挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
悪いな勇者、このダンジョンは小人用なんだ 作者:钁刈洸一

ダンマス生活 1日目

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/116

1話 体は小人、中身はおっさん

「気持ち悪い……」

 目覚めは最悪だった。
 頭ん中にいろいろとつっこまれたせいだろう。
 ダンジョンの作り方とかダンジョンマスターの使命とか。

 瘴気を放出し続ける世界の害悪“邪神のダンジョン”を攻略するためにダンジョンマスターを神が創り出した。
 邪神のダンジョンを攻略して自分のダンジョンとして上書きすることが任務。

 この世界の住人は“邪神のダンジョン”も“ダンジョンマスターのダンジョン”も区別していない。むしろダンジョンマスターは邪神の手下と思われている。そのため、ダンジョンマスターは討伐対象。

 ダンジョンマスターやそのダンジョンは世界に拡がっている瘴気を吸収する。吸収した瘴気はDPに変換できる。
 この世界の住人は瘴気を魔素と呼んでいる。

 瘴気って悪い物みたいにいってるけどさ、この世界の住人にとって悪影響がないんじゃないの?
 ダンジョンマスターは討伐対象か。はあ。

 ダンジョンは創るだけで大きさに応じて瘴気を吸収し、DPを入手できる。
 瘴気はこの世界の生物も持っているので、生物を倒したりダンマスダンジョン産(DPで購入した)以外の存在が自分のダンジョンにいるだけでも瘴気を吸収し、DPを入手できる。
 瘴気を持つ生物を倒してDPにすることを神は問題視していない。
 もちろん人間でも。
 というか、それが一番DPが稼げる方法みたいだ。そりゃ討伐対象にされるわ。

 世界最大の邪神ダンジョン、世界の中心(ワールドコア)の攻略が最終目的。
 何層あるかも判明していない超巨大ダンジョン。
 ダンジョンマスターはこのダンジョンに自分のダンジョンを接続して領域を書き換えられる。

 最初っから世界の中心に自分のダンジョンを接続すると、すぐに邪神ダンジョンのモンスターにやられてしまうので、初心者ダンジョンマスターはまず自分のダンジョンを創って、そのレベルが10になって初めて邪神ダンジョンに接続できるらしい。

 それまでは死んでも無料で復活できる。ソシャゲのご新規さん向けのキャンペーンみたいだな。
 死んでも逃げられないってのはありがた迷惑だけどさ。

 自分のダンジョンが目立つと現地の住人が討伐にやってくる。
 DPを稼ぐチャンスではあるが危険だよなあ。小人(こびと)の小さいダンジョンなんてすぐに踏破されそうだ。
 入れればだけどさ。

 んじゃ早速ダンジョンを創りますか!




 ……待て。
 おかしい。
 今の思考の流れでなんで俺はすぐにダンジョンを創ろうとした?

 まだダンジョンマスターの知識注入の影響が残ってるのか。
 俺をダンジョンマスターにした神は、よほど早く邪神ダンジョンの攻略を始めさせたいらしいな。

 焦る必要はない。
 まずは現状の確認からだろ。

「なにもないな。アニメや漫画だったら手抜きって言われそう」

 俺がいる場所にあるのは真っ白い床だけ。天井や壁すらない。だだっ広いなにもない空間。
 脳にインストールされたダンジョンマスターの知識によれば、生まれる前のダンジョンマスターが自分のダンジョンを設定するための準備空間らしい。

「俺、まだ生まれていないのか」

 ここで待ってたら他の生まれる前の同業者(ダンジョンマスター)に会えるかな?
 情報交換……どっちも初心者か。あまり役には立たないかな。

 そして文字通り生まれ変わった自分の確認。
 死後硬直からは解放されている。
 鏡は……ないか。それぐらいサービスで置いておいてくれればいいのに。気が利かない運営(かみさま)だ。

 着ているのは貫頭衣。
 体型はたぶん中肉中背。STRやVITの値は反映されないのか?
 貫頭衣をまくってみると、前世と違って腹は弛んでなかった。学生の頃よりも引き締まっている。細マッチョかも。

 ただ、はいてない。装備は貫頭衣のみだった。

「裸よりはマシか」
 長方形の布の真ん中に頭が出るための穴を開けて、2つ折にして折り目付近の腕が通るところを残して脇を縫った単純なつくりだ。袖は肩までしかなく、長さは膝のちょっと上まで。
 下の方までは縫われていないようで、歩きづらいことも見えることもなさそうだ。
 これが転生者(ダンジョンマスター)の共通の初期装備なんだろうか?

 むっ!
 これはもしかして、小人族が増えるチャンス?
 だってさ、普通には見えなくても、小人の身長からなら合法的にノーパンが覗ける!
 小人視線すげえ。
 クチコミに投稿したら小人増加間違いなしだろう。

 しないけどね。

 小人が増えたら運営が必要DPのバグに気づきやすくなる。
 それに美少女だけならともかく、ヤローのナマ装備が見えてしまうのは嫌だ。女性もすぐに下着ぐらい用意するだろうし。

 そしてダンジョン作成!




 だから待てっての。
 ダンマス知識インストールされた時に思考誘導かなんかされているな。強く意識してないといけないようだ。

「ダンジョン作成はまだ早い、ダンジョン作成はまだ早い、ダンジョン作成はまだ早い……よし!」

 とりあえず自己暗示で抵抗する。
 ええと次は、そうだ、まだ自分自身の確認が完了していない。

「ステータス!」
 別に口に出さないでもステータスは見れるけど、その場のノリだ。


フーマ
スクナ 男 LV1
ダンジョンマスター

STR 200
INT 264
AGI 200
DEX 200
VIT 500
MIN 999

HP 1400/1400
MP 2526/2526
CP 1499/1499

スキル
ダンジョンマスター語LV1、標準小人語LV1、農業LV1、酒造LV1、調合LV1、温泉作製LV1
アイテムボックス(10000キロ増量)、鑑定LV1、前世の記憶、地図、前世のアイテム(100キロ増量)、鑑定妨害LV1
ガラテアLV1、複製LV1、セーフルームLV1
彫刻LV1、彫塑LV1、裁縫LV1、木工LV1、料理LV1
錬金術LV1
投擲LV1、剣LV1、槍LV1、弓LV1
地魔法LV1、水魔法LV1、火魔法LV1、風魔法LV1、光魔法LV1、闇魔法LV1、回復魔法LV1
小人魔法LV1、転移LV1
暗視LV1、解錠LV1、施錠LV1、罠発見LV1、罠解除LV1
感知LV1、再生LV1、壁歩LV1、隠形LV1
怪力LV1、機敏LV1、知識LV1、頑丈LV1、気骨LV1
HP倍増LV1、MP倍増LV1
毒耐性LV1、病気耐性LV1、痛み耐性LV1、麻痺耐性LV1、石化耐性LV1、高温耐性LV1、低温耐性LV1、魅了耐性LV1、肉体異常耐性LV1、精神異常耐性LV1


 うん。3文字能力値はオール3桁。
 上げやすいMINはきりのいいところまで上げたよ。本当はVITも999まであげたかったんだけどDPが足りなかった。
 作成時には表示されなかったレベルは1か。レベルアップに必要な経験値も100分の1とかないかな。

 さすがにそれはないか。

 スキルは取りまくったけど、使ってるうちに上がると思ってレベルはほとんどが1。
 DPをほとんど使うことになってしまったのはガラテアと複製という高額スキルのせいだ。

 ガラテアスキルは像や人形を本物にできる。
 複製スキルは見本にした物をコピーできるスキルだ。コピー元に使われているのと近い物質が必要だけど、レベルが上がれば全く同じ物をコピーできるようになるらしい。ただ、魂は複製できないので生命の複製はできない。
 ガラテアの方が必要DPが大きいのは生命を吹き込むからだろうか。

 他もわかりやすく使いやすそうなスキルを選んだつもりだ。


 もう確認することはないかな?
 なら仕方ない。本当にダンジョン作成を始めますか。

オーバーラップノベルス様より発売中!
立ち読み&口絵公開中です


width=
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ