挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
チートあるけどまったり暮らしたい のんびり魔道具つくってたいのに 作者:なんじゃもんじゃ

1章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

38/146

033 決闘3

 

 何だろうこの不毛感は。
 バカボンもいい加減諦めて奥の手を出してくれれば良いのにな・・・

「え~っと、ブレナン侯爵家の・・・バーカーさん?」

「ワーナーだっ!」

 ちょっとフザケタだけなのにそんなに目くじらを立てて怒らなくても良いじゃないか!

「そんな事はどうでも良いのですが、いい加減本気を出して下さいよ。あまり遊んでいると私が弱い者イジメしている様でイメージが悪いし」

 バカボンはギリギリと奥歯を噛むが、何の工夫も無く中級や上級魔術を撃ちまくっているだけでは俺に傷を負わせる事なんて一生できないよ。
 魔結晶を無駄に使い続けるだけなのが分からないかな?

「僕の攻撃を防ぐだけで手一杯のくせに言うじゃないかっ!」

「え、私はまだ何もしていないよ?バーカーさんが真面目に決闘しないのならもう終わらせるけど良いかな?」

「フザケルナっ!」

 だったらそんな玩具で遊んでおらず、奥の手を使って欲しいな。
 取り敢えず、バカボンに危機感を持って貰う為に少しダメージを与えてやるか。

「じゃあ、僕も飽きてきたから攻撃するね」

 俺は左手をバカボンに向けて突き出し、火属性のファイアランスを具現化する。

「そんな下級魔術などっ!」

 バカボンは防御用の魔法陣に魔力を供給し防御結界を展開する。
 それからこれは火属性の下級魔法(・・)だからね、その程度の判断も出来ないのに俺に決闘を申し込むなんて自殺願望者なのかしら?

 俺はバカボンの防御結界など構わずファイアランスを発射する。
 ファイアランスは高速で飛翔し一瞬でバカボンの防御結界を突き抜けバカボンの左足の足首に命中する。

「ウガァァァァッ!」

 俺の放ったファイアランスは高密度の魔力で貫通性を高めているので、バカボンの展開した一般的な上級防御結界などで防げるわけもなく防御結界を簡単(・・)に貫通し、バカボンの足首に命中したのだ。

 バカボンは倒れこみ左足を抱えて転げ回り痛みに悲鳴を上げている。
 俺は一応シーレンス先生がどうするか確認する為にシーレンス先生の顔を見るが、止めに入るか迷っているようだ。

 まぁ、左足の足首から下を消失しただけだから決闘を継続しようと思えばできると思うけどね。
 バカボンの能力ではこの状態からの逆転はできないと思うのだけど、止めないのね?
 それとも別の思惑があるのかな?

『こ、これは・・・火属性の下級魔術であるファイアランスに見えましたが・・・ワーナー君も防御結界を展開した様に見えたのですが、クリュシュナス様説明をお願いします』

『はい、あれはファイアランスで間違いありませんし、ワーナー君も防御結界を展開しておりました』

『しかし、ファイアランスは下級の魔術ですが、何故防御結界の効果がなかったのでしょうか?』

『ワーナー君の防御結界は恐らく上級レベルの物だと思います。そして防御結界の効果がないのではなく、ファイアランスの攻撃力が高過ぎて防御結界を貫通してしまったのです』

『上級の防御結界を下級のファイアランスで貫通なんて・・・有り得るのでしょうか?』

『クリストフであれば何も不思議ではありませんね。クリストフが魔法の訓練を始めたのは12歳を過ぎてからですが、そんなクリストフが魔法の訓練を始めてたった6日で魔法を発動させた事は我が家では普通に語られる事実ですし、その最初に発動させた下級魔法で大木を大破させたそうです』

『そ、それが事実でしたら・・・素晴らしい才能と言えると思います・・・あれ、ではクリストフ君は魔法を使い出してから1年程って事ですか?』

『そうですね、まだ1年は経っていませんが概ね1年ですね』

 クリュシュナス姉様、個人情報を漏らすのは止めて下さい!(2回目!)

「クソッ!クソッ!クソッ!クソッ!クソッ!クソッ!クソッ!クソッ!クソッ!クソッ!クソッ!クソッ!クソッ!クソッ!クソッ!クソッ!クソッ!クソッ!クソッ!クソッ!クソッ!クソッ!クソッ!クソッ!クソッ!クソッ!クソッ!クソッ!クソッ!クソッ!クソッ!クソッ!クソッ!クソッ!クソッ!」

 バカボンが汚い言葉を連呼しておりますよ。

「もう降参して下さい。何をしてもバーカーさんが勝つなど有り得ませんから」

「ウルサイッ!ウルサイッ!ウルサイッ!ウルサイッ!ウルサイッ!ウルサイッ!ウルサイッ!ウルサイッ!ウルサイッ!ウルサイッ!ウルサイッ!ウルサイッ!ウルサイッ!ウルサイッ!ウルサイッ!ウルサイッ!ウルサイッ!ウルサイッ!ウルサイッ!ウルサイッ!ウルサイッ!ウルサイッ!ウルサイッ!ウルサイッ!ウルサイッ!ウルサイッ!ウルサイッ!ウルサイッ!ウルサイッ!ウルサイッ!ウルサイッ!」

 壊れた?
 シーレンス先生は止めに入りそうもないから追い討ちをするか。
 と思ったら、バカボンがついに奥の手に手を出すか?!

「殺してやる!殺してやる!殺してやる!殺してやる!殺してやる!殺してやる!殺してやる!殺してやる!殺してやる!殺してやる!殺してやる!殺してやる!殺してやる!殺してやる!殺してやる!殺してやる!殺してやる!殺してやる!殺してやる!殺してやる!殺してやる!殺してやる!殺してやる!」

 うわ~、悪役丸出しの台詞だよ。

 バカボンが奥の手に魔力を込めるとマジックアイテムが周囲の魔素を大量に吸収し始める。
 通常、魔素は人間が取り込み体内で魔力に変換をする。
 なのでマジックアイテムが直接魔素を取り込む事は無いと思われているが、バカボンの持っているマジックアイテムは直接魔素を取り込んで魔力に変換している様だ。
 やっと奥の手をだしてきたけど、これって・・・

 ・・・この闘技場の結界って・・・王級レベルか・・・まずいな。

 バカボンのマジックアイテムは帝級の威力を持っている・・・つまり、王級より威力がある魔術を使おうと言うのだ。

 幸いバカボンの魔力では発動に必要な魔力を供給出来ないので魔結晶を使っているし、それでも不足する魔力をマジックアイテム自身が周囲の魔素を取り込むことで補っているので発動するまでに時間が掛かっているようだが、発動すると観客にも被害が出る事は間違いないだろう。

『何でしょう?ワーナー君の周囲に膨大な魔力を感じます』

『あれは・・・もしかしたら不味いかも知れませんね』

 クリュシュナス姉様も気付いたようだし、シーレンス先生をはじめとした教師陣も顔を青くしている。

「ワーナー君、今直ぐその魔術を中止しなさいっ!クリストフ君は今直ぐ逃げなさい!」

 シーレンス先生、それは出来ないよ。
 だって、バカボンの目を見てみてくださいな、意識が飛んでいるって感じですよ。

 発動させる魔術の威力が大きすぎるので、マジックアイテムに魔力が全部持って行かれバカボンはマジックアイテムに取り込まれているって感じだね。

 さて、どうするか・・・
 マジックアイテムを壊すのは簡単だが、それだとバカボンはほぼ間違いなく死ぬな。
 今、あのマジックアイテムを破壊すと蓄えた魔力が暴走し爆発を起こすだろう。
 つまり所持者は爆発に巻き込まれてしまうのだけど、威力が小さければ怪我ですむが今のあのマジックアイテムの魔力量で暴走し爆発したらバカボンの肉体は消し炭になるね。

 ん~、悩んでいたら観客席の生徒達からも魔力を吸い出したぞ・・・

『直ちに避難して下さいっ!生徒会は避難誘導を!』

 クリュシュナス姉様、ガンバレ!

 よしあれで行くか。

『虚無の力にて魔を喰らいし者よ、彼のものの全てを奪いつくす事を許す、彼のものの全てを喰らい尽くす事を許す、虚無の主たる我が命ず、出でよ!・・・・・・・・』

 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ