挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
チートあるけどまったり暮らしたい のんびり魔道具つくってたいのに 作者:なんじゃもんじゃ

1章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/143

プロローグ

 

 神聖暦500年1月1日、ブリュトゼルス辺境領の領都ブリュンヒルで1人の男の子が生まれる。

 ブリュトゼルス辺境領は辺境と言われる地域ではあるが人口も多く栄えている地域である。
 これは代々この土地を治めている領主が開墾や開拓を推進してきた結果であり、神聖バンダム王国の食料庫とも言われる程の穀倉地帯が広がっている故である。
 それだけでは無く領内には希少な鉱石を産出する鉱山もあり工業も盛んである事からブリュトゼルス辺境領を治めているブリュトゼルス辺境伯家の台所は潤っている。

 そんなブリュトゼルス辺境領を治めているのは若き当主のアーネスト・フォン・ブリュトゼルス辺境伯であり、生まれた子はブリュトゼルス辺境伯家の次男である。

 神聖バンダム王国の階級は国王または女王にその伴侶、王太子、王族があり、国王や女王の伴侶は現国王または現女王から6親等以内の王家の血が入っていれば王位継承権を持っている事もあるが、基本的には王太子と王族が王位継承権を持っている。
 例え国王の子供でも王位継承権を持っていない場合は王族とは呼ばれる事は無い。とは言っても国王の子供が王位継承権を持たない事など稀である。

 そして王位継承権の無い階級として貴族が存在しているが。侯爵と辺境伯は同列、次いで伯爵、子爵、男爵、騎士爵、士爵までが貴族である。
 更に貴族の下には公民、自由民、平民、一般奴隷、犯罪奴隷と言う階級が存在する。

 この様な階級制度の国に生まれたブリュトゼルス辺境伯の次男ではあるが、ブリュトゼルス辺境伯家を継ぐ事など考える事も無く育てられる。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ