挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
チートあるけどまったり暮らしたい のんびり魔道具つくってたいのに 作者:なんじゃもんじゃ

1章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

27/146

023 入学1

 

 最近、母上が体調が優れないと寝込む事が多かった。
 俺は王立魔法学校の入試や商会を立ち上げたりで忙しかったので、あまり顔を会わせていなかったので久し振りにゆっくりと母上と会っている。

「商会の方はどうです?」

「はい、思わぬ反響で忙しすぎてしまい、母上にあまり会いに来れず申し訳ありません」

「クリストフは体が丈夫ではないのですから無理をしないでね」

 体調が悪く寝込んでいる母上に言われては素直に頷くしか無い。

「母上も早く良くなって下さいね」

「うふふふ、私は病気では無いのよ」

「へ?」

 母上は可笑しそうにクスクスと笑い、侍女達も微笑ましい光景を見ていると言う感じで和んでいる。
 一体、何なんだ?

「クリストフ様、奥様は御懐妊されているのです」

「・・・かいにん?」

 ほへ?かいにん・・・解任?・・・えっ!?懐妊!

 俺の驚いた顔が面白かったのか母上は声を大きくして笑っている。

「この歳なので少し恥ずかしいですが、クリストフに弟か妹ができたのですよ」

 おおおおおおおおおお!
 俺に弟か妹ができるのか!?嬉しいじゃないか!めでたい!

「母上、おめでとう御座います」

「有難うねクリストフ」

「でも父上は何も言ってくれなったです。酷いです」

「クリストフには私から伝えたくてアーネストには私から口止めをしておいたの。ごめんなさいね」

「・・・忙しさにかまけて母上に会いに来なかった私が悪いのです」

 しかし母上の歳だと高齢出産だろ?
 この世界の出産事情はよく分らないが、大丈夫なのだろうか?

「大丈夫ですよ、私を初め皆で万全な体制をとりますし、侍医もおりますので」

 俺の考えを読み取るとはハンナ恐るべし!

「ハンナ、それに皆も母上を頼んだよ」

「「「はい!」」」

 しかし、父上も未だ現役ですね。
 確かに母上の見た目は20代だからね。
 夫婦の仲が良いのは良い事だ。

 あれ?そうすると、入学式には母上は来られないのか?
 無理をして流産でもしたら大変だし仕方ないな。

 そんなこんなで入学式の日になった。
 え?展開が速いって?
 そんな事は知らんっ!

 2日前に入寮しているので、寮と言う名の一軒家から校舎に向う。
 俺は首席合格者なので一軒家を与えられているのだが、従者を5人まで連れて入寮できる。
 勿論、校内で5人の従者をゾロゾロ連れて歩くのは禁止されており、あくまでも寮と言う名の一軒家の管理や俺の身の回りの世話をする従者だ。

 俺は誰も連れて来る気は無かったが、予想通り父上から厳命されてしまった。
 一応、大貴族なので従者を揃えていないと面子にかかわるらしいので、俺の専属侍女であるルーナと護衛騎士のプリメラ、ラース、ベンの3人に料理人のジョンが俺のハウスに住み込みで入る事になった。

 入学式の前に先ずは教室に入る。俺は1回生1組だ。
 各組には30人ずつ1組から10組まであり、1回生で300人の生徒が存在する。
 1組は入試で優秀な成績を取った30人が集められており、殆どは貴族だが10人に満たないが平民階級の生徒もいるらしい。

 まぁ、貴族の様に教育に金や時間を費やせる方が有利なので仕方が無いのだろうが、2回生になると1組の平民階級の比率が上がるらしい。
 平民階級の優秀な者が下克上を起こして愚かにも努力を怠った貴族はランクダウンと言う訳だ。
 俺も気をつけなければ。

 因みに2組から10組は成績順では無い。
 あくまでも1組だけ成績上位を集めているらしい。

「僕はペロン・クックと言うんだ。宜しくね」

 俺の横に座ったほっそりとした赤毛の男子生徒が俺に挨拶をしてきた。

「私はクリストフ・フォン・ブリュトゼルスです。宜しく」

「え、貴族様?」

 俺の見た目は庶民なので貴族とは思わなかったようだ。
 貴族の服なんてヒラヒラが一杯着いていてウザイから学校の中ではできるだけ質素な庶民的な服を好んで着ている。
 普段でもできるだけ質素で貴族貴族していない服を着るようにしているのだが、父上にはよく注意される。
 でも趣味が合わないのだからせめて学校内だけでもと思い庶民的な服を着ている。
 まぁ、ローブを纏うと服はあまり見えなくなるしね。
 貴族としては駄目なんだろうけど、少しぐらい良いじゃないか。

「一応ですが、貴族ですね」

「話しかけて、すみません」

「構わないよ。私は貴族だからって威張り散らす者を軽蔑しているからね。気兼ねなく接してよね。そうだ、君の事をペロンと呼んでも良いかな?私の事はクリスって呼んで欲しいな」

「ペロンで構いません。それと流石に貴族様をその様に呼ぶのは・・・」

「じゃ、クリストフで良いよ。宜しくねペロン」

「はい、宜しくお願いします。クリストフ君」

 そうしてこの世界で始めて出来た友達と親交を深めていると、教室の中が騒がしくなる。
 従者を4人もゾロゾロ連れて来た馬鹿が居る。
 どこかで見た記憶があるが、思い出せない。
 俺も歳をとってボケ始めたかな・・・ってまだ13歳だった。

 因みにこの王立魔法学校は12歳から入学が許されており、貴族は通常12歳で入学する。
 俺は生まれてからずっと体を患っていた事もあり、領都ブリュンヒルで静養をしてから王都に上京してきたので1年遅れで入学したし、当初は何時まで生きれるか分らなかったので父上も王立魔法学校への入校など考えていなかったらしい。

 話は戻すが従者を4人も連れて来るのは校則違反だ。
 俺は特に何かをする気は無いが教師の対応を見るのに丁度良いだろう。
 もし貴族だからと言う事で校則を破っていても何も言わないのであれば、この学校の評価はマイナスとなるし、毅然とした態度を取るのであればプラスだ。

 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ