挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
チートあるけどまったり暮らしたい のんびり魔道具つくってたいのに 作者:なんじゃもんじゃ

1章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

14/143

012 入試1

15年6月23日
少し加筆しております。

15年6月27日
誤記修正多数。
 

 神聖バンダム王国には王立騎士学校と王立魔法学校がある。
 どちらも王都に存在する学校で優秀な人材を確保する為に公民以下の平民階級にも門戸を開いており、更に優秀な者には授業料や寮費の補助があり、希望すれば生活費の補助を行う特待生制度まである。

 これ程の特待生制度を導入しているのは神聖バンダム王国だけで、他国では類を見ない。
 こう言った特待生制度は勇者だった初代国王が制定した事で、代々受け継がれているのだ。

 勿論、特待生制度を利用した者は卒業後に一定期間国に仕えるか、受け取ったお金を国に返金し自分の成りたい職業に就く事になる。
 特待生制度を利用した者は優秀な者であるので、その者が国に仕える事は国にとってプラスになるし、仮に他の職業を選んだとしても優秀な人材を育てている事で神聖バンダム王国全体としてはプラスになるのだ。

 基本的には王立騎士学校を卒業した者は騎士団や軍に就職し、王立魔法学校を卒業した者は宮廷魔術師団や官僚として国に仕える事が多い。
 それ以外には出身地の貴族家に仕えたりする事も多いので、この2校の入学希望者は多いのだ。

 今年の王立魔法学校の入学希望者は定員300名に対し、588名の希望があったので、倍率1.96倍の狭き門となっている。

「筆記試験は王国史・世界史、算術、国語です。時間はそれぞれ50分で休憩が10分ですが時間内に終了した場合は席を立っても構いません。但し、その試験の時間中に再び会場に入ることは許されませんのでそのつもりで。最初は王国史・世界史です。では、筆記試験を始めます」

 簡単な説明で入学試験の筆記試験は始まった。
 午前中は筆記試験を行い、午後は実技試験になるそうだ。

 俺はこっちの世界に転生してから言語を覚えるのに歴史書を読み漁ったので意外と歴史問題は得意だ。
 恐らくほぼ満点を取れるだろう。

 次の算術も現代日本の数学の授業を受けてきた俺には朝飯前の問題ばかりだったので、こちらも満点に近い点数が取れると思う。

 最後は国語だが、歴史書や魔法書だけでは無く色々な本を読み漁っていたおかげで国語も問題なく満点が取れるレベルだろう。

 俺は成人後に子爵に叙爵されると父上は言うが、辺境伯家の次男なので下手をすれば飼い殺しになる。
 父上を見ている限りそんな事にはならないと思っているが、未だ顔を合わせていない兄上も居るので安心は出来ない。
 なので自立する為のステップとして王立魔法学校を利用させてもらおうと思う。

 だから、全力で満点を取りに行く!

 ただ、あまり中央に近付きたいとは思っていないけどね。

 3教科共30分程で見直しも終わったので他の受験者にプレッシャーをかける為に余裕を見せて会場から出て行くので、3回目には殺気が発せられた気がしている。
 俺の入試トップ10(テン)入りを確実にする為には卑怯では無いやり方で他者を蹴落とすのは当然の事だろう。
 勿論、上位の成績を取る為にカンニングや身代わり受験などする気は無い!
 あくまでも実力あっての話である。

 昼の休憩を挟んで午後は実技試験だ。
 貴族の子弟から順番に実技を行うそうなので、俺は比較的早い時間に順番が回ってくるらしい。

「下賤の者が貴族に混じり試験を受けるなど腹立たしい」

 昼の休憩も終わろうかと言う時に貴族のボンボン達が話しているのが聞こえてきた。

「全くです!特にワーナー様のような侯爵家の方と一緒に平民らを受験させるとは、教師達は何を考えているのでしょうか?!」

 何を考えているのはお前達だろ?
 この王立魔法学校の校風を知らずに入試を受けているのか?
 こいつらバカだろ?

 この王立魔法学校の校風は身分と種族の差別無く切磋琢磨すると言うものだ。
 過去の卒業生で優秀生徒に表彰される者の半分は平民階級だと聞くぞ。
 お前達が卒業する時に優秀生徒として表彰されなければ恥だと思えよ。
 貴族と平民では教育の根底が違うのだから、アドバンテージを持っているのに追いつかれ、追い抜かされたら恥だぞ。
 あ、その前に入学できるか分からないけどな。

 俺はバカな貴族のボンボン4人組を汚物を見るような目で見ていた。
 バカのボンボンでバカボンだな。

「ん?貴殿もそう思わないか?」

 俺が見ていたので同類だと思ったのか、俺にまでトロイ振りをしてきた。
 声を掛けないでよ同類だと思われたくないから。

「この学校の校風は身分や種族の差別はしない筈ですね。貴方達は受験する学校を間違えていると思いますよ?今からでも受験を辞退し狭い世界で優越感に浸っていると良いと思いますね」

「なんだとっ!」

 俺の理論的な提案に顔を真っ赤にしたバカボン4人組みが椅子を倒さんばかりの勢いで立ち上がったのを見て、周囲の空気が冷えるような錯覚を覚える。

 4人組が俺の周りを取り囲む。
 短絡的だな。
 親に権力があるとこうなってしまうのだろうか?
 反面教師にしなければ!

「君は僕がブレナン侯爵家の者と知って言っているのかい?」

「すみませんね、田舎者なので侯爵家に知り合いが居ません」

「ならb「だから気安く話しかけないで下さい」キサマっ!」

 こんなバカボンと友達だと思われたくないし~。

 バカボン4人組の中で1番体が大きいソバカス豚の男が俺の胸倉を掴み立たせる。
 ちょっと服がやぶれたら弁償してもらうからね。
 てか、俺の身分を確認もせずにこのような行為を行うのは自滅ものですよ。

「おい、ブレナン侯爵家のワーナー様を侮辱して唯で済むと思っているのか?」

 何これ、ヤクザですか?てか、チンピラですね!

 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ