挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
辺境の老騎士 作者:支援BIS

第7章 迷宮への挑戦

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

137/184

第2話 テンペルエイド(前編)





 1

「うわあっ!
 見て、見てっ。
 ほらっ。
 大障壁が、あんなに近い!」

「おおっ。
 すごい。
 何という雄大な」

「むう」

 少し見晴らしのよい峠に出たとたん、まずカーラが駆けだし、タランカとクインタが続いた。
 こういう動きの軽さをみると、年齢の差、というものをあらためて感じる。

 バルドは今六十六歳である。
 カーズの年齢はまあいいとして、ゴドンは確か四十六歳だ。
 タランカは、たぶん十八歳で、クインタは十六歳ぐらいだろう。
 カーラは自称十八歳である。
 そんなことで嘘をついても仕方がないから、その通りなのだろう。
 普段のカーラは、もっとおとなびてみえる。
 体がしっかり成長しているのは、幼いときからたっぷり食事を取ってきたからだろう。
 張り出した乳房や艶やかな肌は適度な運動によるものだろうか。
 そして考え深げなしぐさや、ふとみせる広い知識が、この娘を実際以上におとなびてみせるのだ。

 だがこうして珍しい風景に出合って目を輝かせている様子は、年相応である。
 年齢よりさらに若くみえるといってもよい。
 落ち着いてみえるタランカも、周囲に一生懸命警戒の目をめぐらせているクインタも、そこは同じだ。
 思わず馬を駆け出させ、一瞬でも早くその風景をみようとする動作が、若い。

 年を取ると、急な動作や無駄な動作を避けるようになる。
 やればできるのだが、それをするとあとで疲れがひどい、と体験で学ぶからだ。
 疲弊した関節や損傷のある部位に負担をかけないようにする、という知恵もつく。
 動作は体の調子と相談しながら行うようになる。
 その代わり、体を痛めない姿勢や力の込め方、そしてじわじわとおのれの体を痛めつけることへの忍耐を学ぶ。
 だから年配の者は、若い者が短時間で音を上げるような単純作業を長い時間行うことができる。

 若いうちは、体を痛めたり体力を失ったりすることへの恐怖が薄い。
 ゆえに感情のままに走り回り、動き回り、感動を口にする。
 それでよいのだ。

 ゴドンは、とみれば、目を細めて若者たちの様子を見ながら、自分も少し馬足を速めている。
 壮年で体力の塊のようなこの男も、その動作には落ち着きがある。
 だが、何か妙な出来事や気にかかることが起きれば、猛然と動くだろう。
 これもまた年相応の動作のありようだ。

 いっぽうバルドはといえば、魔剣スタボロスの恩寵により体調は底上げされてはいるが、やはり年相応に腰も痛むし全身の関節もきしむ。
 無理をすれば疲労はたまる。
 だから、一日の中でのペースを意識しながら、今も愛馬ユエイタンを歩かせている。
 そうでなくても辺境奥地の道なき道をゆく行程は疲れるのだ。

 カーズは影のようにバルドのあとからついてくる。
 これは年齢や体力とは関係ない。
 この男のありようは、いつも揺るがない。
 それはそれで、よい。

 見えた。

 なるほど、これは絶景だ。
 峠の向こうには狭くて深い谷があり、その向こうには急峻(きゆうしゆん)な山がある。
 その山に沿って〈大障壁〉が、ジャン王の偉大なる壁が真横に走っている。
 手を伸ばせば届きそうだ。

 パクラ領以外で、これほど大障壁の近くに寄ったことはなかった。
 見れば見るほど、その威容が心を感嘆で満たす。
 右を見ても左を見ても、大障壁の端は尽きない。
 この大いなる壁は、人の住む世界を完全に取り囲んでいるのだ。
 しかもそれは、山や川や谷や空のように、神々の被造物ではない。
 太古の英雄である、ジャンという名の一人の人間によって作られたものなのだ。

 正面に見える山は左に目をやれば、なだらかに下向きの稜線(りようせん)を描いている。
 だがその向こうに何があるかを目にすることはできない。
 大障壁が立ちはだかっているからだ。
 この場所では、山の稜線がくだっても大障壁の頂上の高さは変わらない。
 だから大障壁の高さは普通およそ千歩であるが、ここでは二千歩あるいは三千歩の高さに及んでいる。
 このように、こちら側からその壁の向こうが見えそうな位置では、大障壁は高いのだ。
 まるで、その壁の向こう側を見ることを禁じるかのように。

 今までは不思議にも思わなかった。
 高い山々の峰をつなぐように大障壁が伸びていることを。
 大障壁が世界とその外側を隔てていることを。
 そういうものだと思っていた。
 むろん、大障壁は不思議だ。
 だが、世界は不思議に満ちている。
 なぜ川の水は日照りが続く年でも途絶えることなく流れ続けるのか。
 なぜ小さな双葉が巨木に育つのか。
 なぜ太陽神は空を駆けめぐり、光と熱を送り届け続けるのか。
 なぜ人は生まれ死ぬのか。
 そうした数々の不思議と同じく、不思議ではあるが当然のこととして受け入れていた。

 だが。
 大障壁の真実を知ってしまった今は。
 それが初めからあった物ではなく、途中で出来た物であり作られた物であったと知った今は。
 この壁の向こう側が気になってしかたがない。
 この壁の向こうの世界を見たくてしかたがない。
 それは人の住むわれらの世界と、元は一つであったのだ。
 今も同じなのだろうか。
 それとも、われらの知らない新しい世界がそこにあるのだろうか。

 それは大障壁の切れ目からわずかにうかがう〈向こう側〉ではなく、壁のこちら側とは風景もそれを形作るものもまるで異なる別の世界だ。

 もしかすると。
 そうだ、もしかすると。
 フューザに登れば、〈向こう側〉が見えるかもしれない。
 見たい。
 いつの日か、〈向こう側〉を見てみたい。

 ゴドンも、カーズも、タランカも、カーラも、クインタも、食い入るように大障壁を見つめている。
 それはしかし、世界の果てを見る感動だ。
 バルドも同じ物を見ているが、その目は大障壁を世界の果てとはみていない。
 別の世界が始まる場所として見ている。
 そのまなざしが。
 大障壁と精霊に今何が起きているかを解き明かしたいという熱望が。
 老いたバルドに新たな旅を始めさせた。

 薬師ザリアは、その身に精霊を宿す人間だった。
 そのザリアから聞いた精霊の記憶は、バルドに世界の歴史の真実を解き明かした。

 人間は、もともとこの世界の住人ではなかった。
 この世界は、神々と精霊と亜人たちのものだったのだ。
 そこに人間がやって来た。
 二派に分かれて争い始めた人間は、精霊や亜人たちをもその戦争に巻き込んだ。
 やがて戦争には決着がついたが、精霊たちは戻って来なかった。
 無限の命を持つはずの精霊たちは、復活するたびに獣に取り憑いて魔獣と化す宿命にはまり込んでしまったのだ。
 大障壁は、人と精霊を隔てる壁だ。
 この壁の向こうでも、精霊は魔獣となるが、人間の血を求めて狂うことなく、おだやかな魔獣として生涯を終えられる。

 だがその精霊を壁の内側に呼び込んで、千匹の魔獣を作らせた者がいる。
 何事かをたくらむ者がいる。
 その者は、ジャン王の定めた秩序を乱した。
 精霊を取り込み魔獣に変え、人の世界を蹂躙(じゆうりん)させようとした。

 何かが起きている。
 それはまだ終わっていない。
 本当に恐ろしいことは、これから起きようとしているのではないか。
 だからバルドは知らねばならない。
 精霊と魔獣に、今何が起きているのかを。

 その鍵は亜人たちが握っている。
 だからバルドは、まず霧の谷を訪れ、ルジュラ=ティアントたちに会おうとしている。
 そしてまた、ジャミーンの勇者イエミテにも会ってみるつもりだ。
 彼ら亜人、いや、〈もとからの人々〉との対話により、何かがみえてくるに違いない。




 2

「村だ。
 村があるよ」

 というカーラの声に引かれ、目線を前方に送ってみれば。
 確かに村だ。
 大障壁近くのこんな場所に。
 水や森の恵みは豊かだろうし、雨風もしのげるような、谷あいの村だ。
 だが、よくも野獣たちから身を守れるものだ。
 それに塩はどうするのだろう。

 近寄ってみれば、うまく地形を利用して側面と背後を守り、前方にはなかなかしっかりした柵が作られている。
 畑も作っている。

「止まれ!」

 畑仕事をしていた男が木の槍を構えて立ちはだかった。
 その後ろのほうでも、ぱらぱらと男たちが武器を構えている。
 バルドは木の槍を持った男に話し掛けようとしたが、馬で近づいて来る者がいた。
 ならばあいさつはその男にしたほうがいい。
 やってきたのはまだ若い男で、驚いたことにおそらく騎士だ。
 騎士はバルドたちの前までやって来て、馬を止めた。
 薄汚い格好をしていて、髪もひげもよく伸びているが、振る舞いには力と品がある。

「まさか。
 バルド殿?
 それに、ゴドン殿?」

 そう話し掛けてきた顔をよく見た。
 その顔立ちと声に覚えがあった。
 そして腰の剣を見たとき、男の正体が分かった。

 ガルクス・ラゴラス。

 七年前のことだ。
 バルドは、ゴドンとジュルチャガと共に旅をしていた。
 エンザイア卿の城で、ルジュラ=ティアントのモウラと出会い、モウラを霧の谷に送る途中で立ち寄ったのがシェサの村だった。
 そこの領主の長男だったのがオーサ少年だ。
 オーサ少年に頼まれ、少年が死んだようにみせかけた。
 そうすれば波風を立てることなく弟に領主の後継の座を譲ることができるからだ。
 オーサ少年は一人旅立ったが、その押しかけの随行となったのが、この騎士ガルクス・ラゴラスだった。

 バルドとゴドンとガルクスは、再会を喜び合った。
 バルドは、旅の途中ふと村が目についたので立ち寄ってみたのだ、と言った。
 ガルクスは、周りの者たちに、

「このおかたは心配ない。
 領主様のお客人だ。
 みなは農作業に戻れ」

 と命じ、村の奥のほうにある家に一行を案内した。





 3

「やあ、バルド殿。

 本当に再会できたな。
 うれしいことだ。
 ちょっと体調を崩していて、こんな格好で申し訳ない」

 と、やつれた顔に笑いをみせて、オーサ青年は笑った。
 確か今十九歳のはずだが、体も大きく態度もしっかりしているので、二十四、五歳にみえる。
 自分たちとほぼ同じ年齢だと知って、タランカとカーラはびっくりしていた。

 七年前、バルドたちと別れてから、オーサ少年とガルクスは、この村にやって来た。
 そして村にとどまって野獣を倒したり、柵の作り方や野獣への備えについて助言するうち、村人たちに乞われてオーサ少年は領主となったのだという。
 名も変えた。
 今は、テンペルエイド・ガリという名だ。
 村の名はアギスという。

 少し離れた山の中に塩湖があり、塩はそのほとりで採れるのだという。
 年に二回か三回、ガルクスは毛皮を持ってクラースクに行き、金属製品や布などを手に入れる。
 暮らし向きは楽とはいえないが、何とかやっている。

 村人たちは、おそらく他の村や町からはみ出したり追われたりした人々だ。
 そういう人々が身を寄せ合って辺境のはずれに村を作ることは、よくある。
 ここまで奥地にあるのも珍しいが。
 そうした村は、先行きがない。
 だんだん貧しくなってゆき、ふとしたきっかけで消えてなくなってしまうものだ。
 辺境は、人には厳しい場所なのだ。
 この村は、まあまあよくやっている。
 しかしその未来は明るくはない。

 バルドたちは、このアギスの村に泊まることになった。
 ゴドンとカーズとクインタは、狩りに出掛けた。
 泊まらせてもらう謝礼に、肉と毛皮を手に入れてくるのだ。
 ガルクスも用事で出掛け、バルドとタランカとカーラが残って、テンペルエイドと話をした。
 話をしているあいだじゅう、カーラはテンペルエイドの様子が気になるようだった。
 ついに、

「ちょっと、ごめんなさい」

 と断ってベッドに近づき、テンペルエイドの診察を始めた。
 慣れた様子である。
 この娘は医療の心得があるのだろう。

「深く息を吸って、はいて」

 と言い、テンペルエイドの息の匂いを嗅いだ。
 眉をしかめている。

「内臓が、腐り始めているわ。
 でも、妙だわ。
 体全体は健康なのに、内臓が先に腐り始めるなんて。
 まるで毒でも飲まされ続けているよう」

 このカーラの言葉で、部屋の空気は一気に緊張した。
 しばらくは、誰も言葉を発しなかった。
 沈黙を破ったのはタランカだった。

「テンペルエイド殿。
 昨日一日で、何を口にしたか教えていただけますか」

「むう。
 朝起きて水を飲んだ。
 それから朝食を食べた。
 あとは夕食だな。
 ああ、それから、昼と夕方に茶を飲んだ」

「その朝食と夕食は、一度に何人もの分を作るのですか。
 それともテンペルエイド殿の分は特別に作るのですか」

「この家で食事をするのは八人ほどで、その八人分を一緒に作っている」

「そうですか。
 カーラ」

「何よ」

「もしも毒によるものだとしてだ。
 水に混ぜても気付かないかな」

「どんな毒を使ったかによるけど。
 でも匂いがするし、違和感があると思うわ」

「では、茶があやしい」

 訊いてみたところ、茶はこの村では高級品で、薬代わりにテンペルエイドは特別に毎日飲んでいるという。
 当然、その茶は専用の容器で()れ、テンペルエイドだけが飲む。
 ここしばらく、その茶を入れるのはある男の仕事になっているということだった。





1月7日「テンペルエイド(後編)」に続く
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ