挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
劇的アフター 作者:本堂まいな
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

9/25

ガキ大将ストーカー被害 3

 袋から出てきた携帯を見て、シーンと空気が凍る。
 お隣君はパカっと携帯を開き、中を確認している。

「アドレスは?」

「……全部消されてる」

 え~っ!と声をあげる真琴から、お隣君は携帯を遠ざけ、何やら操作している。
 それからお隣君の指が止まり、さっと顔が強張った。

「データフォルダも消されてる」

「えーっ!私の撮り溜めたスイーツとかっ!?一体何で?何のために?」

 本当にー?と確かめようとする真琴に、お隣君は携帯を渡さない。
 取ろうとする真琴を宥め、とりあえずご飯を食べようとテーブルに促す。
 真琴は携帯電話を見ながらも、しぶしぶと従った。

 それからお隣君は、携帯の話を避けて、真琴と私に中学時代の話を聞いた。
 真琴の武勇伝をお隣君は苦笑しながら聞いている。

 衣替え期間を過ぎ、冬になっても夏服で登校し、生徒指導室に呼び出された話は、数ある真琴のエピソードの中で上位に食い込んでいる。
 制服を改造した、スカートを短くした、華美に化粧した人たちの中に、模範的な制服の着方だが、激しく季節を間違っている子が混じる。

 他の子には、学生手帳を読ませ、学校は勉強をするところ、直ちに制服を直せと指導する厳しめの先生も

「先生は、鬼塚が何を考えているのか分からないよ」

 真琴には溜め息混じりのその言葉。

 真琴の考えは、冬でも半袖半ズボン、年中早食い出来るやつが偉いという間違った観念があったようだ。
 見ているだけで寒いので、早食いも消化に悪いので、その辺りは女子が協力して認識を改めさせた。
 中学1年生の冬のエピソードだ。

 真琴手製のデザートを食べ終わり、さて携帯は…と真琴が状況確認を急ごうとしているのに、お隣君はのらりくらりとそれを交わしている。

「この携帯の解説書、ある?」

「あるよ?」

「持ってきて。もしかしたら、自動的にバックアップ取れる携帯かも」

「え?そんな携帯あるの?分かった、取ってくる」

 真琴はアドレス元に戻るかも!と叫んで、部屋に戻った。
 真琴が家を出るのを見届けて、お隣君は例の携帯電話を取り出した。

「真琴は暫く戻ってこないよ」

「そうですね」

 真琴は、どこに何をしまったか把握している性格ではない。

「その携帯…」

「アドレスは消された。データフォルダは…別の画像で一杯になっている」

「別の画像…?」

「見ない方が良い。多分、部屋で撮っただろうから、犯人の手がかりを捜すのに俺が見る」

「顔は写ってないんですか?」

「顔は写ってない」

 私は見ない方が良い、部屋で撮った、顔は写っていないと言うキーワードから、何を写したのかは大体見当がつく。
 お隣君は嫌悪感を露に、画像を見ていった。

「最近、ゴルに何があった?」

 私は真琴から聞いた話をお隣君に聞かせた。
 黙って聞いていたお隣君は、はぁっと長々溜め息を吐く。

「俺は何も聞いてない」

 お隣君は天を仰いでから、大捜索をしているであろう真琴の家の方向を見る。

「写真の中に、ゴルのバイト先のケーキ屋の袋が写っていた。他は大体アップで、手がかりは掴めなかったけど」

 何のアップが写っていたのか聞きたくない。

「今日の昼くらいにゴルの携帯番号から電話があった」

 お昼頃、真琴はバイト中だ。
 バイト中に真琴が私用電話をするはずがない。

 その発信者はつまり…。

「自称ゴルの彼氏から。俺が付きまとうから真琴は迷惑してる、真琴から離れろ、真琴と話すなって興奮気味な男の声。咄嗟に録音したけど…ゴルに聞かせて人物特定できるかどうか…」

 本当の彼氏だとは思わなかったですか?と言う問いかけにお隣君は癖のある笑みを浮かべた。
 そうですね、これだけ一緒にいれば彼氏の有無くらい分かりますね。

「俺の方も言い返して、挑発しておいた。最後は激昂して携帯切られて、それから慌ててゴルを迎えに行った。ターゲットが俺になるように仕向けたつもりだけど、相手はストーカーだからどう動くか分からない」

 私が分かるかもしれないので、録音を聞かせてもらう。
 真琴と俺は愛し合ってるんだ!と言う笑いを含めた声を聞いてゾクッとしてしまった。
 ねっとりとした粘着質な声。

 鳥肌が立つ嫌な思いをしたけど、収穫はなし。この声に思い当たる人物はいなかった。

 この携帯、とお隣君は忌々しげに指で弾いた。

「これは証拠として残しておくけど、ゴルには渡さない。この携帯をゴルが使うなんて冗談じゃない。触るのも許せない」

 そう吐き捨てた後、本庄さんもゴルを誤魔化すのに協力してくれと言われた。
 協力は良いんだけど…お隣君がいると心強い。

 頼りないと思って、除外してしまったのが悔やまれる。
 相談するように、真琴に言えば良かった。後悔先に立たずと言うけど、全くその通り。

 でも真琴が今のお隣君の写真を見せてくれれば良かったのだ。
 何故に小学生の頃のを…と自分だけのミスではないと自己弁護する。

「あったー!あったよ!これ、解説書」

 お隣君の家の廊下を走り、真琴が飛び込んできた。
 お隣君はパラパラと解説書を捲り、首を振った。

「ダメだ、これ」

 お隣君の言葉に、真琴は崩れ落ちた。
 うぇぇ~頑張って探したのに…とわざとらしい泣き声が聞こえる。
 真琴、お隣君に騙されている。
 お隣君は、私と話をする時間を稼ぎたかっただけだ。

「でも、もしかしたら直せるかもしれないから、携帯預かっておく」

「え?直る?本当!?じゃあ、お願い」

 更に騙されている。
 お隣君は、携帯を渡したくなかっただけだ。
 アドレスやデーターフォルダは復元しないだろう。

 バタバタ寝転んで乱れた真琴の髪を、お隣君が指で梳いて直している。

「ほら、本庄さんと色々と話をするんだろ」

 うんと返事をしながら、ちゃっちゃとテーブルの上を片付け家に戻る準備をしている。
 切り替えが早い。

「ゴル、明日もバイトか?」

「明日もバイト」

 お隣君は、真琴の送り迎えをする算段を付けている。
 携帯がない真琴とどう連絡を取るか、問題だ。

「最近入る日多くないか?学校も始まったばかりだし、あまりバイトに励むと体がもたないぞ。土日、殆どバイトしているだろう」

 そう心配するお隣君に、真琴は少し困り顔をした。

「うん…私も少し減らしたいんだけど。3月末でバイトの子が2人辞めちゃって。人が足りてないんだ」

「あれ?でも、店長が求人して申し込みがあったって言ってなかった?」

 求人雑誌やインターネットに載せる大規模な求人ではなく、店の入口に貼り付けただけの求人チラシ。
 やはり周知は難しく、中々応募が来なかった。

「あー今日その人の面接したらしいんだけど。ケーキとかにあまり興味ない男の人だったみたいで、質問しても上の空で、格好もちょっと不衛生だったからその場でお断りしたって店長が…」

「その面接はどこでやったっ!?」

 勢い込んで聞く私に、真琴が仰け反った。

「当然、事務室だけど……あ!」

「あ!じゃないわよっ!」

 部外者が事務室に入ったって事じゃないの。

 間違いなくその男が、ストーカーの犯人だ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ