挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
チートあるけどまったり暮らしたい のんびり魔道具つくってたいのに 作者:なんじゃもんじゃ

1章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

2/142

001 転生

15年6月23日
英語の「ここはどこですか?」を「Where am I」に修正

15年6月27日
誤字の修正・・・多い・・・
 

 時間は夜中の2時、街灯の灯りを頼りに歩道を歩く男性。
 彼の目的地は家から程近いコンビニエンスストアである。
 先ほどまで自宅の自室でデリヘル嬢を呼び楽しんでいたのだが、行為が終わりデリヘル嬢も帰った事で小腹が空いたのを自覚した。
 しかし食べ物が自宅には無かったので夜中ではあるが外出したのだった。

「あの娘、リンちゃんって言ったよな。可愛かったなぁ~。次もリンちゃんを指名しよう!」

 そんな事を考えながらコンビニエンスストアの自動扉を潜る。
 ここで、このコンビニエンスストアで彼の人生は終わりを告げた。

 コンビニエンスストアの中には3人の人が居たのだが、その内1人は大学生程の年齢の店員で、残りの2人は目出し帽で手にはサバイバルナイフのようなナイフと言うには大きめの凶器を持っていた。

 つまり彼は運悪くコンビニ強盗の現場に出くわしてしまったのだ。

 彼は少し呆然とその光景を見ていたが、ハッと立ち直ると逃げようとして強盗達に背中を見せたのだが、その瞬間に彼の背中に激痛が襲い自然に倒れこむ事になった。

 その後は何度も背中に激痛が襲ってきて意識を手放す事になる。


 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


「・・・ここは」

 見覚えの無い天井だ・・・
 そうか、俺はあのコンビニで・・・助かったのか?

 ここは病室?

 今まで入院なんかした事がないから解らないが、テレビで見る病室と言うよりは豪華な部屋と言う感じだな。
 怪我をした俺が何でこんな処に?・・・外国の病院に運ばれたのか?・・・それは無いよな・・・でも日本とは思えない部屋の作りだ。
 西洋的な作りの部屋で、ベッドに寝かされている。

「%&’%$#”#’&##’」

 うぉっ!
 外人?

「$%’”&=’%$”&$%」

 聞いた事のない言語・・・
 日本人とは違う人種・・・西欧よりは・・・中東系の顔立ちの黒髪で彫りの深い顔・・・の白衣のオッサンだ。

 何て言っているのか全然解らない。
 俺は体を動かす事は苦手でも頭はそれなりに良く日本語は当然だが、英語、フランス語、ドイツ語、ギリシャ語、北京語、広東語、朝鮮語はそれなりに操れるのだが、アラブ系の言語は殆ど覚えていない。
 ・・・こまった・・・取り合えず英語で話しかけてみよう・・・

「Where am I ?(ここはどこですか?)」

「”$&’!#$%’%#”」

 英語は通じないのか・・・

 フランス語・・・ダメ。
 ドイツ語・・・ダメ。
 ギリシャ語・・・ダメ。
 北京語に広東語・・・ダメ。
 朝鮮語・・・ダメか。

 ・・・全滅だ。

 あ、部屋を出て行った。
 俺は放置か?
 結構刺された気がするから体が動かせるか不安だ・・・体の自由が無いな・・・何と言うか痛みは無いがかなりだるい。

 窓からは大きな木が見えるが、それ以外の情報は入手できないか。

 あ、戻ってきた。
 他に2人の女性が付いてきたのだけど、看護婦さんではなさそうだ・・・だって、1人は皇族のイブニングドレスのような豪華で綺麗な服を着ているし、もう1人はメイド服を着ている。
 ドレスの女性は年齢は20代だろうか、モデルもビックリの金髪碧眼の美人だ。
 メイドさんはまだ20歳になっていないと思われるが、こちらもドレスの女性に負けず劣らずの美人、いや、美少女だ。

「+”$;&’!#・$%’%#”」

 はっ?
 ドレスの女性が何か言ってきたと思ったら俺に抱きついて来た。
 これだけの美人に抱きつかれたのだから嬉しい筈なのだが、俺の息子は反応しない・・・病み上がりだから仕方が無いよな?!

 その後、この3人が何を言っているのか解らないまま眠気が襲ってきたので寝ることにした。


 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ