挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
辺境の老騎士 作者:支援BIS

第1章 古代剣

21/184

第2話 鉈剣(前編)


 1

 バルドは、名前も聞いたことのない村にいた。
 なかなか大きな村だ。
 ありがたいことに雑貨屋があったので、入った。

 とにかく、武器が必要だ。
 剣でなくてよいから、何かの武器が。
 辺境では、よほど大きな街でも、剣を店に置いて売るようなことは、まずない。
 青銅の剣でも置いてあれば、珍しいといえる。

 騎士の使う剣は、(はがね)で作られる。
 鋼は、高価で希少なものなのだ。
 ほぼ例外なく注文して作らせる。
 さもなければ、主君や先達から譲り受ける。

 村の雑貨屋に金属の武器などあるはずもない。
 あってもナイフぐらいのものだ。
 それも、野獣にふれたらくにゃりと曲がるか、ぽきりと折れるようなものしかないだろう。
 刃物でなくてもいい。
 棍棒(こんぼう)でもいいから、当面の武器になるものが欲しかった。

 壁に一本の剣が(つる)してあった。

 いや。
 それを剣と呼んでいいかどうかは微妙だ。
 (つか)のこしらえは、非常に立派である。
 恐ろしく古びてはいるが、由緒ある品といわれても信じるかもしれない。

 だが、(やいば)ときたら。
 それを(やいば)というのもおこがましいだろう。
 剣先が鋭くさえない。
 鋭くないどころか、先端が真横に切れている。
 簡単にいえば、長方形の平たい金属の塊である。
 握りのほうより先端のほうに向かって、少しずつ幅が広くなっている。
 突く、という動作は初めから否定されているわけだ。

 片刃である。
 騎士の剣は、ふつう両刃(りようば)、つまり諸刃(もろは)だ。
 剣身(ブレード)の背も腹も(エッジ)なのである。
 そして例外なく先端を(とが)らせてある。

 片刃であることに文句はいわないが、これはそもそも()なのか。
 指を押し当てても、切れそうな気配はない。
 全体が灰色に濁っていて、およそ武器らしい感じがしない。

 第一、この刀身は何か。
 刀身の両側に、うねうねとした大きなひきつりがある。
 どうやったらこんなものが付くのか、見当もつかない。
 だが、たぶん鉄だ。

 バルドが、じっとその剣もどきに見入っているので、店の主人が声を掛けた。

「お武家様。
 それは、なかなかの業物(わざもの)ですぜ」

  わざもの、が聞いてあきれるのう。
  そもそもこれは、剣ではあるまい。
  (なた)か。

 とバルドは()いた。

「へ、へえ。
 鉈剣(なたけん)、と呼んどります。
 まあ、鉈のような剣というか、剣のような鉈というか」

  鉈としても、こんなみみず腫れのようなものが付いていたのでは、使いにくかろう。
  なぜ削り落とさん。
  第一、売り物なら、刃研(はと)ぎぐらいしておいたらどうか。

 とバルドが言うと、

「へ、へえ。
 いやね。
 研ごうとはしたんですけどね。
 研げねえんで」

 と、言い訳にならない言い訳をした。
 バルドは、剣を持ち上げてみた。
 重い。
 鋼であるはずはないが、それなりにしっかりした材質のようだ。
 長さは、前に持っていた剣と同じぐらいだ。
 つまり、本格的な戦闘に使うには小振りだが、護身用に携帯するにはじゅうぶん、といった長さである。

 振ってみる。
 長さからは考えられないほど、しっかりした手応えがある。

 剣というものは、それ自体金属の塊であるから、重い。
 重さがなければ威力も出ない。
 それ自体が重いのであるから、先端をわざわざ重くする必要はない。
 思いのままに振り回すためには、先を軽くし、手元を重くするぐらいで、ちょうどよい。
 細剣はともかく、普通の剣は、先にいくほど細いのが普通である。
 そのほうが折れにくくもある。

 ところが、この剣は、先のほうが重い。
 しかし、短めの剣だから、振れなくはない。

 振れなくないどころか、何度か振ってみると、なかなか振り心地がよい。
 もともと、棍棒でもよいと思っていたぐらいなのである。
 鉄の塊なら、言うことはない。
 握りの部分は、非常によく出来ているのである。

 拳で刀身をたたいてみるが、すぐに折れてしまいそうな感じでもない。
 まあ、実際に獣を切れば、一度で折れても不思議はないが。

 値段を聞いてみると、思ったより安い。
 店主ももてあましていたのかもしれない。
 リンツ伯からもらった金の一部を持っているので、懐は温かい。
 値切りもせずに買い取った。

 革鞘(かわざや)に剣を収めてみる。
 スタボロスの尻の皮で作った鞘だ。
 収まり具合はよい。
 先端が余っているが、足りないよりは断然いい。
 腰に吊ると、ずしりとした重さを感じた。

  うむ。
  やはり腰が(から)だと寂しいわい。
  鉈の出来損ないでも、ないよりは百倍ましだの。

 バルドは、上機嫌になった。
 金属の塊が持つ暴力性が、安心感をくれた。
 村に泊まれる場所があるかと訊くと、村長の家にいえば、斡旋してくれるという。
 馬は売っていないかのう、と訊くと、今村には売れる馬はないと思う、という答えだった。

 荷物はずいぶん減らしたのだが、それでも持って長旅をするのは、やはり無理だ。
 どこかで馬を買わねばならない。
 少し塩を買い、村長の家を訊いて雑貨屋を出た。

 村長の家に行き、今夜の宿を探しているのじゃが、と言うと、それならわが家にどうぞと言われた。
 井戸のそばに行って水を汲み出し、体の汚れを落とした。
 食事は、ありふれた野菜の煮込みだったが、味付けがなかなかよく、おいしく食べられた。
 この村で穫れたというワインは、とても飲みやすい味で、何杯もおかわりしてもらった。
 寝床は、木のベッドにわらを敷き、継ぎ合わせた布を掛けた粗末なものだったが、久しぶりのベッドなので、ぜいたくに感じた。
 夢も見ないで眠りに落ちた。




 2

「お武家様!
 お武家様!
 お休みのところを、申し訳ございませんっ。
 お起きくださいませっ。
 お武家様!
 お武家様!」

 切迫した様子で戸をたたく村長に、入れ、とバルドは言った。

「あ。
 起きておいででしたか。
 じ、実は、野獣が村に入り込んでまいりまして。
 男衆が追っ払おうと頑張っておるんでございますが、ひどく手強いようで、もう村人が何人も大けがをしております。
 お願いできる筋合いではございませんが、なにとぞ、なにとぞ、お救いくださいませっ」

 こんな年寄りにすがりつくとは、よほど切羽詰まっているのだろう。
 バルドは、先ほどから騒ぎが段々大きくなるのを耳にして、もう身支度を済ませていた。
 ただ、武器が心許ない。
 バルドは、村長に、剣か槍か、何か武器はないか、と訊いた。
 棍棒ぐらいしかない、という。

 バルドも、今日買った剣もどきのほかには、短弓しかない。
 短弓は、鳥などを射るもので、とても大型の獣の相手は務まらない。
 商人と護衛は次の街に行ったし、戦える者はほかにいないのだろう。
 この剣もどきで、できることをするしかない。

 駆けつけてみると、川熊(ドウァーヴァ)が三匹暴れていた。
 まだ若く小さい川熊だ。
 四本の足で動き回る体高が大人の腰より少し低い。
 立ち上がっても、大人の身長には届くまい。

 この獣は、そう凶暴ではないはずだが、今はひどく荒れ狂っている。
 たくさんの村人が、棒や農具などを持って、牽制(けんせい)している。
 たいまつを持って照らしている者もいる。
 何人かは、荷車を川熊に向けて、押さえ込もうとしている。
 しかし、川熊は、非常に力が強い。
 たちまち、一台の荷車が、川熊の一撃を受けてばらばらになった。
 バルドは、剣もどきを鞘から抜いて、一匹の前に立った。

「お、お武家様だー!」

「き、騎士様が来てくださったのかっ?」

「た、助かった」

「騎士様ーっ。
 お願いします。
 騎士様ーっ」

 今夜は、姉の月(スーラ)は山の向こうに隠れているようで、独り妹の月(サーリエ)が村を照らしている。
 薄い雲が空を覆って月明かりは弱く、人の姿はぼんやりとしか見えない。
 まともな武器さえ持たない老騎士も、心強い武人に見えているのだろう。

 バルドの殺気に反応したのか、川熊(ドウァーヴァ)が飛びかかってきた。
 バルドは、川熊の動きをよく見ながら、手の攻撃をかわし、首筋に上から剣もどきをたたきつけた。
 ただし、じゅうぶんに威力を加減した。
 本気でたたきつけたら、剣もどきが折れてしまう。
 何しろ川熊の皮はやたらと硬い。
 これが折れたら、いよいよ後がない。

 村人たちから歓声が上がった。

 剣もどきは、これぐらいの衝撃には耐えられるようで、とりあえず折れなかった。
 その代わり、川熊に与えたダメージも大したことはなかったようだ。
 川熊は、怒りの吠え声を上げた。

 村人たちから悲鳴が上がった。

 川熊が、どたどたと走り寄って、かみついてきた。
 バルドは、これをかわして、首筋に剣もどきをたたきつけた。
 さっきより、少し強く。
 だが、川熊は、ひるむ様子をみせない。

 妙だの、とバルドは思った。
 川熊は意外に臆病な獣である。
 傷を受ければすぐ逃げる。
 そもそも、こんなに大勢の人間がいる所で暴れること自体、妙といえば妙である。

 川熊が走り寄り、今度は右前足で攻撃してきた。
 移動速度は遅いが、手を振る速度は速い。
 しかも、明かりのろくにない夜のことであり、見えにくい。
 当たれば一撃で戦闘不能にさせられる威力である。
 これもかわして今度は右前足の付け根に一撃を入れた。

 村人から歓声が上がる。
 川熊の怒りの叫びが上がり、村人が静かになる。
 川熊はいらいらしているようであるが、バルドもいらいらしてきた。

  なんで武器に気を遣って戦わねばならんのじゃ。
  ええい!
  折れてもかまわんっ。
  次は思いっきり斬りつけてやるわ!

 川熊は、バルドの近くにくると二本足で立ち上がり、恐ろしい形相で両方の前脚を振り上げた。
 その二つの前脚が振り下ろされるより早く、懐に飛び込んだバルドの武器が川熊の喉元にたたきつけられた。

 剣もどきは折れなかった。
 折れなかったどころではない。
 深々と川熊の喉に食い込み、首の半ばを断ち切った。
 バルドは、剣もどきを急いで引き抜き、川熊から離れた。

 川熊は、両手をあげたまま動かない。
 ゆっくりと、前に傾き。
 どざん、と倒れた。

 一瞬、村人たちは、しいんと静まり。
 そして大歓声を上げた。




7月7日「鉈剣(後編)」に続く
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ