挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
辺境の老騎士 作者:支援BIS

序章 旅立ち

11/184

第6話 ひだまりの庭(前編)《イラスト:バルドとアイドラとスタボロス》

 




 1

 滔々(とうとう)と流れるオーヴァの岸辺で、バルドは、静かに風景を見つめていた。
 リンツ伯邸に滞在して三日目である。
 腰の痛みが少し治まり、起き上がれるようになったので、スタボロスに乗って散歩に出た。
 スタボロスは、主人を背に乗せてうれしそうだった。
 旅に出る前は引退した馬だったし、旅に出てからは荷物ばかり背負わせたから、無理もない。

  お前は何歳になったのだったかのう。

 声に出して()いてみたが、むろん(いら)えはない。
 バルドは、記憶をたどってみた。
 アイドラがスタボロスをくれたのは、コエンデラに()した年だった。
 ということは、四千二百四十一年である。
 その年にスタボロスは二歳になった。
 今は、四千二百七十年だから、それから二十九年が過ぎた計算である。

  もう三十一歳か。
  長生きしたもんだのう。

 人が飼う馬の寿命は二十年ほどであり、野生の馬はその半分ほどである。
 まれに四十年以上生きる馬もいるが、スタボロスより若い馬が次々に老いて死んでいるのだから、やはりずいぶん長生きだ。

  結局、お前の名前がどういう意味か、聞かぬままだったのう。

 この馬をくれるとき、アイドラは、「名前の意味は秘密よ」と言った。
 ということは何か意味があるのだが、それを尋ねたことがない。
 あれほど長く、一緒の時を過ごしたのに。


挿絵(By みてみん)
イラスト/クダリ氏



 2

 アイドラは、四千二百二十六年に生まれた。
 そのときバルドは十四歳で、アイドラの祖父エルゼラ・テルシアの従卒となって四年目だった。

 アイドラは、父母よりも、十六歳年上の兄よりも、侍女の誰よりも、バルドに懐いた。
 すくすくと成長したアイドラを、バルドは、自分なりのやり方でかわいがった。
 つまり、野山を連れ回したのである。

 辺境の野山は、そうでなくても危険な場所である。
 ましてテルシア家が治めるパクラ領は、大障壁の切れ目に位置し、魔獣とその影響を受けた野獣たちが徘徊する、とびきりの危険地帯である。
 むろんバルドには、本当に危険な場所とそうでない場所を見分ける力があったし、二十歳で正騎士となったバルドは、精鋭ぞろいのテルシア家にあって、すでにずぬけた武勇の持ち主と認められていた。
 それにしても、心配する声は絶えなかったが、アイドラは、いつも、

「バルドが守ってくれるもの」

 と言って笑った。
 危険を別にすれば、野山は偉大な教師であり、尽きることのない遊び場だった。
 アイドラは、すくすく成長し、バルドは、一層の修行に励んだ。

 アイドラが八歳のとき、当主のエルゼラが死んだ。
 祖父の死を悲しむアイドラが泣きついたのは、バルドの胸だった。
 母が死んだときも、そうだった。

 アイドラは美しい娘に成長していったが、その気性は毅然として清冽で、ドレスより(よろい)を好み、裁縫針より細剣に手を伸ばした。
 そもそもアイドラとは、騎士たちの園ガルデガツト・ライエンに迎える英雄たちの魂を選別する、三人の戦乙女の一人の名である。

「名前を付け間違えたかのう」

 とつぶやく父ハイドラの言葉は、今さらの感があった。





 3

 アイドラが十二歳のとき、一つの事件が起きた。

 その日、山賊団の討伐からバルドが帰城すると、何やら騒がしい。
 中庭にかがり火が()かれている。
 当主のハイドラがわざわざ城門近くまで下りてきて、

「アイドラに会わなかったか?」

 と()く。
 バルドが、会っておりませぬ、と答えると、蒼白な顔で、

「そうか」

 と言った。
 バルドたちを迎えに、兵士二人を従えて城を出たのだという。
 山向こうの峰に、一行の姿を見て、よく知った道だからと、ハイドラに断りもせず、勝手に兵士二人を連れて飛び出したらしい。
 まだ明るい時間帯であったという。
 アイドラの兄ヴォーラは、大障壁の切れ目にある砦に詰めていて留守だった。

 もはや夜である。
 バルドの顔面も蒼白になった。

 高所から見下ろせば山の道は分かりやすいように思うが、いざ木々のあいだを進めば、方向も位置も距離も、たちまち混沌に飲み込まれる。
 この時間まで帰って来ないということは、自力で帰る見込みはない。
 かといって、夜の森で人を(さが)すなど不可能に近い。
 道も足跡も目印の木々や岩も、見分けることができないのだから。

 だが、バルドは、ただちに馬上に戻り、今連れて帰った部下たちに、

  城内の高台に、あかあかと松明を燃やせ!
  夜が明けるまで絶やしてはならん!

 と命じるや、馬首をめぐらせた。
 走り出そうとするバルドに、ハイドラは、

 「これを持って行け!」

 と一振りの剣を渡した。
 魔剣〈闇を貫くもの(モーラ・グラヴィエロ)〉だ。
 バルドは、自分の帯剣を外し、魔剣を帯びて、駆けだした。

 幸い、月は二つとも出ている。
 生い茂った木々の(あい)を縫って差し込むかすかな月光を頼りに、馬を駆り立てた。

  城から迎えに出たとすると、最初にどこで右に曲がったかが問題だ。
  いつもは私の馬に乗るから、実際の距離より短く感じているかもしれない。
  おそらく、正しい道より早く右に曲がった。

 と推測した。
 そう考えてみれば、よく似た右折路がある。
 たちまち、その右折路に到達して右折する。
 そこからは、道なりに右に左にぐねぐね曲がりながら道は続く。
 似たような道なので、迷いやすいといえば迷いやすい。
 と、分岐路に行き当たった。

  右か?
  左か?
  姫はどちらに進んだ?

 どちらとも考えられる。
 それは、ここまでの道をどう勘違いしているかによる。
 ここで追跡の方向を間違えたら、たぶんもう助けられない。

  神よ!
  わが守護神、パタラポザよ!
  汝神(いましかみ)、闇の(つかさ)なれば、この(くら)き森に進むべき道を示したまえ!

 バルドは、騎士叙任以来初めて、おのが奉ずる神の名を呼んだ。
 バルドが、奉ずる神として暗黒神パタラポザを選んだのは、この神のことを説教する聖職者などいないからである。
 つまり、聖職者に会っても教義を説かれる心配のない神だから、という信仰心のかけらもない理由なのだった。
 それでも数少ない使徒の喚び声に暗黒神が応えたのか、分岐路の闇の中に、ぼおっと何かが浮かび上がった。

 薄明かりにぼんやりと照らされた、それは巨大な顔である。
 人のようでもあり、猿のようでもある。
 首から下は闇の中に溶け込んで見えないが、顔の大きさに対してひどく不釣り合いな小さい体のようである。
 大きな目を、眠そうに半ば閉じ、ゆっくり呼吸するかのように、わずかにまばたきしている。

 〈森の賢者(パドゥリ・オーラ)

 おとぎ話に出る精霊であるが、辺境の奥深い森で見かけたという者が時々ある。
 バルドは初めて見るが、これはパドゥリ・オーラに違いない。
 大障壁(ジャン・デッサ・ロー)の向こうには、不思議な生き物がたくさんいる。
 これもその一つなのだろうか。
 と、森の賢者が、眠そうな目を少しだけ開いて、右を見た。

  かたじけない!

 と、神に対してとすれば丁寧さの足りない、獣に対してとすれば丁寧すぎる言葉を残して、バルドは右の道に馬を走らせた。
 走って、走って、やはりこの道は違うのかと不安が胸を満たしたころ。

  聞こえた!

 争いの気配がする。
 風よりも(はや)く、バルドは森を駆け抜けた。

  いた!

 少し(ひら)けた場所で、十数匹の獣と、一人の兵士が倒れている。
 いま一人の兵士は、アイドラ姫を後ろにかばい、血まみれになりながら、手に持った剣を目の前の敵に突きつけている。

 魔獣化したもぐら猿(ゼユ・スィーバ)である。

 妖魔(ギエルガノス)の妖気を浴びた獣が魔獣(キージェル)になるのだ、といわれるが、本当のところはよく分からない。
 妖魔を見たという騎士は多いが、バルド自身は見たことがない。
 ただ、普通の獣が魔獣に変わることは間違いない。
 魔獣化した獣は、体格が一回り大きくなり、凶暴化する。
 ひどく力が強くなり、肉体は異様に頑健になる。
 兎のような弱い獣でも、魔獣化すれば驚くほど強くなる。

 魔獣の目は、赤く輝く。
 そして、魔獣が現れると、近くの獣たちも凶暴になる。
 魔獣は、獣たちを引き連れるようにして、大障壁の向こうから現れる。
 この魔獣と野獣たちを撃退することこそ、テルシア家の使命なのだ。

 バルドは、魔剣を持たせてくれたハイドラに感謝した。

 もぐら猿は、魔獣化しなくても手強い野獣だ。
 人と同じぐらいの体軀。
 人よりはるかに強力な長い手。
 硬質化し、鋭く(とが)った長い指。
 敏捷性は高く、毛皮はひどく硬い。
 通常の武器では魔獣を傷つけることは難しい。

 魔剣(エルグォードラ)は、魔獣(キージェル)を倒すために生み出された剣だ。
 特殊な素材が混ぜ込んであるらしい。
 魔剣の(やいば)のみが、魔獣の表皮を、肉を、骨を斬り裂くことができる。
 魔剣は城一つ買えるほどの高価なもので、テルシア家にもこの一振りがあるのみだ。

 おそらく、もぐら猿は、血の匂いに引かれ、今来たところなのだろう。
 でなければ、この兵士が生きているはずがない。
 味方の接近を知り、兵士はかすかな笑みを浮かべ、バルドのほうにちらと視線を送った。

 それを隙とみたのか、魔獣が兵士とアイドラに飛び掛かった。

 バルドは馬を止めもせず抜剣し、走り込んだ勢いのまま、馬ごと魔獣に激突した。
 アイドラと兵士の目の前で、魔獣は真横に吹き飛んだ。
 馬から落ちたバルドは、魔獣ともつれ合って茂みに突入した。
 魔剣は、魔獣の心臓を貫いていた。

 だが、魔獣は両の手の爪をバルドの背中に突き立ててきた。
 そこは鎧に覆われていない場所なので、爪は深く食い込んだ。
 バルドは、目の前にある魔獣の顔をにらみつけながら、剣をぐいぐいと押し込む。
 魔獣の体から血が噴き出してバルドの鎧を染める。
 魔獣は大きく口を開け、鋭い牙でバルドの顔を噛み砕こうとした。

 とっさにバルドが顔を右にそむけると、魔獣の(あぎと)は、バルドの左肩を捉えた。
 強靱な(かわ)の肩当てをやすやすと貫いて、魔獣の牙はバルドの肩を噛みちぎろうとする。
 それでもバルドは、魔剣をぐいぐいと押し込み続けた。

 突然、魔獣の力が抜けた。
 目の赤い光が消えていく。
 魔獣は死んで、くずおれた。

 振り返ると、目に一杯涙をためたアイドラが、すぐそばに来ていた。
 バルドは、何もいわず、アイドラを抱きしめた。
 アイドラは、血に汚れるのも構わず、バルドに抱きついて泣いた。




5月4日「ひだまりの庭(後編)」に続く
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ