挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
辺境の老騎士 作者:支援BIS

第1章 古代剣

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

22/184

第2話 鉈剣(後編)



 3

 剣もどきを見た。
 大丈夫だ。
 折れてはいない。

 バルドは、驚いていた。
 遠慮せず振ったときの感触が、非常によかったのである。
 重心が先寄りであるため、剣の長さからは考えられないほど打撃力が乗る。
 それにしても、強靱な川熊(ドウァーヴァ)を一撃で倒すなど、出来すぎである。

 などと考えている場合ではない。
 野獣はまだ二匹いるのだ。
 急いで二匹目の所に向かった。

 二匹目は、左目に折れた矢が突き刺さっている。
 猟師か弓の心得がある者がいたのだろう。
 今、弓で攻撃している者がいないところからすると、その者は傷を受けて後退しているのだろうか。

 バルドは、今度は積極的な戦法に出た。
 川熊の正面から飛び込み、振り回してくる前脚をかわして目が見えない側に回り込み、背中のまん中に剣もどきをたたきつけたのである。
 すばやく離脱して、反撃に備える。

 ところが、反転しようとした川熊が、身をよじって倒れた。
 信じられないことに、背中への一撃が背骨に重大な損傷を与えたようである。
 一瞬このまま置いて次に行こうかと考えたが、手負いの獣は危険である。
 倒しておいたほうがよい。

 ひっくり返ったまま四肢を振り回す川熊に慎重に近寄ると、腹のまん中を剣もどきで斬り裂いた。
 剣もどきは、意外にも操作性にすぐれている。
 こんな先調子であるにもかかわらず、ぶれずに狙った通りの場所に入ってくれる。
 バルドは、剣もどきが気に入ってきた。

 だが、川熊はまだ動きを止めない。
 止めないどころか、身をひねって立ち上がり、バルドに噛みつこうとした。
 バルドは、思わず川熊の目と目とのあいだ、つまり脳天に剣もどきをたたきつけた。

  しまった!

 と思った。
 顔面の、それも額辺りは、最も硬く厚い骨に守られている。
 川熊の頭などをまともに殴れば、青銅の剣なら折れる。
 鋼鉄の剣であっても、力の具合によっては折れてもおかしくない。

 だが、次の瞬間バルドが感じたものは、剣もどきの折れる感触ではなく、やすやすと頭蓋骨を断ち切り脳みそにまで食い込む感触であった。
 剣もどきを引き抜くと、川熊はその場に崩れ落ちた。
 右肩が、ずきりと痛みを発した。
 わっと歓声が上がる。

「騎士様!
 後ろだっ」

 歓声に混じって、注意をうながす声が聞こえる。
 むろん、バルドも気付いていた。
 三匹目の川熊が、後ろから襲い掛かってきたのだ。

 振り向きざまに、川熊が攻撃してきたその右前脚に斬りつけた。
 もはや、剣もどきの折れる心配など忘れていた。
 川熊の腕は、斬り飛ばされた。
 川熊は、負傷をものともせず、反転して再び襲い掛かった。
 バルドはこれをかわして、首の後ろに斬りつけた。
 川熊は再び反転しようとして、首がぐらりと大きく揺れ、あり得ない角度に曲がった。
 切り口から血が噴き出し、川熊は死んで倒れた。

 今までで最も大きい歓声が上がり、それは長く続いた。
 バルドに駆け寄ってくる者もいたが、バルドは厳しい顔つきで、森のほうをじっとにらんでいた。





 4

 森のほうに歩いて行った。
 柵が壊されている。
 獣たちは、ここから入ってきたのだろう。

  まだ、おるのう。
  何かがおるわい。

 バルドは、森をじっとにらみつけた。
 村人たちも、バルドの様子に気付き、騒ぎをやめて、見守っている。

 森から何かが出てきた。
 のそり、のそりと。
 川熊である。
 先の三匹よりずっと大きい。

 村人たちは、あまり恐れていないようだ。
 バルドがいるから大丈夫だと思っているのだろう。
 だが、バルドの顔面は蒼白(そうはく)だった。

  魔獣(キージェル)じゃ!

 どうしてこんな所に。
 魔獣が()むのは、大障壁(ジャン・デッサ・ロー)の向こう側である。
 この村は、大障壁から遠く離れ、大河オーヴァに近い。
 とはいえ、オーヴァ川の西でも魔獣が出ることはあるという。
 ましてここは辺境だ。
 現に目の前に魔獣がいるのだ。

 川熊たちが、異常に攻撃的だったわけが分かった。
 この魔獣の影響だ。
 分かったが、どうしようもない。

 魔獣、それも川熊の魔獣となれば、鋼の剣でもかすり傷しか付けられないだろう。
 それをいうなら、魔剣があっても、それだけでは倒すのは難しい。
 数ある魔獣の中でも川熊の魔獣はとにかく皮が硬い。
 魔剣の刃さえ容易に通さない。
 そのうえ打たれ強い。
 盾持ちの騎士が何人かと、毒矢の射手が何人か、それに金属槍が何本か欲しいところである。
 走る速度はそう速くないから、じゅうぶんな広さがあれば、馬の速さを活かして戦えるのだが。

 来る。
 来る。
 川熊の魔獣が近寄ってくる。
 バルドは、魔獣から目をそらさずに、村人に叫んだ。

  これは魔獣じゃ!
  わしが引きつけておるあいだに、皆、逃げるのじゃ。

 だが村人たちは、逃げようとしない。
 辺境に住んでいれば、魔獣を知らないはずはない。
 だが、この辺りが魔獣に襲われたことなどないのだろう。
 その恐ろしさを知らないのだ。
 バルドが、三匹の川熊をあざやかに倒したことも、あだとなった。
 村人たちは、勝利に酔い、闘技場での戦いを見るような気持ちで、バルドが川熊の魔獣を(ほふ)る瞬間を見逃すまいとしている。

 バルドは、こんな怪物とまともに戦う気などなかった。
 戦おうにも、金属鎧なしでは、わずかな時間稼ぎもおぼつかない。
 だが、後ろの村人たちが、動こうとしない。

 来る。
 来る。
 もう魔獣は、すぐそこまで来ている。
 と、魔獣が足を止めた。
 真っ赤な目で、バルドを見ている。

 突っ込んで来る気だ!
 かわせば、後ろの村人たちが殺される。
 バルドは、ここで今死ぬことを決めた。
 戦って死ぬなら、望むところだ。
 その代わり、魔獣に一太刀浴びせる。

 右肩はずきずき痛み、腰は悲鳴を上げている。
 何度も剣を振ることはできない。
 せめて一撃を思いっきり振る。

 狙うのは腹だ。
 腹もとてつもなく強靱だが、背中などよりはずっと柔らかい。
 運よく臓腑(ぞうふ)にまで届く傷を与えられれば、それはやがて腐り、この魔獣を弱めるだろう。
 命と引き替えなら、その程度の傷は与えられるかもしれない。
 あとは、剣もどきがその一撃に耐えられるかどうかだ。
 バルドは、腰に吊った剣鞘に左手で触れた。
 馬のひづめの音が聞こえたような気がした。

  スタボロスよ。
  今がそのときか?
  わしを迎えに来ておるのか?

 魔獣が立ち上がった。
 バルドは、右手の剣もどきを強くにぎって、

  ならば、スタボロスよ。
  ただ一振りでよい。
  力を貸せ!

 と心で祈るや、剣を肩の上に担ぎ上げるように構えて、飛び込んだ。
 大きく振りかぶることは、右肩の調子が許さないから、これが最も打撃力の上がる構えなのだ。
 魔獣が、両腕を大きく振り上げた。
 目はらんらんと妖光を放っている。
 老いた身が許す精一杯の力を込め、バルドは剣を振り下ろした。

 その瞬間。

 鉈剣(なたけん)、と雑貨屋のあるじが呼んだ不思議な形の剣は、青緑の燐光を発した。
 燐光は刀身全体を包み、夜の闇に輝いた。
 わずかでも食い込め、とばかりにバルドがたたきつけた一撃は、魔獣の喉元から股関節近くまでを縦一文字に切り裂いた。

 両腕を振り上げたまま動きを止めた魔獣が、身をよじりながら一歩前に出た。
 すると内臓が激しい勢いでこぼれ出た。
 魔獣が身もだえするにしたがい、血と内臓があふれてくる。
 狂光が目から消え、巨体が、血しぶきを上げながら前のめりに倒れ込んだ。
 血が猛烈な勢いで地を浸していく。
 バルドのブーツも服も血まみれである。

 村人たちが、狂ったように歓声を上げた。





 5

 村人たちは、しばらく狂乱の大喜びをした。
 けが人はあっても死んだ者はないとのことで、バルドも安堵(あんど)した。
 村人たちに、青緑の燐光を見たかと訊いた。
 皆、知らない、見なかった、と答えた。
 暗がりの中で、あれほどはっきり光を放ったのだから、見えないわけがない。
 いったいどういうことなのか。

 だが、バルドに考え事をする余力はなかった。
 大きな疲労感に襲われたのだ。
 ようやくのことでベッドにたどりつき、倒れ込むなり意識を失った。
 夢を見ることもなく、泥のように眠った。

 翌朝日が昇ってから目が覚めた。
 洗濯したての衣類に着替えさせられていた。
 服やブーツも洗ってくれていた。

 ベッドの横の木箱に、鞘と剣もどきが置いてあった。
 バルドは起き上がり、その無骨な鉄の塊を手に取った。
 村人が血を洗い流し、乾かし、拭いてくれたようだ。

  これは、魔剣(エルグォードラ)だのう。
  じゃが、普通の魔剣ではない。

 バルドは、テルシア家の魔剣は、何度も使ったことがある。
 他の領主が持つ魔剣も、二度ほど見たことがある。
 すごいものだと思った。
 人の世でそれ以上はない武器だと思っていた。

 だが、目の前のこの剣もどき。
 この剣もどきが昨夜みせた、切れ味というのもおかしいほどの威力。
 何より、あの燐光。
 あれは。

 古代の英雄たちは、巨人や妖魔と戦った。
 その戦いの中で、さまざまな武器や技を生み出した。
 その中の一つが魔剣である。
 英雄たちは、飛竜(イェント・ナーダ)と心を通わせてその背に乗り、神なる竜(メギエリオン)の加護を受け、魔剣をふるって異形どもを打ち倒したという。
 むろん、それは神話のたぐいであり、歴史の事実ではない。

 現代の魔剣は、伝説になぞらえてそう呼ばれるが、不可思議な力の産物ではない。
 地道な研究の末に生み出されたものだと聞いている。
 古代に本当に魔剣があったとしても、もうすでにそれをしのいでいる、といわれているという。

 目の前のこれは。
 この妙な形の剣は。
 これこそが、古代の魔剣なのではないか。
 巨人や妖魔までも斬り裂いたとされる、古代の英雄たちの武器なのではないか。
 そうとしか思えない。

 バルドは、笑った。
 笑うほかない。

 かつてバルドは、魔剣が欲しくてならなかった。
 魔剣さえあれば、どれだけの命が救えていたことか。
 都の商人がリンツに魔剣を持ち込んだ、と聞いたときは、全財産と引き換えにしても手に入れようとした。
 結局それは偽物だったが。

 今になって。
 老いて衰え、戦う力を失い。
 引退して、〈大障壁〉の切れ目からも離れ、気ままに死出の旅をさすらう今になって。
 誰もが存在さえ知らないような、本当の魔剣が手に入るとは。

 この老いぼれに、今さら何をせよというのか。
 運命の皮肉に、笑うしかなかった。




7月10日「騎士志願の少年(前編)」に続く
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ