挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
チートあるけどまったり暮らしたい のんびり魔道具つくってたいのに 作者:なんじゃもんじゃ

1章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

39/142

034 決闘4

 

『虚無の力にて魔を喰らいし者よ、彼のものの全てを奪いつくす事を許す、彼のものの全てを喰らい尽くす事を許す、虚無の主たる我が命ず、出でよ!・・・グラトニー・アブソープション』

 俺の詠唱が終わるとバカボンの周囲を黒い霧が包み込み、その霧はドンドン濃さを増して行く。

「こ、これはっ?!」

 シ-レンス先生だけではなく、副審をしていた2人の教師からもグラトニー・アブソープションのドス黒さに声が上がる。

「クリストフ君、それはまさか・・・グラトニー・アブソープション?!」

「あのままでは観客に被害が出そうでしたので」

「その魔法は危険です!直ぐに解除をっ!」

「すみません、一度発動させたグラトニー・アブソープションを解除はできません」

 発動途中であれば発動を中止する事はできるが、発動後に中止や解除は流石に俺でも出来ないよ。

「くっ!スリバス先生、治癒班は結界周辺で待機をっ!」

 シーレンス先生も発動後の中止が出来ない事は分かっているので、魔法の効果が切れた時にバカボンを直ぐに治療ができる様に救護班を呼んで待機させている。

 このグラトニー・アブソープションは闇属性の王級魔法で対象の魔力を奪い尽くし、さらに魔力回路を破壊する対魔法使い、対魔術師用最終兵器とも言える魔法なのだ。

 魔力回路とは人間や魔物などの体内を循環する魔力の通り道の事であり、この魔力回路が破壊されると下級程度なら何とかなる場合もあるが中級以上の魔法はそれだけの量の魔力を循環・供給する事が出来ないので全く使う事が出来なくなるのだ。

 このグラトニー・アブソープションであればあのマジックアイテムの魔力を喰らい尽くし魔力回路を破壊できるので、周囲に被害が及ばないと言うわけだね!
 まぁ、バカボンの魔力回路も破壊してしまうが、仕方がないよね?
 それに魔力回路は神殿で大金を払えば治してもらえるはずだから。
 ・・・完全には無理だろうけど。

 光属性には魔力回路を修復する魔法があるので高位の神官であれば一応は治す事ができるはずだ。

 ドス黒い霧がバカボンを包んでからはマジックアイテムの魔力を霧が吸収した事で霧の黒さがドンドン濃くなっていく。

「うあぁぁぁぁぁぁぁ」

 バカボンの魔力回路は完全に破壊されたぽいが、まだマジックアイテムの魔力回路を破壊できていないな。

「うぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

 魔力回路とは血管のようなものなのでこれが破壊されるって事は物凄い苦痛を伴う・・・バカボンが苦痛により精神崩壊を起こす事も十分に考えられるが、そこまで俺が配慮する義理はない。
 こんなところで帝級魔法を使えば観客にも被害がでる事は容易に想像ができる。
 事前に学校側にその事を告げ、観客を入れない様にしているのであれば俺もグラトニー・アブソープションではなく、他の対応をしたと思うがバカボンは態々決闘の宣伝をして観客を集めている。
 そんなバカボンに容赦など必要はないっ!

 元よりバカボンは潰す気でいたが、魔法使いとして致命的なダメージを与えてしまうグラトニー・アブソープションを使う気はなかった。
 しかしバカボンは自分の行動によって周囲へどのような影響を与えるかも考えていない。
 こんな馬鹿に魔法を使う資格はないだろう。
 ・・・俺に資格云々と言う資格や権限があるわけではないが、バカボンは一線を越えたのだ。

「ひゃっぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

 魔力回路が破壊され、魔力を奪い尽くさない限りグラトニー・アブソープションは止まらない。
 ドス黒い霧はまだ魔力を奪っているので、まだマジックアイテムに魔力が残っているのだろう。
 まぁ、殆ど魔力を感じなくなっているのでじきにグラトニー・アブソープションの霧は散霧してなくなるだろう。

 あ、霧の色が薄まってきた・・・霧の密度も薄くなってきた・・・完全に散霧した。

 ・・・口から泡を噴き、涙と鼻水と涎と小便と大便を盛大に垂れ流し気を失っているバカボンが横たわっている。

「スリバス先生、お願いします!」

 闘技場の結界が解除されシーレンス先生を初めとしてスリバス先生率いる救護班や何人かの教師陣も雪崩れ込んできた。

 ここで俺は気を抜いて、周囲を見る。
 一応、周囲の魔力については警戒をしていたが、基本的には意識はバカボンに向けていたので今まで周囲の状態を見る事はなかった。

 観客席で観戦していた生徒達は大半が避難をしておりあまり観客席に残っていない。
 生徒会の優秀さが伺われる。
 クリュシュナス姉様の薫陶の賜物だと思っておこう。

「クリストフ君は私と一緒に来てください」

「はぁ」

 俺はシーレンス先生に連行されるようだ。
 まぁ、決闘は合法だし相手を殺しても罪には問われないので良いけどね。
 ただ、退学はちょっと困るかな。
 折角友達が出来たので無事に卒業をしたいと今のところは思っているからね。

「クリストフ、無事だったのね!?」

 連行中にカルラ、ペロン、クララ、プリッツの4人が駆け寄って来たが、シーレンス先生の徒ならぬ雰囲気に近付く途中で足を止める。

「また後で」

 一言だけ告げ、シーレンス先生の後について行く。
 闘技場の控え室みたいな部屋に連れ込まれ椅子に座らされる。
 テーブルを挟んで反対側にはシーレンス先生と別のドワーフぽい教師が座っている。
 さて、どのような裁断が下されるのか?

「先ほどの魔法は闇属性の王級魔法のグラトニー・アブソープションで間違いないですね?」

 シーレンス先生が念の為だろう、おれにグラトニー・アブソープションについて再確認してくる。

「はい」

「クリストフ君は光属性と時空属性に高い適性があると聞いておりましたが、闇属性もですか?いったいクリストフ君は幾つの属性に適性があるのですか?」

 う~ん、これって回答しなければ成らないのかな・・・

「シーレンス先生、属性に関しては口外しないようにと父上より厳命を受けておりますので、申し上げられません」

「教師にも言えないのですか?」

「校長先生の許可は得ていると聞いております」

 俺の属性は国家の機密に当たるらしいので、簡単に打ち明けるわけには行かない。

 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ