挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
辺境の老騎士 作者:支援BIS

第8章 パタラポザ

171/184

第6話 王妃の奮闘(後編)


 5

「まあ、そういうわけでな。
 王の崩御やその死因に不審な点はないようなのじゃ。
 それに王というのはとんでもない激務じゃからなあ。
 ちゃんと仕事をした王は、歴代短命らしい。
 問題はそのあとじゃな。
 ジュールラント王の治世のあいだは、王位継承権保持者は、二人を増やしたほか変動はなかった。
 じゃから依然十数人の王位継承権保持者がいたわけじゃな。
 増やしたうちの一人は王子バルドラント様じゃ。
 もう一人は珍しいことに王族ではなかった」

 それは誰ですかな、とバルドは訊いた。

「王直轄軍中軍正将シャンティリオン・アーゴライド侯爵じゃよ。
 シャンティリオン将軍がサンギエル伯爵とサーク伯爵を継承し、侯爵に叙せられたことはご存じじゃったかな。
 本当はこれほどの身分の貴族を王直轄軍の将軍に据え置くというのは少し無理があったのじゃがな。
 ジュールラント王はぜひにと慰留し、シャンティリオン将軍もそれを受け続けた。
 シャンティリオン将軍は少数精鋭の電撃戦が得意で、しかも抜群の家柄じゃ。
 契約条件を有利に改定するための反乱なども、あっという間に平定したし、下手な貴族はシャンティリオン将軍の威光の前に反乱自体を思いとどまった。
 また、パルザム王国の貿易権や領土が南に伸長しておるため、都市国家や亜人と小競り合いも多い。
 シャンティリオン将軍は敵味方双方の被害を最小限に抑えつつ、こうした小競り合いを収めていった。
 諸侯軍と王軍が一緒に軍事行動を取るときも、シャンティリオン侯爵より身分が上の者が実戦に出て来ることなどないから、必ず王軍が主導権を取れた。
 戦えば必ず勝ち、しかも無用の被害は出さない。
 その名は王国の隅々にまで鳴り響いていったのじゃ」

 なるほど、とバルドは思った。
 シャンティリオンは、自分にできることを見つけ、それをひたむきに果たしていったのだ。

「しかし、王位継承権を得たからといって、それはあくまで名誉の問題であり、実際には王族以外から王が出ることなどあり得ん。
 それは王朝が交代するということなのじゃからな。
 だからシャンティリオン将軍もアーゴライド家も静観を保った。
 シャンティリオン将軍への王位継承権付与は第一次諸国戦争の直後じゃったから、褒賞の意味が強かったのじゃろうな。
 領地の代わりに名誉を、というわけじゃ。
 いっぽう、バルドラント王子のほうは本当にぎりぎりの滑り込みじゃった。
 病の床に就いてから、前王陛下は枢密顧問会議を召集なさり、バルドラント王子に王位継承権を与える決議を勝ち取ったのじゃ。
 じゃが若年ということで、王太子指名には至らなんだ」

 というよりも、枢密顧問たちは、次代の趨勢を見極めたのだろうな、とバルドは思った。
 つまりジュールラント王の血筋を見限ったのだ。
 賛成に票を投じた者もいたろうが。

「さて、ここで奇妙だったのが、正妃シェルネリア様の動きじゃ。
 周りは、正妃が慌てて息子を王位に就けるべく奔走し始めるとみておった。
 ところが正妃は粛々とジュールラント前王の葬儀のことを進めるだけで、次期王位に関する争いにはまったく無関心を貫いた。
 王妃の地位というものは、次の王が位に就くまで継続する。
 しかも第一側妃が欠けたままじゃから、正妃の権威は非常に高い。
 シェルネリア王妃がうまく立ち回れば、バルドラント王子を王位に就けることも夢ではないのじゃ。
 王位を得るためには、枢密顧問会議と重臣会議の両方で多数の票を獲得する必要がある。
 重臣会議の票を得るためには、その背後の大貴族たちの支持を得る必要がある。
 王位継承権保持者たちは、財をはたいて買収工作に走り、あるいは王位就任後の権益を約束して支持者を獲得していった。
 じゃが正妃は恐ろしいほどに静かであったという」

 それは妙だな、とバルドは思った。
 ジュールラントと志を同じくする者こそシェルネリアであるはずだ。
 その志を伝え実現できるものは、やはり息子のバルドラントではないのか。
 それともシェルネリアの目からみて、バルドラント王子はその器ではなかったのか。

「ジュールラント前王の密葬の日が来た。
 主催者はもちろん正妃シェルネリア様じゃな。
 シェルネリア妃は、弔問に訪れたアーゴライド公爵を別室にいざなった。
 これを見た者たちは思った。
 正妃はバウクルス侯爵を、あるいはシャンティリオン将軍を宰相に欲している、と」

 なるほど、とバルドは思った。
 初代王の血を引く七つの公爵家のうち、アーゴライド家は最大の権勢を持つ。
 枢密顧問会議にも重臣会議にも最大の影響力を持つといってよい。
 バウクルス侯爵はそのアーゴライド公爵の長男で跡継ぎ。
 シャンティリオンは、分家から本家に引き取られた俊英で、今はアーゴライド家の顔といってよい。
 この二人のどちらかに宰相という権力を与える代わりに、バルドラントの王位獲得に協力せよと交渉するわけだ。
 しかし宰相という地位はそこでうまみのある職なのか。
 そこがよく分からない。

「人々は冷笑した。
 宰相の地位は魅力的だが、そのためにバルドラント王子の王位獲得を援助するというような火中の栗を拾うにひとしい選択を、老練なアーゴライド公爵がするわけがないからじゃ。
 やがて密葬が終わり、主宰者のあいさつとなった。
 シェルネリア妃が進み出てあいさつを行ったのだが、肝心の本葬の日取りを発表する前に、後ろに下がってしもうた。
 次に起こったことを見て、人々は驚愕した。
 シャンティリオン将軍が進み出て、本葬の日取りを発表したのじゃ」

 それがなぜ驚きをもって迎えられるのか、バルドの知識では分からなかった。

「分からんかの、バルド殿。
 日取りを発表する者は、すなわち本葬を主催する者じゃ。
 王妃以外が王の本葬を主催するとすれば、それは次期王になるというにひとしい意味をもつのじゃよ」

 王の葬儀を行う者は、すなわち次の王。
 なるほど。
 そういえばそういう話を昔聞いたことがある気もする。

「あとになって分かったのじゃが、この日シェルネリア妃がアーゴライド公爵に提案したのは、シャンティリオン将軍を代王の位につける、というものじゃった。
 そしてバルドラント王子の王位継承権を保持したままにして、いずれバルドラント王子が成人し実績を積んだら王位を譲ってほしいというものだったのじゃ。
 枢密顧問にも重臣にも、ジュールラント王を敬愛し、その遺志を継がんとする者たちがおる。
 いずれバルドラント王子に王位を委譲するという約束なら、その者たちもシャンティリオン将軍の代王就任に票を投じましょう、というのじゃな。
 それとこれもあとで分かったのじゃが、シャンティリオン将軍が代王として戴冠されるその式典および祝賀会の費用は私が持ちましょう、とシェルネリア妃は持ちかけたのじゃ」

 ふむ、とバルドは考え込んだ。
 なるほど。
 シャンティリオンは王位継承権を持っているのだから、代王にもなれるのだろう。
 王権をまったく譲り渡すということでなく、代王に就くということであれば、王族以外の者であっても抵抗は少ないのかもしれない。
 しかし、バルドラント王子が成長した暁には王を譲る約束じゃと。
 その約束は果たしてどれだけ信用できるのか。
 シャンティリオンは約束を守ろうとするかもしれないが、アーゴライド家がそれを許すかどうか。
 いったん代王の地位を得たアーゴライド家が、それを手放したりするだろうか。
 それにしても、枢密顧問にも重臣にも、それなりの数のジュールラントの同調者ができていたようだ。
 おそらく時間をかけて信頼を築き、あるいは育て上げ、ジュールラントは自分の味方を増やしていったのだろう。

「まあ、その時点では、正妃がアーゴライド家に王権を譲り渡したようにみえたのじゃな。
 王族たちは怒り狂った。
 継承権を持つ王族はなおさらじゃ。
 おそらく相当の数の刺客が後宮に送り込まれた。
 ドリアテッサ殿が育て上げた女武官たちが活躍したと聞いておる」

 それとシェルネリア妃の侍女軍団じゃな、とバルドは思った。
 彼女らはお茶の淹れ方に堪能なだけではない。
 非常に優れた敵探知能力と防衛技術を持っているのだ。
 とは、かつてドリアテッサから聞いた話である。

「アーゴライド家の影響下にある枢密顧問と重臣。
 それにジュールラント派というべき枢密顧問と重臣。
 この二つを合わせただけで代王の位はまず勝ち取れる。
 じゃが、アーゴライド公爵は念には念を入れた。
 王位継承の争いに財産をつぎ込んでいる王族の懐柔に回ったのじゃな。
 なにしろパルザムの王族というのは、味方にしても益はないが敵に回せば厄介この上ない。
 ため込んだ財貨を吐き出して王族にばらまき、領地の一部を献上することさえして機嫌を取った。
 また、他の六公爵家にも莫大な利益提供を申し出た。
 こうして新王の選定会議では大過なくシャンティリオン将軍の代王即位が決定され、前王の葬儀はシャンティリオン将軍がその主催者となった」

 シャンティリオンが。
 あのシャンティリオンが代理とはいえパルザム王に就いたのか。
 バルドは感慨にひたった。

「さて、いよいよ代王の即位式じゃ。
 もちろんこれは国費で行われるものじゃが、国庫に余裕があるものでもなく、こうしたときは特別寄付を募る。
 今回の場合最初から正妃が出資してくれると分かっておるわけじゃな。
 いったい正妃に代王即位式を賄えるほどの財貨があるのかは分からなかったが、嫁入りのとき相当の持参金を持ってきていることは推測されていた」

 ああみえてシェルネリアは商売に目端が利く。
 持参金とは実際には彼女自身が稼いだ金であるかもしれない。

「老アーゴライド公爵はこの世の春を謳歌しておったじゃろうな。
 代理の王といっても権限は王と同じ。
 いったんその座に就いてしまえば、あらゆる権限を行使できるのじゃ。
 むろん、適性でない人物の王位継承権を剥奪することもな。
 しかも過去数代の王の血のにじむ努力により、パルザムの王の権威と武力はかつてなく高まっておる。
 いったん握った王権を手放す気などさらさらなかったはずじゃ」

 ふむ。
 それは当然のことじゃ。
 ふふ。
 古狸公爵とシェルネリア姫か。
 陰謀合戦はどちらに軍配が上がったものやら。

「さて、いよいよ代王即位式の段取りを協議する段階に入った。
 ところがここでシェルネリア妃が妙なことを言い出した。
 手はずはお任せくださいね、と。
 いったいどれだけの金を持っているのかは分からないが、即位式の手はずなど簡単にできるものではない。
 いや、金がいくらあっても、それだけではどうにもならん。
 非常に繁雑で複雑な調整や準備が必要なのじゃ。
 じゃがここで前王の側近や協力者たちが表に出てきた。
 マードス・アルケイオス鎮西侯やバリ・トード上級司祭を始めとする枢密顧問たち。
 重臣たちの中でジュールラント王に共鳴し、あるいは王に見いだされ育成されてきた者たち。
 リシオネル子爵始め実力派の側近たち。
 バドオール子爵を始め、もとからジュールラント王擁護派であった人々。
 カッセ執政官ティグエルト・ボーエン侯爵ら、ジュールラント王に取り立てられた諸侯。
 キジェク・レイガー始め、近衛に引き込んだ貴族の次男三男の有望株たち。
 シーデルモント・エクスペングラー将軍を始めとする軍部の実力者たち。
 そうした人々が、まるで申し合わせたかのように寄り集い、力を合わせて即位式の準備を取り仕切り始めたのじゃな。
 アーゴライド公爵は慌てたが、やはりこういうことは、建前はともかく実際には金を出す者が強い。
 王族や上級貴族への手当ですっかり財を吐き出していた公爵は、じっと正妃の手際を見守るよりなかった」

 そうだ。
 ジュールラントの姿を見て、協力者が現れないわけはないのだ。
 ジュールラントが、有能な者たちを引き立てて側近としないわけがないのだ。
 彼らがジュールの志を引き継いでいく。

「ふたを開けてみれば、即位式の規模は、誰もがまったく想像もできないほどのものになっておった。
 ゴリオラ皇国からは皇太子が、テューラ、セイオンからはなんと王ご自身が、ガイネリアからも王太子が参列。
 そのほか二十数か国から国王もしくは太子が出席という、すさまじい顔ぶれじゃった。
 しかし一番の驚きはそこではない。
 なんとメルカノ神殿からは四人の大教主のうちの一人がやってきて儀式をつかさどることになった。
 いったいどれだけの金を積めば大教主などを呼べるのじゃろうなあ。
 シェルネリア妃の持参金はとてつもない額で、しかもそれをすっかりはたいてこの段取りをつけたのじゃな。
 アーゴライド公爵は真っ青じゃったろう。
 各国国王、皇太子、王太子の居並ぶ中で、しかもメルカノ神殿大教主が執行する儀式で、代王として統治にあたり、前王の長子の成人を待って王位を譲渡すると、シャンティリオン代王は誓わされたのじゃ。
 この誓いを破れば、パルザムは中原の笑いものになる。
 というより、バルドラント王子以外を次の王に指名しようものなら、顔をつぶされたメルカノ神殿はその即位式に神官を派遣しないじゃろう。
 つまり即位式ができないのじゃ。
 このときになってやっと公爵は、いっぱい食わされたことに気付いたわけじゃな。
 しかもこのことは、シェルネリア妃一人がやったことじゃ。
 シャンティリオン将軍を代王の位に就けることも、バルドラント王子を将来王位に就ける約定も、シェルネリア妃一人が取り運んだことであり、ジュールラント王の側近や同調者たちは、動きをしていない。
 つまり、まったくどこにも借りを作っていない。
 したがって、やがて来るべきバルドラント王の治世で、彼らは遠慮することなく手腕をふるえるわけじゃな。
 どうじゃな。
 見事なものではないか」

 見事だ。
 実に見事だ。
 それでこそシェルネリアだ、とバルドは思った。
 だが次の瞬間、背筋を寒いものが走った。
 つまり、ということは。

「この誓いをほごにするには有効な方法がある。
 バルドラント王子を殺してしまうことじゃ。
 それもできれば功績もなくその才も定かでない年齢のうちに。
 今まさにシェルネリア妃とジュールラント王の側近たちは、バルドラント王子の命を守る戦いを続けておることじゃろうよ」

 油断はできない。
 しかし少なくともシャンティリオン自身は、バルドラントの暗殺などという方法は採らないだろう。
 ああ!
 続いている。
 ジュールランの夢は、命は、続いているのだ。
 今はただ、シェルネリア妃の奮闘に喝采を贈りたい気持ちだった。

「しかし、バルド殿にまったく連絡が行かなかったというのが、ちとふに落ちんのう。
 先王陛下のご崩御を連絡なさらなかったのは、これは分からんでもない。
 伝えるにしのびないというところじゃろう。
 しかしシャンティリオン代王陛下の即位式には、バルド殿を呼んだほうが好都合であったろうになあ。
 なんといってもバルド殿は実績のある将軍じゃ。
 あの国では一度将軍位に就けば、終生将軍と呼んで敬われるからのう。
 ましてワジド・エントランテとしての名声は隠れもない。
 バルド殿が後ろ盾としてにらみを利かしてくれれば、バルドラント殿下にはこの上なく心強いことであったろうに」

 たぶんシェルネリア妃は、わしを利用したくなかったのじゃろうなあ、とバルドは思った。
 事はパルザム王国内部の問題であり、そうでなくてもパルザムのためにいろいろと迷惑を掛けてきたバルドに、これ以上負担を掛けることをきらったのだろう。
 その考えは分からなくもない。
 バルドラント王子は、どうしているだろうか。

 やはり行ってみるべきか。
 それとも行かざるべきか。
 バルドは思案に暮れた。



5月1日「エトナ」に続く
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ