挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
劇的アフター 作者:本堂まいな
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

10/25

ガキ大将ストーカー被害 4

「何で気がつかないのよっ!」

「携帯失くしてパニックになってた!」

 あれ?携帯がない!どっ…どうしよう!電話しなきゃ!
 その電話をする携帯がないんだって!
 おろおろおろ。

 公衆電話、公衆電話!どこにあるんだ!
 そうだ、周辺地図をダウンロード…
 その携帯がないんだって!
 あわあわあわ。

 お店の電話を借りれば良いんだ!えーと電話番号、電話番号!
 電話番号が載ってる携帯がないんだって!
 うろうろうろ。

「っと言った次第で…」

「もう!それでどんなやつだった!?」

「え…店長が面接している間、お店にかかりきりになったから、全然見てない」

「店長が面接した時間は何時くらいだった?」

「んーっと2時半くらいかな」

 お隣君に電話が来たのは、4時少し前。
 真琴の携帯を盗み、着信履歴や発信履歴を見て、真っ先にお隣君に電話をしたのだろう。
 それから真琴の家に携帯を返しに来た。
 そのどこかの過程で、自分撮りをして。

「近いうちに来るな…」

 難しい顔をして考え込むお隣君。
 携帯番号や、住所、バイト先までばれている。非常に危ない気がする。 

 真琴はお皿を洗ったり、余ったものにラップをかけたり、テーブルを拭いたり、せっせと片づけをしている。

 真琴から、部外者は雑用しますよというオーラが出ている。

 当事者、当事者だから!
 ストーカーされていると言うのに堪えた様子がない真琴に、力が抜けてしまった。

 真剣に対策を立てるお隣君は本当に偉いと思う。
 本人やる気がないと言うか、良く分かってない様子なのに。


 だからこそ、余計心配になる。

 数日後、私は真琴のバイトが終わるのをお店の前で待っていた。
 お隣君が預かっている真琴の携帯に、ストーカー男からメールが来たらしい。

 今日、デートしよう、と一文だけのメール。

 危ないからと渋られたけど押し通して真琴を迎えに来た。 
 只今の時刻、午後8時。

「こんばんは、本庄さん」

 お隣君がやって来た。
 お隣君は、黒のシャツとジーパンを履いていた。
 お隣君の体型ならこんな服とかも似合うのにとコーディネーターの血が騒ぐ。

 すぐに真琴が飛び出てきた。急いで着替えたのか、服が乱れている。

「洸も千草もありがとう」

 今日も真琴は元気だ。
 心配させまいと、ストーカーを気にしてない様子を装っているわけではなく、本当に気にしてない。

 私と真琴が2人並んで、その後ろにお隣君が続く。
 先日と同じ、公園の入口に差し掛かったところで、人影が現れた。

「真琴?どうして約束の場所に来ないんだ?」

 小太りでにきび面の男が、のっそりと出てきて真琴を見つめた。

 真琴はん?と言う表情をしてから、私とお隣君を交互に見て、再度その小太りの男に視線を戻した。
 誰だろう、この人?と首を傾げたあと、何かに気付いた真琴ははっと息を止めて後ずさりした。

「あの人…っ!本屋の…」

 白いトレーナーに、右袖に黒いシミ。

 数週間前に真琴に聞いた服装と同じ人物が立っていた。
 真琴はクルッと身を翻し、お隣君の後ろに隠れた。
 さり気無く、私も身を隠す。

「やばい…っやばいよ、あの人っ!まっ…まだ服、服洗ってないよっ!」

「こだわり、まだそこにあったのっ!?」

 一般人が思い描くストーカー像をそのまま立体化させたような、小太りで不健康で、不衛生な男。

「何で真琴はそんなやつと一緒にいるんだ?何で真琴は僕にメールを返さない?何で真琴は僕の側に来ないんだ?真琴は僕を愛しているんだろう?それなのに駄目じゃないか!」

 本屋でデートしたじゃないか!ケーキ屋で待ち合わせしたじゃないか!映画を一緒に観に行ったじゃないか!真琴の好きなラーメン屋で、カレーを食べたじゃないか!

 1日何度も連絡をし合ったじゃないか!
 愛してるって何度も言い合ったじゃないか!

 自分が言った言葉に興奮してきたのか、唾を撒き散らし、狂ったような勢いだった。

「あっ…あの人っ、…ちょっとっ…!いや、かなりっやばくないっ?」

「今更気付いた!?」

 名前を連呼され、真琴の顔が引き攣って行く。

 後ずさりをしつつも、お隣君の服を離さないので、切れるくらい服が伸びている。

「お前が、ゴルに付きまとっていたやつだな?」

「付きまとってなんかいない!僕と真琴は恋人同士なんだ!愛し合ってるんだ!交差点ですれ違った時、お互いに運命を感じたんだ!」

「交差点…っ?なっ何…?あの人、流行の中二病ってやつ?」

「あれは中二病じゃないわよっ!」

 そうなの?じゃあ、中二病って何?お隣君の後ろに隠れながらの会話。

 何だろう!あれ!未知との遭遇に慄きながらも、少し好奇心が出たのか、真琴がお隣君の服を離し、ストーカー男に近寄ろうとする。

「ゴル、前に出るな」

 お隣君に諌められて、真琴はまたぴょいっと後ろに引っ込んだ。

「僕の真琴をゴルなんて呼ぶな!真琴は可愛くて、優しくて、僕に相応しい女の子なんだ!ゴルなんて呼んで、僕の真琴を侮辱する気かっ」

 プルプルと震えて憤るストーカー男。

「何で私のあだ名あんな貶されてるの?ゴルゴンゾーラって駄目?」

「駄目も何も…。その呼び名、気に入ってんの?」

「割と。何か攻撃魔法にありそうじゃない?光の戦士とかが使えそうな。ゴルゴンゾーラ!って叫んでバババババーッと悪を倒す」

「そういうのが中二病よ。大体チーズが出るだけの攻撃魔法で何を倒せるのよ」

「違う。凄まじい威力を持った青い光線とか格好良い感じの」

「あぁ、ブルーチーズ」

 真琴とふざけた会話をしながら、ストーカー男の様子を伺う。

 ストーカー男は、最初お隣君に怒りを向けていたようだが、その内それは真琴に向けられた。

 どうして真琴は僕の側に来ないんだ!僕が好きなはずなのに!好きなはずなのに!あんなに愛してるって視線を送ってきたのに!だから僕は、愛し返してやったのに!

 尋常ではない様子で問い詰められて、真琴が怯えていざという時動けなくなるのでは?と焦ったけれど、真琴は何だろう?あれ…と言わんばかりにポカンとしていた。

「真琴が僕にくれたこれ、大事に使ってるよ」

 ストーカー男は怒っていた様子を一転させ、にやにやと笑い出した。
 喜怒哀楽の移り変わりが激しくて、気持ち悪い。

 ポケットからハンカチを取り出し、スンと匂いを嗅ぐ。

「あれ…私のハンカチ…」

「真琴からはいつも甘い匂いがするよね。このハンカチも甘い。このハンカチのお礼を携帯に入れておいたよ。喜んでくれた?」

 ぺろっとハンカチを舐めたストーカー男に、私は絶叫した。
 ぎゃーっ気持ち悪いっ!

 真琴はそれを見た瞬間、硬直していた。

 口を開けたまま、瞬きすらしないでストーカー男を見ている。ストーカー男の脳内では、真琴と自分が見つめあっていると変換されているはずだ。

 戯言を言いながら、ニヤニヤと笑って真琴のハンカチを舐めるストーカー男に、お隣君はスタスタと近づいた。 

 そのままお隣君は、ストーカー男の顔面にポカンと一発、ストレートパンチ。
 倒れこんだストーカー男の胸倉を掴み、公園周りの木の陰に引き摺っていった。

 何やら不穏な音と、カメラのフラッシュの音。

「これ以上ゴルに付きまとうようなら、顔写真付きで、あのお粗末な写真をネットに流してやるからなっ!この〇〇〇野郎っ!」

 放送禁止用語が聞こえたけれど、自主規制。
 ドカッという音と悲鳴が聞こえた後、すっきりした顔のお隣君が出てきた。

「あの男は?」

「死んだ」

 木陰で何かが蠢いている。うぅ…と唸り声が聞こえるので、生きてはいるのだろう。

 真琴は戻ってきたお隣君を見て、ほっとしたような顔をした。
 それから、ストーカー男がいる木の辺りを見ていたが、まぁ良いかと頷いてくるりと背を向けた。

「良いの?真琴も何か言ってやれば?」

 止めを刺す一言でも言ってやればいい気がする。

 ストーカー男がダメージを食らう方法は、真琴に既に相思相愛の恋人がいて、付け入る隙などないと思い知らせてやる事かもしれない。

「そうだ、真琴。耳貸して」

 こしょこしょと話す私の言葉に、フンフン頷く真琴。

「…うぅ…真琴…」
 木の陰からストーカー男が這いずってきた。
 軽くホラーだ。
 その目は恨めしげに真琴を見ている。

 何故真琴は僕を助けないんだろう?僕を愛しているはずなのに。

 ぶつぶつ呟く声が聞こえた。

「ごめんなさい…実は私、この人が好きなのっ!あなたには理解出来ないかもしれないけど、好きで好きでどうしようもないのっ!」

 ストーカー男に向かって叫んで、真琴ががばっと抱きつく。

 うるうるした目で、甘い声で、とびっきり可愛い顔で。
 絶対離さないとばかりに、必死にしがみ付く。



 ……………私に。

 いやっ、私にじゃなくてお隣君にやれって言ったんだけどっ!

「えーっとそれから…。この気持ちは、誰が何をしても変えられないものなの。だからごめんなさいっ!私は、この人を心の底から愛してるっ」

 だから何で私に向かって言う!?
 好きって言いまくって、ストーカー男が入る隙間なんてないって事をガンガンアピールせよという指令を出した。

 確かに主語を入れなかったが、この場合はお隣君にだろう。

「だからもうっ!私のことは忘れてっ!幸せになって!私もこの人と、幸せになるっ」

 更にきつく私に抱きつく真琴。

 痛いんですけど…体も。
 お隣君の視線も。

 そのまま公園にストーカー男を置き去りにし、真琴の家に向かう。真琴は一度家に挨拶してから、お隣君の家に上がる。

 真琴は、成し遂げた!やってやった!みたいな顔をしているけど、私は気まずい。
 お隣君、未だに無言。
 私も気まずくて、無言。
 真琴だけ、解決したーと鼻歌。

「え~お疲れ様でした。色々と…大変でしたね…」

 そうだね、と元気のないお隣君の返事。

 真琴が冷蔵庫を漁り、ちゃちゃっと夕飯を作っている。
 真琴の専門はお菓子だけど、料理全般のレベルが高い。

「しかし、やっぱり千草はすごいよね~。私さ、最初は洸と恋人同士だって言おうと思ったんだ。でも千草が好きって言って抱きつけって言ったじゃん。なるほど~って思ったよ~。レズって言うか…同性愛?マイノリティって生まれつきのものだから、確かにそう言う理由の方があの人も諦めてくれそうだよね」

 ……いつの間にか私の指図になってる。

「あれで治まるかな?」

 まだ安心できない。ストーカーの心理と言うのは普通ではない。

「当分、俺がゴルの側にいる。まだ続くようなら、出るところ出てもいい」

 こっちには幾つも証拠がある、とお隣君が忌々しげに言う。
 一番の証拠は、携帯電話だろう。
 さっきの遣り取りも、きちんと録音をしていたようで、証拠には事欠かない。

「世の中変な人がいるもんだね~。言っている意味が全然分かんなかった」

「ストーカーと言うのはそういうものなの!真琴はあの男、どこかで見かけた覚えないの?真琴の行動範囲の至る所で出没してたじゃないの。真琴がラーメン屋でカレーを頼むって言う特異なことも知ってたし」

「全く見覚えがないんだよね。不思議な事に」

「真琴の注意力のなさがもう不思議の領域よ。ま、でも一応解決したみたいで良かった」

「でも、私の携帯がない。メモリーもない」

 明日真琴はバイトがない日のようで、当然のようにお隣君と携帯を買いに行く時間を決めている。

 メモリーは復活させる手段がないわけではないが、お金がかかる。
 しがない専門学生には厳しいもので、人づてに集めるのが地味だが最善だろう。

「あのハンカチさー。多分、携帯を盗られた時と一緒に盗られたんだと思う」

「あぁ…あれはちょっとトラウマになりそうな光景だったわ…」

「ねー。携帯はやっぱりもう使えないよね。ハンカチ舐めてたもん。携帯も絶対舐めてそうで嫌だ。口の中とか入れてそう」

「…………………」

 お隣君は無言で立ち上がって、洗面所へ行ったまま暫く戻ってこなかった。

 一番携帯に触ったのって、お隣君だから改めて嫌悪感が湧いたんだろうな。

 お隣君、男前なんだけど、どこか不憫。
 お隣君の真琴への気持ちは明白で、でもそれ、いつ伝わるんだろう?
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ