挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
チートあるけどまったり暮らしたい のんびり魔道具つくってたいのに 作者:なんじゃもんじゃ

1章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

3/146

002 訓練

15年6月27日
誤記修正・・・一杯しました
 

 あれから1年、俺の置かれた状況も把握できたし、今はその状況に溶け込む為に色々と勉強をしている。

 ここは日本では無い。日本どころか地球上でさえ無い。
 あの日コンビニで俺は強盗達に殺されたようで、今は異世界と思われるヘカートと言う世界の神聖バンダム王国と言う国に居る。
 転生なのか転移なのか俺を取り巻く状況は微妙だが、恐らく転生の部類に入ると思う。

 今の俺はクリストフ・フォン・ブリュトゼルスと言う日本人としては有り得ない名前だし、見た目は金髪碧眼の12歳の子供だ。

 11歳だったクリストフは生まれながら病弱で明日をも知れない状況だったのだが、俺がクリストフの体を奪ったのか、はたまたクリストフとして転生したが死の床にあって前世の記憶が蘇ったのかは解らない。

 11歳までの記憶があれば良かったのだが、残念ながらクリストフの11歳までの記憶が今の俺には無いので、言語も解らない状態だったが、持ち前の言語理解力を発揮して1年で日常に支障が無い程度には言語を覚える事ができた。

 これだけでも大きな驚きだが、このヘカートと言う世界には魔法が存在するのだ。
 クリストフは病弱だったが魔法の才能には恵まれていたそうで、今のクリストフ()にも多くの魔力があるそうだ。

 しかし、魔力があっても俺には魔法の知識が無い。
 言語を覚える為に絵本から始まり歴史書だったり魔導書だったりを読みふけっているのだ。

 最初は母上、あ、母上と言うのはあの日俺に抱きついてきたドレスの美人さんの事だが、母から魔法を覚えるのは止められていたものの、あの日から1年が経ち俺の体調が良い事で魔法を覚える事を許してもらった。

「体外の魔素を取り込むと体内の魔力の消費を抑える事ができます。先ずは魔素を感じる練習をしましょう」

 母上に許してもらったので家庭教師として魔法の先生が俺に付けられた。
 彼女は16歳で宮廷魔術師となり20歳の時にお爺様に請われ我がブリュトゼルス辺境伯家の家臣となり今では魔術師団長を務める事になったのだが、魔術師団長の職務の傍ら週に数回俺に魔法を教えてくれる事になっている。

 16歳で宮廷魔術師になるなど神聖バンダム王国の長い歴史の中でもはじめての事だったらしく、非常に有能な人材だと父上が言っていた。

 俺の父上は言うまでもなく、このブリュトゼルス辺境領を治める領主で神聖バンダム王国の辺境伯と言う爵位を持っている。
 このブリュトゼルス辺境伯家は裕福な貴族らしく俺が成人したら子爵に叙爵され小さな町を治める事になるそうだ。
 それまでに体を鍛え、魔法を覚え、そして町を治める為の勉強をしなければならない。

 この神聖バンダム王国では15歳で成人となるらしく、後3年で俺も15歳なのでとにかく詰め込んでいると言う感じとなっている。

 話は戻るが、今は魔法の訓練中である。
 まったくもって魔素を感じれる気がしない。

「ロザリア団長、魔素を感じるのは難しいのですね」
「クリストフ様の魔力は多いので、その内魔素を感じる事ができる筈です。私も魔法の訓練を始めて2週間は魔素を感じる事が出来なかったので、大丈夫ですよ」

 優しく諭すように教えてくれる。

「とにかく、いつでも魔素を感じようと心がけて下さい」
「はい、解りました」

 簡単に魔法が使えるなんて事は無ないようだ。

 今の魔法の訓練は魔素を感じる訓練なので1時間ほど瞑想してみる。
 ・・・さっぱりだ。

 魔法の訓練が終わったら剣術の訓練で、先生は騎士団のフェデラー副団長だ。

「剣術の基本は素振りです。連続で100回の素振りが出来るようになるまでは段取りはしません。では始めてください」

 俺は剣術が苦手だ。
 前世もそうだが、クリストフ(現在)でも体を動かすのは苦手なのだ。

 大人と同じ大きさの木剣だが、30回も振ると腕がパンパンで息もあがってしまう。

「腰が入っていませんよ」

「もっと振りかぶって下さい」

「もう限界ですか?」

 五月蝿いっつ~のっ!
 体を動かすのは苦手なんだよ!

 こんな感じで午前中は終わる。
 昼食を摂ると午後は貴族としてのマナーや社交界のお勉強だ。
 現代日本に生まれ、33歳まで庶民として生きてきた俺には苦痛の時間だ。
 剣術とマナーのお勉強とどちらが苦痛かと言うと迷う事なくマナーと言うだろう。

 マナーの先生は侍女長のハンナだ。
 ハンナは我がブリュトゼルス家の影の実力者で、父上もハンナには頭が上がらないようだ。
 てか、父上のオシメをかえていたのがハンナだと言う。

「背筋を伸ばして、目線は真っ直ぐ前に、下を見ないで下さい」

 ハンナは誰よりもスパルタで休憩も無しに3時間以上歩き方やダンスの練習などをさせられる。ゲンナリする。

「そこでターン。もっとスムーズにターンです」

 こんなのが3時間も続くと思うと気が遠くなる。

 ・・・やっと終わった。

 ここからは俺の自由時間だ。待ちに待った自由時間。
 魔導書を読み漁ったので魔法の知識はそこそこあるのだが、魔素を感じる事が出来なければ始まらないので、自由時間は魔素を感じる事に使う事にした。

 とにかく、瞑想?を行う。
 剣術の訓練やマナーのお勉強で俺のHPはかなり削られている筈なので、体を休めつつ魔素を感じる訓練を行う。


 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ