挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
チートあるけどまったり暮らしたい のんびり魔道具つくってたいのに 作者:なんじゃもんじゃ

1章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

44/142

039 ダンジョンアタック3

 

 初心者用ダンジョンに潜ってから3日、今日はダンジョンに潜るのだが、2回目なのでパーティー単位で1層の踏破を目指す。
 今回は前回同様に複数のパーティーで潜っても良いのだが、ブルーム先生達教師陣は同行しない。

 俺達のパーティーは力を付ける為にも早期に初心者用ダンジョンの完全踏破を目指しており、単独で1層の踏破を目指す。
 単独で踏破しないと次の層にチャレンジする許可がおりないからだ。

 単独行は俺達だけでは無く、ドロシー様のパーティーや他に3パーティーほど居ると聞く。

 それと、学校内でブリュト商会のマジックアイテムの取り扱いは禁止されてしまった。
 理由は至極単純で『自分たちでマジックアイテムを作れ!』との事だ。
 まぁ、そう言う学校なので仕方が無いが、全員が全員マジックアイテムを作れるわけでは無いので、次の講座変更希望ではアイテム講座の人気が出そうな気がしないでも無い。

 なんて納得なんかできるかいなっ!
 うちの商品が不良品だったり能力が低すぎて役に立たないって言うなら諦めもつくが自作しろって言うのは無茶があるんじゃ無いでしょうかね?
 だから色々食いついてやったら、ポーション類だけは何とか押し込む事ができた。

 因みにブリュト商会の商品は俺が開発しているので、俺や俺のパーティーメンバーであるカルラやペロンは使用を許されており、ペロンなどは同級生だけでは無く上級生からも嫌味を言われたそうだ。すまん!

 さて、改めて単独で1層に潜った俺達は前回と違うルートでボス部屋を目指している。
 出現する魔物は前回と同じブラックラビットだ。
 ここで出現する魔物が変わっていたらビックリだけど、そんな事は無い。

 そんな中、俺はある事を思いついてしまった。
 俺達のパーティーは女男の区別無しで剥ぎ取ったアイテムを平等に運ぶが、ダンジョンの奥に進めば進むほどこの剥ぎ取ったアイテムが多くなり運ぶのが大変になるので、これを改善出来ないかと思った訳だ。
 元々日本のゲームなんかでは収納ボックスだったりアイテムボックスだったりの概念があるのでイメージはし易いので、今度収納用のマジックアイテムの作成をチャレンジして見ようと思う。

 そんな事を思いながら持ちきれないアイテムを捨てながらダンジョンを奥に進んで行く。

「てか、クリストフの魔力量ってどんだけあるの?」

「ん~、沢山?」

「沢山なのは解ってるわよ!まったく・・・」

「仕方ないですよ、魔力量なんて多そうとか少なそうって感じでしか解らないんですから~」

 ペロン君、しっかり数字化して解りますよ!
 でも教えると色々面倒だから教えないけどね。・・・今はね。

「まぁ、良いわ。ボクの魔術の威力も少しは上がっている気がするからね」

「あ、それ僕も感じています。少しですが威力が上がっている気がしました」

 うむ、君達の【知力】と【精神】は順調に成長をしているぞよ。
 頑張りたまえ!

「休憩はもう良いかな?ボスが待っているんだけど」

「うっし、行くか~ペロン!」

「はい!」

 カルラ君、男らしいね・・・

 ボス部屋の中は前回と同様にブラックラビット2匹とワーラビットが待ち構えていた。
 2人が準備OKと頷いてくる。

「ダークバインド」

 最近、闇属性は俺の代名詞みたいに言われて居る。
 バカボンに御仕置きした時も闇属性のグラトニー・アブソープションだったし、前回のダンジョンアタックで使った魔法もこのダークバインドだし、皆には俺が闇属性メインの魔法使いだと思われているっぽい。
 勿論、カルラとペロンには全属性の事は教えている。
 だってパーティーなのに属性を知らないとか有り得ないじゃんね。・・・でも階級に関しては濁しています。すまん!

 俺は毎回ダークバインドだけ。
 魔物を倒すのはカルラとペロンの役目だ。
 俺がダメージまで与えると2人の仕事が剥ぎ取りだけになってしまうのでそうしている。

「やっぱり自分で魔法陣を書けないといけないわっ!」

「やぶから棒に何を叫んでいるんだよ?」

「クリストフは良いわよ、自分で魔法陣を書けるのだから。でもボクとペロンは人が作った魔法陣を使っているから応用力が無いと言うか、使いたい魔術を使えないでしょ?」

「そうだね。僕も早く魔法陣を書ける様になりたいよ」

 魔術は魔法陣に魔力を供給すれば発動するが、魔法陣に魔力を供給する仕方を工夫すると威力が上がる事もある。
 基本的には魔法陣の構成次第なのだが市販されている魔法陣ではあまり効率が良いとは言えないし、威力は最低限のものばかりなので自分で魔法陣を書ける様になると幅が広がるね。
 それに魔法陣を書ければ魔術師として一定のレベルに達したと認めてもらえる。

「魔術に拘らず魔法を試してみたら良いのに」

「クリストフと違って魔法と魔術を勉強なんか簡単に出来ないわよ!ボクたちは一般人なんだからっ!」

 何気に貶していませんか?
 ねぇ、ねぇ、カルラ君は俺の事人間扱いしてますか?

 てか、カルラは一般人ではなく貴族です!
 そして俺も貴族です!


 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ