挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
チートあるけどまったり暮らしたい のんびり魔道具つくってたいのに 作者:なんじゃもんじゃ

1章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

11/146

010 ステータスプレート

15年6月27日
誤記修正多数。
 

 ・・・なんだこの石板

 ・・・この石板に記載されている文字は・・・

 ・・・日本語?!

「主教様、この石板には何と書かれているのですか?」

「ほほほ、それは神の言葉故、我々のような常人には解らぬものです」

 神の言葉が日本語か・・・

「ほほほ、怖がる必要は無いですぞ、ささ、石板に手を」

 考えに浸ってしまっていたのだが、怖がっているように見えたのだろう。
 主教様に背中を軽く押され勧められるままに手を翳す。
 俺の手が石板に触れると石板が光り出し、暫くすると『チンッ』と鳴って台座からスマホ程の大きさのプレートが出てきた・・・てか、『チンッ』って何だよ!?
 石板には日本語が書かれているし、電子レンジみたいな音がしてプレートが出てくるし、神様仕様って胡散臭いぞ!

 はぁ、何か精神的に疲れるわ。

 因みに石板に書かれているのは、石板の使い方だ。

 1)手を翳すと10秒ほど発光します
 2)アナタのDNAを解析します
 3)アナタの魔力を解析します
 4)ステータスプレートが出来上がります
 5)ステータスプレートはアナタの魔力で出来ていますので不要な時は魔力に変換しアナタの体内に仕舞う事ができます
 6)ステータスプレートと念じれば再度発現させる事ができます
 7)ステータスプレートの内容で他人に見えるのは【氏名】【種族】【性別】【生年月日】
【身分・職業】【体力成長】【魔力成長】【属性適性】【称号】【賞罰】となりますが、任意で【体力成長】【魔力成長】【属性適性】【称号】は隠す事ができます
 8)隠しステータスを表示する場合は『隠しステータス』と念じればステータスプレートに表示されますし、『消えろと』念じれば表示は消えます

 石板を読み終わったのでステータスプレートを手にとってみる。

 何だと!?

 ===ステータス===
【氏名】クリストフ・フォン・ブリュトゼルス
【種族】ヒューマン
【性別】男
【生年月日】神聖暦500年1月1日
【身分・職業】ブリュトゼルス辺境伯家次男
【体力成長】普通
【魔力成長】神級
【属性適性】
 無:神級
 火:精霊級
 水:精霊級
 風:精霊級
 土:精霊級
 氷:神級
 雷:神級
 光:神級
 闇:神級
 時空:神級
 固有:心理の眼:神級
【称号】神子(かみのこ)
【賞罰】無し


 あかん!これメッチャあかん奴や!
 関西弁になってしもーたけど、堪忍や。

 【体力成長】の普通は良いっ!
 だが、【魔力成長】の神級をはじめ、【属性適性】の精霊級と神級のオンパレードはやば過ぎるっ!

 確か、【体力成長】と【魔力成長】は病弱・弱・やや弱・普通・やや強・強・英雄級・王級・帝級・覇王級・精霊級・神級の順で成長力が高くなるんだったよな?

 それと【属性適性】は下級・中級・上級・特級・英雄級・王級・帝級・覇王級・精霊級・神級だよな・・・

 それと固有属性の『心理の眼』って何だよ?!


 心理の眼
 ・対象の詳細なステータスが確認できる
 ・対象の嘘を見破れる
 ・千里眼(障害物があろうが100Km四方を見渡す事ができる)
 ・この固有属性を認識していないと発動できない


 うぎゃっ!いきなり何だよ?!
 てか、これってもしかして鑑定か?あ、心理の眼か!?
 ファンタジーの定番来ましたっ!

 はぁぁぁぁ・・・・

 か、神子(かみのこ)は・・・・


 神子(かみのこ)
 ・神子(かみのこ)に友好的な者に幸せを与える


 ・・・お、落ち着け俺。
 そうだ!隠しステータスがあるって石板の説明にあったよな。


 ===隠しステータス===
【体力】216/216
【魔力】4,096/4,096
【筋力】155
【耐久】139
【俊敏】201
【器用】532
【知力】6,892
【精神】1,301
【魅力】1,363
【幸運】5,014
【状態】良好
【ギフト】
 創造神の加護
 全属性適性
 災い転じて福となす者
 天啓
 ※※※


 創造神の加護
 ・即死無効
 ・状態異常無効
 ・呪詛無効及び呪詛返し
 ・能力に大幅補正を与える(非表示)

 全属性魔法適性
 ・全ての属性の魔法の適性を有する
 ・固有属性は除外

 災い転じて福となす者
 ・不幸があったとしても最終的には良い結果に終わる可能性が高い
 ・このギフトを認識していないと発動しない

 天啓
 ・時々神の声が聞こえるかも?

 ※※※
 ・詳細不明!

 こっちも突っ込みどころ満載じゃん!
 【筋力】や【耐久】とかの値と【知力】や【幸運】の値のバランスが悪過ぎるだろ!?

 てか、創造神の加護の効果で能力に大幅補正があるから俺のステータスが恐ろしい事になっているのか?・・・あ、非表示って事だから反映はしていないのか・・・

 全属性魔法適性は分かっていたから良いけど、災い転じて福となす者なんてフラグ立っちゃう系のチートだよね?

 天啓は突っ込むのをよそう。
 だけど、最後の※※※は何だよっ!大きな声で言いたい何だよっ!

 
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ