挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
劇的アフター 作者:本堂まいな
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

15/25

ガキ大将危機一髪 2

 閉店間際にシュークリームを買い、店の前で食べる。
 バイトを終えた鬼塚真琴が出てきたところで、アクシデントを作り、そのシュークリームで鬼塚真琴の服を汚す。

「失礼、お嬢さん。…君に見とれてしまって…シュークリームを飛ばしてしまった…」

 服を弁償すると謝り、高級ブティックに連れて行く。
 そのままお詫びと称して、ディナーへ。
 夜景が綺麗に見えるロマンチックな店を予約しておこう。

 もうこの頃には、鬼塚真琴は私に並々ならぬ感情を抱いているわけだ。
 両思いと思わせて、最後にネタ晴らしをしてやろう。

 私はスキップする勢いで、鬼塚真琴のバイト先に向かった。

「あ…シュークリーム売り切れですか。そうですか…人気なんですね」

「閉店間際ですと商品が殆ど売れてしまって…」

 ショーケースを見るとロールケーキが1本残っている。
 ロールケーキを購入してみたものの、それを店の前で食べるのは難しい。
 流石に人の目が気になる。

 こんなに人気があるお店とは思わなかった!私としたことが抜かった!
 作戦を立て直す!

 私は、出直すことにした。
 ロールケーキ美味であった。今度は違うのも買ってみよう。


 本屋になれるくらい漫画を購入した。
 少女マンガ面白い。ヒーローの完璧さが私と似通っていて、感情移入しやすのだ。

 さて、次なるシナリオは虫にドッキリ、あなたにドッキリ作戦だ。

「あ、あんなところにゴキブリがっ!」

 お金で雇った者たちがカサコソとゴキブリを放つ。

「キャーッ!」

 悲鳴を上げる鬼塚真琴を庇うように前に出た私は、颯爽と黒い悪魔を倒す。
 正確には私が雇った者たちが倒す予定だが。
 私とてあのように醜いもの触れたくないわ。
 その者達にはイメージ上、剣で倒して貰いたかったが、無理なので殺虫剤使用を許可しよう。

 黒光りゴキに襲われるピンチに駆けつけた私の姿は、鬼塚真琴の心に鮮明に焼きつく。

 ファンタジー恋愛小説の定番

『ピンチを助けてくれた謎の男を好きになってしまう』

 を現代風にアレンジだ。

 ふふふ…ははっ…はははー!

 店から鬼塚真琴が出てくるのを見て、目で合図する。
 放たれたゴキ2匹のうち1匹が上手い具合に鬼塚真琴の足元に向かった。
 それを見て、足を止める鬼塚真琴。

「店先に…何で?」

 鬼塚真琴はきょろきょろと辺りを見渡したあと、ハンターのような俊敏さで、ゴキブリの触覚を掴んだ。


「ノーッ!」

 悲鳴を上げる私。
 触覚を捕まれてじたばたしている哀れな黒い悪魔。

 私の悲鳴を聞いて、鬼塚真琴は苦笑いを浮かべた。

「すみません。お店は清潔ですよ。ケーキ屋の前にいるなんて印象悪いですよね」

「……いや…」

 本当にもうっ!と、それを持ったまま店の裏に引っ込む鬼塚真琴。黒い悪魔は、鬼塚真琴の指一本で倒されてしまった。
 謎の男の出番がなかった。

 ふっ!流石は私の宿敵。虫如きで怯む輩ではなかったわ。
 私としたことが、抜かった!

 作戦を立て直す!
 少女マンガを夜を徹して読み漁る。

 嵌った。嵌ったのは、過去へのトリップ物、全28巻。
 流石にこれを演出するのは難しい。別の漫画に移ろうと思ったが、面白くて止まらなかった。
 28巻読破。
 ファンブックも読んでしまった。

 同じ作家のものを探す。

 動物に変身できる女の子の話。
 これも実現不可能と分かってるのに、最初に読んだものが物凄く面白かったので、こちらも期待してしまった。

 予想通り面白かった。そして切ない気持ちになる。
 …この2人が死んでしまうなんて。
 うぅぅ…生きて…幸せになってほしかった…うぅ。
 泣きながら18巻読破。

 朝になってしまった。
 目がしょぼしょぼする。


 作戦は一度寝て、起きたら立て直す!
 ぐぅ。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ