挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
チートあるけどまったり暮らしたい のんびり魔道具つくってたいのに 作者:なんじゃもんじゃ

1章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

16/142

014 謹慎なの?

15年6月27日
誤記修正多数。
 

 入試も終わり俺ははれて自由の身となった・・・わけも無く、父上にメッチャ怒られた。
 どうやら校舎の補修費は学校と父上で折半する事で折り合ったようだ。
 ははは、てへペロ。

 と言うわけで今の俺は謹慎中で王都見物に行けないのだ。
 何か理不尽さを感じるが、日頃温厚な父上が怒っていたので従う事にした。

 それと俺を殴ったソバカス豚君は実技試験前に倒れて試験を受ける事が出来なかったらしい。
 そしてブリュトゼルス辺境伯家次男の俺を殴った以上、ソバカス豚君の家柄次第だとは思うが死刑までは行かなくてもそれなりの罪に問える筈なので、父上は嬉しそうな顔で「そうか」と報告を受けていた・・・裏で何かをしているようだ。

 暇だから以前作ったクッションの生産を進める。
 クッション自体はブリュトゼルス家に出入りしている業者から仕入れて、マジックアイテムとして引き取って貰うと言う単純な取引だ。

 この神聖バンダム王国の通貨はセム通貨と言う硬貨が使われている。
 このセム通貨は中央大陸の全ての国で使われているので何処に行っても両替の必要は無い。
 セム通貨の価値はこんな感じになっている。

 銅貨   1セム
 大銅貨  10セム
 銀貨   100セム
 大銀貨  1,000セム
 金貨   10,000セム
 大金貨  100,000セム
 白金貨  1,000,000セム
 大白金貨 10,000,000セム
 黒金貨  100,000,000セム
 大黒金貨 1,000,000,000セム

 ※通常セムは『S』と表記される。

 1Sが日本で言う10円程度の価値だと思えば言いと思う。
 それと大白金貨以上の硬貨は滅多に使われる事が無いらしいので流通しているのは白金貨までが多く、大白金貨以上は極端に少なくなるそうだ。

 で、俺のクッションだが、120セムで普通のクッションを仕入れ、防振・快適効果を付与して1,500Sで業者に卸している。
 ボッタクリ過ぎだって思うかも知れないが、マジックアイテムは暗闇で使うランプでも2,000Sはするのでかなり御値打ちな価格設定だと思うよ。

 既に40個のクッションを卸したが、早速増産の依頼が来るほど売れているらしいので、日産30個のペースで作って卸しまくった。

 こんな事をしていたら当然の事だが父上に知られ謹慎中に何をしていると更に怒られてしまった。
 それに関しては真摯に受け止めるとだけ言っておいた。
 本来の意味とは違う使い方だと思うが・・・便利な言葉だ。

 さて、父上が五月蝿いので業者には暫く卸すのを控えると言って置いたが、その結果として父上から生産の指示がでる事になった。
 外に出ることができない俺には分らないが、俺のクッションは巷で評判となっており、馬車用のグッズとして売れるだけではなく、椅子に座る事が多い人にも好評を得ている。
 更に評判が口コミでドンドン広がり貴族階級の者まで買いに来る事態になっているそうで、ここで供給を止めては混乱すると業者が父上に泣き付いたらしい。

 そして業者の嘆願に折れた父上から俺に生産の指示が出たと言う事だ。
 それと王侯貴族用の高額クッションも作るように追加の指示まで出てきてしまった。

 そして俺の謹慎処分もいつの間にか解除されて自由にとは言わないが、護衛付きで外出もできるようになっている。

「クリストフ様直々におこし頂き、申し訳無く思っております」

 今は王侯貴族用のクッションについて打ち合わせをする為に出入り業者のゼブラ商会を訪れている。
 俺の横では出されたお菓子を頬張るフィーリアが居る。
 奴隷なのに遠慮なくお菓子を頬張るフィーリアにゼブラさんの顔は引きつっているが、俺は奴隷だからとかそう言うのは気にしないし、逆に差別したくないと思っているので俺の横に座るのが当たり前と思っている。
 ただ、父上や家の者の前ではそう言うわけには行かないので控えるようにフィーリアに言っているし、フィーリアもわきまえている。
 ・・・母上は問題ないけどね。逆にフィーリアを横に座らせるような人だしね。

「ゼブラさん、貴族向けのクッションの作成ははかどっていますか?」

「はい、明日には御屋敷へ30個ほどお持ちできると思います」

「その時、ついでにこの品を持ってきて欲しいのですが、用意できますかね?」

 俺が差し出したメモ用紙を受け取り内容を確認するゼブラさんは一呼吸置いて口を開いた。
 しかし、エルフってのは美形だね。

「できるだけ魔術付与ができる物ですね・・・分かりました。明日お伺いする時にお持ち致します」

「宜しくお願いします。では、私はこれで、フィーリア行くぞ」

「はい、モキュ」

 お菓子を頬張っていたせいか、返事がおかしいぞ。

 ゼブラ商会を後にして俺達は王立魔法学校に向かう。
 その前にゼブラ商会で包んでもらったお菓子をフィーリアと護衛の女騎士のプリメラに分け与えておいたのだが、2人とも嬉しそうだ。
 このプリメラの他に護衛が3人いるが、この4人と他に2人が俺の護衛で、6人で交代しながら4人が必ず俺の傍にいる。

 王立魔法学校に向かうのは今日が入試の合格発表の日だからだ。
 普通は親が付いていくらしいが、父上は政務で忙しく母上は体調が優れないと言う事で俺1人で行く事になった。
 1人と言っても護衛の騎士達やフィーリアが居るけどね。


 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ