
 盾持ち二人が盾を構えてバルドに突進してくる。
 領主の命により緊急の軍事行動にある部隊に剣を向けたのだから、矢で射殺されても文句は言えない。
 そうであるのに矢も剣も使わず盾で押しのけようとするのだから、この指揮官は非情の人ではない。

 歴戦の騎士であるバルドからすれば、盾持ち二人をいなして弓兵の列に突っ込み、部隊を混乱状態に陥れることは難しくない。
 だが、それをすれば戦闘になる。

  どうすればよいのじゃ。
  スタボロスよ。
  教えてくれ。

 左手で、スタボロスの形見である剣鞘をなでた。
 迷う間もなく、盾持ちの兵が突っ込んできた。
 バルドは思わず古代剣の剣先で盾を突いた。

  しまった!

 バルドは自分自身の行動にあわてた。
 古代剣の剣先は、とがっていない。
 すっぱりと横に断ち切られたような形をしている。
 これで突いたところで、盾をどうすることもできない。
 どうかしてしまうのは、バルドの肩だ。
 相手は大柄な兵士だ。
 体ごと突進してきている。
 先の平たい剣でこれを突けば、その衝撃はすべてバルドの肩にくることになる。

 盾と古代剣がぶつかる瞬間。

 青緑の燐光が輝くのをバルドは見た。
 肩には痛みも破壊も訪れなかった。
 物を突いた手応えはあったが、それはごく軽いものだった。

 盾持ちの兵が受けた打撃は、軽いものなどではなかった。
 先頭の盾持ちは後ろに吹き飛んだ。
 すぐ後ろを走っていた盾持ちは、先頭の盾持ちを支えるどころか、一緒になって後ろに吹き飛んだ。
 二人は八歩ほど離れていた弓兵の列に突っ込み、兵たちをなぎ倒した。
 弓兵たちは将棋倒しになり、結局、指揮官以外のすべての兵は、その場に倒れ伏した。
 指揮官の騎士は思わず馬を止めて目を見開いた。

「な、なんという武威。
 待てよ。
 バルド……。
 バルド・ローエン?」

 そのとき、山道の上のほうから馬を駆る音が近づいてきた。
 ゴドンだ。
 後ろに女将を乗せている。

「待てーーーー!
 待て待て待てーーー!
 わしは、〈人民の騎士〉バルド・ローエン卿の供、メイジアの騎士ゴドン・ザルコス。
 この通り、沢の店の女将を連れて参った。
 この女将のどこが死灰病かーーっ。
 しかとその眼で見届けよっ」

 と叫びながらバルドの脇をすり抜け、馬を止めて降り、女将を下ろした。
 目の前に女将を連れて来られれば、見ないわけにはいかない。
 そして、間近に見れば、死灰病になどかかっていないことは明らかだ。

「これはっ?
 薬師殿。
 これはいったいどういうわけか!」

 指揮官の声には厳しい詰問の響きがある。
 薬師の男は、その場にへたり込んだ。
 薬師の横にいた男が走って逃げた。
 兵士二人が追って取り押さえた。
 その男を見た女将は、

「あれえ?
 そん(しと)は、ここしばらく、うちの店を売れ売れいうて、うるそう言ってきよった(しと)じゃのう。
 この辺じゃあ見ん顔じゃけど」

 指揮官の騎士が剣を突き付けたところ、すぐに真相を白状した。

 男は、この大領主領の北方を荒らしていた盗賊団の一味だった。
 派手な稼ぎをしすぎたために、騎士団が派遣され、一味は壊滅した。
 男一人が追跡を振り切り、この山に来た。
 隠れ家から持ち出した大金を、山の中の目印の木の下に埋め、身軽になって遠方に逃げた。
 それが十五年前のことである。
 今年になって、ほとぼりがさめたと見極めて帰って来た。
 大金を埋めた場所に行って驚いた。
 木は切り倒されて店が建っていたのだ。
 店を譲れと迫ったが、女将は取り合わない。
 どうしたものかと思案していると、薬師の男とばったり遭った。
 この薬師も昔は盗賊団の一味だったのだ。
 正体をばらされれば首が飛ぶ。
 薬師は男に脅されて、沢の女将が死灰病を発病したと、領主に訴え出たのだった。




 3

「どうなりますかなあ、あの薬師」

 薬師は、長年村に尽くしてきた。
 夜中でも快く診察してくれるし、貧しい者からは無理に薬代を取ろうとはしなかったという。 
 優しい薬師だと、村人たちに慕われていたらしい。
 昔の罪は罪として、死罪は免れるかもしれない。
 とはいえ、死灰病だと嘘をつくというのは、薬師としておよそ最悪の罪だ。
 本来は火あぶりだ。

 女将は、自分の家の下に大金が埋まっていると聞いて仰天していた。
 もう夜になるから、護衛のため兵士二人が泊まり込み、詳しい調査は明日することになった。
 指揮官の騎士は、なんと沢の店の常連だった。
 女将を殺さずにすんだのはあなたがたのおかげでござる、とバルドとゴドンに頭を下げた。

 ぜひ領主の館にお越しいただきたいといわれたが、それは固辞した。
 バルドの名はともかく、メイジア領主ゴドン・ザルコスの名は、この辺りではよく知られているだろう。
 他領の領主がよそのもめごとに首を突っ込んだとなると、双方にとって具合が悪い。
 何もなかったことにするのが最上だ。
 ゴドン・ザルコスはここには来なかったのであり、したがって領主の館にも行かないほうがよい。
 バルドはそう指揮官を説いた。
 実のところ、体がひどくだるく、ずきずきと頭も痛んだので、面倒なことがいやだったのだ。

「昔は残忍な強盗だった男が、優しい薬師として人に慕われるような生活をするとは。
 人間とは、分からないものですなあ」

 そうだ。
 人間というものは、分からないものだ。
 分からないといえば、この古代剣も分からない。
 ゴドンとの対決では力を現さなかった。
 あれから今日まで、何度も野獣を切ったが、一度も不思議な力はみていない。
 もしや魔獣が相手でなければ真の力が出ないのか、などと考えていた。
 だが先ほどは魔獣が相手ではなかった。
 いったい、どうなっているのか。

「それにしても、月魚は食いっぱぐれてしまいましたな」

 バルドは思わず手綱を引いて、馬を停止させた。

  月魚を食べそこねた、だと?

 バルドはくるっと向きを変えて、引き返し始めた。

「おおっ?
 お、伯父御?
 帰るのですか。
 めんどくさいのがいやだからと、今日は野宿に決めたのでは?
 村を通らねば山には入れませんぞ。
 あんなに盛大に見送ってもらって、今さら帰るのですか?
 伯父御?」

 明日になれば埋められた大金を探すため、店の一部は壊されてしまうだろう。
 今夜なら、まだ間に合う。
 月魚は満月の夜が一番うまいと女将は言っていた。
 まさに今夜は、二つの月が真円に輝く日だ。
 姉の月(スーラ)はすでに中天にあり、妹の月(サーリエ)は山の端に顔を出したところだ。
 プラン酒も買い込んである。

「お、伯父御ー。
 そんな、に、急がな、くて、もー」

 ゴドンは分かっていない、とバルドは思った。
 物事には軽重の区別があり、緩急のけじめがある。
 重要な事柄を前にしては些事にこだわるべきではない。
 急ぐべき事柄を前にしては行動をためらうべきではない。

 二つの月については、こんな伝説がある。
 星神ザイエンが、姉妹の姫に結婚を申し込んだ。
 姉の姫は、取る物も取りあえず駆け付けて妻となった。
 妹の姫は、美しく着飾ることに時間を取られ、間に合わなかった。

 ゆえに、姉の姫は〈星神の妃(スーラ)〉と呼ばれ、妹の姫は〈あとから来た者(サーリエ)〉と呼ばれる。
 サーリエは、嫁に行けず祖先の財産をすべて譲り受けたため、〈すべてを持つ者〉とも呼ばれる。
 妹の月(サーリエ)は、姉の月(スーラ)より、うんと小さいのに、ずっと明るく、速い。
 今夜も、磨き上げた白銀の馬車で、姉の姫(スーラ)を追いかけているのだ。
 スーラは優しくほほえみながら、妹が追いつくのを待っている。 

 急げば、二つの月を見上げながら月見酒が飲める。
 いや、もしかしたら、今夜は〈合〉の日だったか。
 二つの満月が重なるとき、サーリエは姉に照らされて光の宝冠をまとう。
 〈合〉の双月を見ながら飲む酒は、格別の味わいだ。
 きっと月魚とやらも、とびきりのうまさに違いない。
 サーリエがスーラに追いつくまでに、沢に着かねばならない。

 走れ。
 さあ、走れ。

 美しきサーリエが虚空を駆けのぼり、地上を鮮やかに照らしてゆく。
 次第にくっきりと描かれていく人馬の影は、二振りのナイフのように草原を切り裂く。
 生い茂る草に初夏の香りをかぎながら、バルドは栗毛の馬を駆った。










8月1日「ジャミーンの勇者(前編)」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ