挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
辺境の老騎士 作者:支援BIS

ショートストーリー

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

184/184

企望

明けましておめでとうございます。
2017年お年玉SSです。
1

「ほう、バルド。アイドラが、ずいぶん機嫌よく笑っているね。この()は、お前のことを、よほど気に入っているようだ」
「ハイドラ様、そんなことはありません。アイドラ様は、誰にでも最高の笑顔をくださるんです」
「いや、そうでもないんだよ。とにかくこの()は、好き嫌いがはっきりしていてね。機嫌をそこねてしまうと、それはもう」
 大陸暦四二二六年。
 この年のはじめ、バルドにとって忘れがたい出来事が、いくつかあった。
 まず、バルドが十四歳になった。つまり、こども扱いされる年齢を終えた。
 次に、バルドは従騎士になった。つまり、騎士になる道が開かれ、訓練が本格的に始まった。
 また、はじめて生きている魔獣を目にし、戦った。
 そして、アイドラが生まれた。足かけ四年にわたり、テルシア家当主エルゼラの従卒を務めたバルドは、テルシア家の人々から家族の一員であるかのように親しみを寄せられている。次期当主たるハイドラに、アイドラという娘が誕生したことは、バルドにとっても、限りなく尊く喜ばしい出来事だった。
 それにしても、かわいい。
 この笑顔をみると、修業のつらさや、体の痛みなど、たちまち消え去る。
 きゃっきゃと笑う声を聞くと、心に勇気と活力が湧き出してくる。
 だから、エルゼラの従卒ではなくなった今も、足しげくアイドラ姫のもとに通うことはやめられない。
 ただし、平民同然の郷士の家から出たバルドが、そのように主家の居住区に入りびたることは、いわば分を越えた振る舞いであり、快く思わない者もいた。

2

「そらっ、どうした! さっさと起きて、かかってこんか!!」
 騎士ニクスが巨体を震わせて怒鳴る。
 転倒したバルドは、その声の大きさに、頭蓋骨をぶるぶると揺さぶられたような錯覚を覚えた。
「くそうっ」
 跳ね起きて、そのままの勢いで剣をたたき付ける。
 だが渾身の一撃も、ニクスが構えた練習用の盾にやすやすと食い止められてしまう。
 次の瞬間、脇腹を強烈な打撃が襲った。
 バルドは、今度は横に吹き飛ばされた。
 地に落ちて、土ぼこりを立てながら転がる。
 何が起きたかはわかっている。騎士ニクスに蹴り飛ばされたのだ。
 体勢を立て直そうとするバルドの頭上から、剣が降ってきた。
 かろうじて左手にくくりつけた盾を構えるが、中途半端な防御で騎士ニクスの攻撃が止められるものではない。そのまま騎士ニクスの剣は、防御をはじき飛ばしてバルドの頭を痛撃した。
 練習用の木剣は、重量を持たせるため、太い。直撃されたら命にもかかわる。
「ふんっ。エルゼラ様に気に入られようと必死のようだが、そんなことでは騎士にはなれんなあ。騎士になりたければ、他領に行け」
 他領に行け、というのは、テルシア家の騎士や従騎士にとり、最大の侮辱である。「お前はパクラ領では通用しない」と言われているのだ。
 ののしりの言葉をつぶやいて立ち上がろうとしたところで、バルドの意識は途絶えた。

3

 バルドが年齢のわりには体格がよいといっても、小柄なおとなとならばともかく、鍛え上げた騎士と比べれば、まだまだみおとりがする。
 まして騎士ニクスは、テルシア家でも格別によい体格をしている。バルドからみれば、まるで巨人だ。本格的な騎士修業を始めたばかりのバルドには、到底太刀打ちできる相手ではない。
 どういうわけかニクスは、バルドにからんでくる。
 訓練の相手に、しばしばバルドを指名してたたきのめす。顔を合わせれば嫌みをいう。
 けれどバルドは、ニクスを憎む気にはなれなかった。
 ニクスの顔は、傷だらけだ。体も同じである。
 それは騎士ニクスが、主家のため、人々のため、身を惜しまず戦い続けてきた証しだ。
 それを思えば、憎むなどということができるわけはなかった。
 しかも、厳しい稽古は、バルドの望むところだった。
 バルドは強くなりたかった。ただただ強くなりたかった。
 それは今のところ、騎士の御園ガルデガット・ライエンに迎えられるような騎士になりたいという以外、目指すところの定まらない願いではあった。が、身心の奥底から絶え間なくあふれ出る奔流のような生命の力を向ける先は、強くなるということ以外には思いつかなかったのである。
 だからバルドはニクスを避けなかった。それどころか、自分から向かっていった。
 そんなバルドに侮蔑の言葉をぶつけながら、騎士ニクスは徹底的に、この最も年の若い従騎士を痛めつけた。

4

 命が下った。
 魔獣が出たのだ。
 手の空いていた騎士と従騎士が呼び集められ、討伐隊が編成された。
 指揮官は騎士ニクスである。
 バルドは従騎士として討伐隊に加わった。
 その魔獣は、どうやらまだら狒々(ひひ)であるらしい。
 まだら狒々(ひひ)
 擬態の得意な獣だ。この獣は、表皮の色を、周囲の木や草や石と似た色に変えることができる。老練な狩人でも、森ではこの獣のために思わぬ不覚をとることがある。まして魔獣化しているとなれば、その脅威は恐るべきものである。
 相手がまだら狒々(ひひ)の魔獣だと聞いて、バルドは半年前のことを思わずにはいられなかった。
 昨年の暮れから今年のはじめにかけて、バルドは〈裂け目〉の砦に詰めた。そのとき、まだら狒々(ひひ)の魔獣と戦い、まだ正式に従騎士にさえなっていない身で致命傷を与えるという殊勲を挙げたのだ。
 だが、今度の戦いが同じような戦いになるとは限らない。息の根を止められるのはバルドの番であるかもしれないのだ。そう思い、心を引き締めた。
 このとき、騎士たちは槍を、従騎士たちは弓を装備するよう命じられた。
 槍は森での取り回しを考え、やや短い作りになっている。
 矢には無論、腐り蛇(ウォルメギエ)の毒液が塗布される。
 四人の騎士と四人の従騎士からなる討伐隊は、魔獣がいると思われる地点に急行した。

5

 騎士ニクスが右手を上げ、隊列に進軍停止を命じた。
 そして、ここからは慎重に進むようにと、身ぶりで合図した。
 もともと森の中を進む速度は速くない。だが、一行は、さらにゆっくりと進んでいった。
 ニクスの勘は、接敵が近いことを告げたのだろう。
 バルドは、辺りをみまわした。
 暗く生い茂った森陰のどこかに、魔獣は潜んでいる。
 従騎士たちは、矢筒から矢を抜いて、弓につがえた。
 バルドもそうしようと思ったが、奇妙な心もとなさを覚えた。その心もとなさの正体は何かと考えたバルドは、馬から降りた。
 勝手な行動であるが、騎士ニクスはそれに気づきながら、とがめなかった。
 馬から降りれば視界は悪い。だが、騎射にまだ慣れていないバルドにとって、弓の腕を発揮するには、大地を足で踏みしめる必要があったのだ。
 一行は、まるで一つの生き物であるかのように、連携して周囲を警戒しながら、そろりそろりと進んだ。
 いる。
 どこかにいる。
 どこかすぐ近くに、魔獣はいる。
 浴びせられる強烈な憎しみに、首筋がちりちりする。
 バルドの位置は殿(しんがり)に近い。後方から襲われないよう、油断なく索敵するのがバルドの役目だ。
 そして敵を発見したなら……
「発見! 右後方、頭上っ」
 バルドは叫んだ。
 そして叫ぶより一瞬早く、矢を放った。
 その矢は誤たず、赤く光る魔獣の両の目の一つを射抜いた。
 それからは乱戦となった。
 本来、従騎士四人は、戦いの最初に毒矢を放ったら、あとは後方から支援したり、包囲網を敷くといった、補助的な役割を果たすはずだった。だが、いきなり乱戦となってしまったら、もう、騎士も従騎士もない。
 結局、騎士一人と従騎士二人が浅い傷を負っただけで、無事に魔獣を倒すことができた。バルドも剣を抜いて戦い、魔獣に打撃を与えたのである。

6

 その夜、討伐隊は城で少しばかり豪勢な食事と酒をふるまわれた。
 バルドがベランダで妹の月(サーリエ)をみあげながら、慣れない酒の酔いをさましていると、近づいてくる者があった。
 騎士ニクスだ。
 ニクスは、バルドのほうをみようとはせず、しばらく森をみつめながら、手に持った杯を口に運んでいたが、やがてぽつりと口を開いた。
「なあ、バルド」
「はい」
「俺はなあ、お情けで騎士にしてもらったんだ」
「えっ?」
「家柄もないし、学もないし、剣の腕もたいしたことないしなあ」
「いえ、そんな」
「それでも馬力だけはあったからなあ。長年がむしゃらにやってきたさ」
「ニクスさんの剣は、ものすごい威力です」
「はっは。そりゃ、鍛えたからな。俺の取りえは、このでっかくて頑丈な体と力だけだ。だから、その取りえを、これでもかこれでもかと鍛えてきたさ。そして体と力の使い惜しみだけはしなかった。それを長年続けてきたから、お情けで騎士に取り立ててくださったんだ。騎士になれば、従卒が身の回りの面倒はみてくれるしな。お手当も出る。俺には武具も馬もそろえられなかったけど、エルゼラ様は、軍功への褒美という名目で下賜してくださった。おかげで騎士になれた。ありがたいことに、暮らしに不自由はない」
 返事のしようもなかったので、バルドは返事をしなかった。
 それからしばらく、沈黙の時間が続いた。
「お前、弓がうまいなあ」
「まだまだ全然です」
「今までいろんなやつをみてきたが、弓がうまいやつは必ずいい騎士になった。お前もいい騎士になるだろうさ」
 この言葉にも返事はしにくかったので、バルドは返事をしなかった。
 またも、しばらく沈黙の時間が流れた。
「なあ、バルド」
「はい」
「お前、テルシア家筆頭騎士になれ」
「えええっ!?」
「お前ならなれるさ」
 なれるわけがない。
 テルシア家筆頭騎士。
 それは領主に代わって、テルシア家全軍に号令する騎士である。
 ゆえに、テルシアの騎士すべてが心服し、指揮に従う人物でなければならない。
 そもそもテルシア家の騎士は強い。
 なかでも上位の騎士たちの強さは人間離れしている。
 筆頭騎士は、その人間離れした騎士たちの誰もが、自分以上であると認める武徳を積んでいなければならない。
 作戦を立てるには知略がいる。
 他家との駆け引きもできなくてはならない。
 身内からも、外部からも、(おそ)れられ敬われるだけの人物でなければ務まらない。
 そのためには家柄も重要だ。
 現在のテルシア家筆頭騎士ローグモント・エクスペングラー卿をみればよい。
 武威と知性と気品が鎧を着て歩いているような人だ。
 エクスペングラー卿が領主の前で(こうべ)を垂れる姿は、そのまま一幅の絵画だ。神話や伝説の世界をのぞきみるような思いがする。
 望んだからといって、修業したからといって、あんなふうになれるものではない。
 ましてバルドは、ただの郷士の息子であり、何の身分も財産も持たない。
 剣の腕はこれから修業して上達するだろう。だが正直なところ、本当に誰にも負けないほど強くなれるかといえば、自信はない。
 テルシア家筆頭騎士にふさわしいほどの絶対的な強さなどというものは、今のバルドにとって、天空のサーリエ同様、はるか彼方の手の届かないところにある。
 それでも、剣の腕は磨きようがあるが、知性や気品など、身につけようがない。家柄となると、これはもう、どうにもならない。
「俺にも夢がある」
「ゆめ、ですか?」
「ああ。どんな夢だと思う?」
「わかりません」
「戦いのなかで死ぬことさ」
「え?」
「戦って、戦って、戦い抜いて、戦いのなかで死ぬことが、俺の夢だ。それは、テルシア家のために働きながら死ぬってことだ。それが俺にとっての騎士の誇りなのさ」
 それだけ言うと、騎士ニクスは、さっさとどこかに行ってしまった。
 結局、バルドとは一度も目を合わせないままだった。
 一人残されたバルドは、再びサーリエをみつめて思った。
(夢)
(俺の夢)
(かなえずにはおかない夢)
(果たさずにはおられない望み)
(そのことを実現するために生きているのだといえるような何か)
(目指していること自体を誇れるような目標)
(それはいったい何なんだろう)
 その答えが出るのは、まだ先のことである。

(了)

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

勇者様のお師匠様

 両親を失いながらも騎士に憧れ、自らを鍛錬する貧しい少年ウィン・バード。しかし、騎士になるには絶望的なまでに魔力が少ない彼は、騎士試験を突破できず『万年騎士候補//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全152部分)
  • 9662 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 00:00
マギクラフト・マイスター

 世界でただ一人のマギクラフト・マイスター。その後継者に選ばれた主人公。現代地球から異世界に召喚された主人公が趣味の工作工芸に明け暮れる話、の筈なのですがやはり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1659部分)
  • 8947 user
  • 最終掲載日:2017/09/26 12:00
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全220部分)
  • 9797 user
  • 最終掲載日:2017/08/30 20:00
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部分)
  • 11440 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
理想のヒモ生活

月平均残業時間150時間オーバーの半ブラック企業に勤める山井善治郎は、気がつくと異世界に召喚されていた。善治郎を召喚したのは、善治郎の好みストライクど真ん中な、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全94部分)
  • 9312 user
  • 最終掲載日:2017/06/27 00:10
フェアリーテイル・クロニクル ~空気読まない異世界ライフ~

※作者多忙につき、次回更新は9月23日、その次は10月14日とさせていただきます。 ※作者都合により後日談は隔週更新とさせていただきます。 ※2016年2月27//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全222部分)
  • 10123 user
  • 最終掲載日:2017/09/23 07:00
レジェンド

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1501部分)
  • 8768 user
  • 最終掲載日:2017/09/26 18:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全525部分)
  • 12050 user
  • 最終掲載日:2017/09/23 22:38
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部分)
  • 13496 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中

 オンラインゲームのプレイ中に寝落ちした主人公。  しかし、気付いた時には見知らぬ異世界にゲームキャラの恰好で放り出されていた。装備していた最強クラスの武器防具//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全173部分)
  • 8875 user
  • 最終掲載日:2017/08/25 23:00
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部分)
  • 11161 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 13194 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 14598 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全383部分)
  • 10563 user
  • 最終掲載日:2017/09/20 22:05
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全298部分)
  • 11826 user
  • 最終掲載日:2017/09/25 18:35
最果てのパラディン

  かつて滅びた死者の街。 そこには1人の子供と3人の不死なる者たちが存在した。 かつて英雄であった不死者たちに養育される少年、ウィル。 技を継ぎ知識を継ぎ、愛//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全157部分)
  • 9588 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 23:38
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全142部分)
  • 11158 user
  • 最終掲載日:2017/08/25 18:00
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 13014 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

 アラサープログラマー鈴木一郎は、普段着のままレベル1で、突然異世界にいる自分に気付く。3回だけ使える使い捨て大魔法「流星雨」によって棚ボタで高いレベルと財宝を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全545部分)
  • 11226 user
  • 最終掲載日:2017/09/24 18:00
この世界がゲームだと俺だけが知っている

バグ満載のため、ある意味人気のVRゲーム『New Communicate Online』(通称『猫耳猫オフライン』)。 その熱狂的なファンである相良操麻は、不思//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全239部分)
  • 9299 user
  • 最終掲載日:2017/04/01 23:59
Knight's & Magic

メカヲタ社会人が異世界に転生。 その世界に存在する巨大な魔導兵器の乗り手となるべく、彼は情熱と怨念と執念で全力疾走を開始する……。 *お知らせ* ヒーロー文庫よ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全130部分)
  • 10488 user
  • 最終掲載日:2017/09/24 19:01
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全843部分)
  • 10680 user
  • 最終掲載日:2017/09/26 10:00
ログ・ホライズン

MMORPG〈エルダー・テイル〉をプレイしていたプレイヤーは、ある日世界規模で、ゲームの舞台と酷似した異世界に転移してしまった。その数は日本では約三万人。各々が//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全131部分)
  • 10208 user
  • 最終掲載日:2017/08/31 20:00
金色の文字使い ~勇者四人に巻き込まれたユニークチート~

『金色の文字使い』は「コンジキのワードマスター」と読んで下さい。 あらすじ  ある日、主人公である丘村日色は異世界へと飛ばされた。四人の勇者に巻き込まれて召喚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全810部分)
  • 8898 user
  • 最終掲載日:2017/09/23 00:00
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全123部分)
  • 8564 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 23:45
10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた

【本編完結済み】※書籍化しました!オーバーラップ文庫様より、五巻目となる④巻が発売されています!詳細は活動報告にて!  北条雄二、30才、無職、引きこもり歴10//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全519部分)
  • 9071 user
  • 最終掲載日:2016/10/25 18:00
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えれば唯//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全282部分)
  • 10527 user
  • 最終掲載日:2017/09/23 18:52
詰みかけ転生領主の改革(旧:詰みかけ転生領主の奮闘記)

享年29歳の男――人生をドロップアウトするには早すぎる死だったが、気が付けば領地を持つ上級貴族の息子、ソラ・クラインセルトとして転生していた。 ――主人公の両親//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全243部分)
  • 10116 user
  • 最終掲載日:2015/04/10 23:00
↑ページトップへ