挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
この連載小説は未完結のまま約半年以上の間、更新されていません。
今後、次話投稿されない可能性があります。予めご了承下さい。

おまん小太郎の大冒険

作者:蒼龍
 主人公である小太郎は、地球の北の方にある若麦村という小さな小さな村に住んでいる19歳の陽気な青年です。国の都市部は愚か、街とも呼べないような限界集落として知られている村に住んでいるのです。小太郎は大火災で両親を亡くしており、幼い頃から村長に愛情を持って育てられ、豊かで平和な毎日を送っていました。そんな時、小太郎は家の跡地で銀色に輝く剣が埋まっているのに気づき、それを掘り起こします。驚いたことに、それは八百万の神の魂が宿った太刀だったのです。その太刀の柄には父の名前が掘られていました。小太郎はその太刀を腰に身に付け、父の秘密を探るべく日本を旅することを決意したのでした。おまん小太郎の大冒険のはじまりはじまり~
小太郎、旅に出る。
2017/03/20 17:18
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ