挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
一応、婚約者。 作者:雨音
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

6/13

第6話 若草色


「ミス・コンラッド。今少しお時間をいただけますか?」

 遠乗りからホワイト宮殿に戻ると、クリスが私を呼び止めた。
 皇太子殿下やベルフォレスト公妃の目の前で彼がこんな行動に出たのは初めてだったので、私は少しばかりびっくりした。
 その驚きはもちろんのこと、目の前にいる彼の男前な姿にあらためてうっとりせずにいるのも大変だった。彼はこの遠乗りに、近衛騎士としてではなく皇太子殿下の友人ケアリー子爵として参加していた。だから、この日の彼は流行りの肩飾りのついたシャウベをまとっていて、その貴公子ぶりといったらいつもに増して素敵だった。おまけに、斜め目深にかぶったベルベットの帽子の下から若草色の瞳に真っ直ぐ見つめられたら、私はこの後に予定されている歴史の授業なんて放り出して、彼と寝室に飛び込みたい気持ちでいっぱいになってしまった。
「公妃様、よろしいでしょうか?」
 そんな欲望が顔に出ないよう注意しながら、私は公妃にうかがいを立てた。
「えぇ、歴史の授業までには戻ってらっしゃいね」
 私の真情を知ってか知らずか、公妃はにっこり微笑むと皇太子殿下とともに宮殿の中に入っていった。

 クリスは私の手を取ると、そのまま無言で回廊をずんずん進んだ。彼の簡素な袖飾りが風に吹かれ、彼と私の手に縄のようにまとわりついた。仰々しい肩飾りと大きく膨らんだシャウベのせいかしら? 彼の肩が、やけに強張って見えた。
「ケアリー子爵、いかがなさいましたか?」
 心配になって、私はクリスに問いかけた。彼は返事を返さなかった。
 晴れやかな陽射しと回廊の柱の影が、彼の端整な横顔に交互に差した。唇を真っ直ぐ引き結んだ、引き締まった近衛騎士らしい面差し。でもいつもと違った。どこか不安を与える硬い表情だった。私は戸惑い、引っぱられるまま黙って彼について行った。

 ホワイト宮殿の西翼の空き部屋に私を押し込むと、クリスは後ろ手にドアを閉めた。部屋は分厚いカーテンが隙間なく閉じられていたため昼間なのに暗く、クリスの表情がよく見えなかった。私はますます困惑した。
「クリス、ねぇ、どうしたの?」
「さっき、アレックスと何を話していたの?」
 私の質問には答えず、クリスは抑揚のない声で私に問いかけた。
「アレックス? ……あぁ、セイルマス伯爵のことね」
「そうだよ」
 クリスは苛立たしげにうなずいた。
 ようやく目が慣れて彼の表情を見て取れるようになってきた。彼の表情をしっかりとうかがうことができた。寄せられた眉根。石のように固く結ばれた唇。怒りをたぎらせてすがめられた瞳。
 どう前向きに解釈しても、これ以上ないというほど不機嫌なクリスがそこにいた。

「シャムネコっていうタイランドの猫のこと、とか」
 彼の不機嫌の理由がわからず、私の頭の中はもはや混乱の域に達しようとしていた。
「それだけ?」
「あぁ、それとこの前の舞踏会のドレスを褒めてもらえたわ。妖精とか精霊とか、あの方って相変わらずお口がお上手」
「何をヘラヘラ笑っているんだ」
 サーベルの刃のように鋭い声が私の言葉を遮断した。

 聞いたこともないほど冷たい声だったから、クリス以外に誰かこの部屋にいるのではないかと錯覚したほどだ。いつも穏やかにきらめく若草色の瞳は、怒りだけでなく不快感でくすぶり歪んでいた。私は怖くなって、思わず一歩後ずさった。

「君は僕の婚約者じゃないか。なのに他の男と、よりにもよって僕の友人とあんなふうに親密に接するなんてどういうつもりなんだ?」
 友人の膝に乗ってキスを交わしていた妻を問いただすようにクリスは私を責めた。
 彼の言っていることがよくわからない。
 だってそうでしょう? 遠乗りの最中、たしかに私はセイルマス伯爵とおしゃべりをした。でも、あの首飾りとシャムネコのやりとりだけだ。彼の馬に乗り換え、2人で一緒に馬上でいちゃついたりはしていない。私のどの振る舞いが「僕の友人とあんなふうに親密に接する」に当たるのか、私には皆目見当がつかなかった。

「クリス、何を言っているの? そりゃあ、セイルマス伯爵とおしゃべりはしたけど、でもそれだけよ。あなただってすぐそばにいたから聞こえていたでしょう?」
 しどろもどろになって弁解をしながら、私の胸に年若い娘らしいささやかな期待がともった。もしかして、クリスはセイルマス伯爵にやきもちを焼いているのかしら。切迫した状況にもかかわらず、かすかな期待で胸が弾んだ。
「あぁ、聞こえたよ。君たちがとても楽しそうに語り合っているのがはっきりと。僕だけじゃない、皇太子殿下や周りにいた廷臣全員の耳にしっかり届いていたよ。君と、婚約者の僕じゃない男とのまるで恋人のようなやり取りがね」
 私はせせら笑った――自分自身を。
 クリスが私にやきもちを焼くはずないじゃないの。だってそれは彼が私を愛しているという前提で成り立つことなのよ。その前提がないのだから、ありえないに決まっているじゃないの。
 彼は皇太子殿下や側近たちの目の前で私に恥をかかされたと怒っていただけ。
 そりゃあそうよね。彼にしてみれば、婚約者である自分が目の前にいるにもかかわらず、私が自分以外の殿方と「まるで恋人のよう」に親密に「楽しそうに語り合って」いたんだものね。そりゃあ面目をつぶされれば不愉快にもなるわよね。

「何が“若葉薫る5月の妖精”だ、馬鹿馬鹿しい」
 クリスは忌々しげに吐き捨てた。

 あの日の舞踏会、クリスと2人で参加できることになったから、大急ぎでドレスを新調した。季節と彼の瞳の色に合わせて、美しい若草色の生地を選んだ。クリスはそんなことには気づかず、ベルフォレスト公妃に見惚れてばかりいたけど、2人でワルツを踊ったとき、耳元で「今日のビーはとても綺麗だ」って優しく囁いてくれた。
 だから、すごく嬉しかった。嬉しかったのに。

「そうね。馬鹿みたいね」
 ちょっと褒められただけで大喜びして、すっかり舞い上がってしまった。
「だけど、それならクリスだって同じじゃない。いつもいつも、私の目の前でベルフォレスト公妃に見惚れて、彼女を称賛するばかり。私のことなんてちっとも見てくれない。私が格下の男爵家の娘だから、幼馴染みで気安い女だから、何を言っても、何をしても平気だと思っているんでしょ」
「ビー、何を言ってるんだ」
 しかめっ面のままクリスが私を見据えた。
「確かにそのとおりよね。でも私からはこの婚約をどうにもできない。今となっては破棄することもできやしないのよ」
 ダンレイン伯爵夫妻から婚約の申し出を受け取ったとき、私にはお断りするという選択肢はなかった。だってそうでしょ? ちっぽけな男爵家の娘の私が、名門伯爵家の跡取り息子であるクリスを望むことなんてできない。でも信じられないことに、あちらが望んでくれた。男爵家が伯爵家の申し出を断ることなんてできない。身分の違いを逆手に取った。たとえ私を望んだのが伯爵夫妻であっても、私はクリスと結婚できる。初恋の男の妻になれる。それだけで十分幸せ。
 そう思っていた。

 だから今こうして、自分自身の稚拙な浅慮に苦しめられている。喜び勇んで緑豊かな森に飛び込んだのに、道を見失ってさまよい鳴く愚かな仔猫のように。

「ビー、まさか君は僕との婚約を破棄するつもりなのか!?」
「できるものならそうするべきなんでしょうね」
 クリスが息を呑んだ。我ながら氷柱のように冷たい声だった。
 そうだ。やっぱりこの婚約の申し出を受けるべきじゃなかったんだ。クリスの妻になるべきなのは、それこそノーサンバーランド公爵家のレディ・アデレードのような生粋の淑女なのよ。幼馴染みという偶然がもたらしただけの関係しかない、彼に地位も権力も富も与えてやれない私ではなく。
 身の程知らずに分不相応な幸運に手を出したりしたから、私はこんな惨めな思いを味わう破目になったんだ。

「ケアリー子爵、わたくし、そろそろ失礼いたしますわ。ベルフォレスト公妃と歴史の授業を受けなければなりませんの」
 イカサマの貴婦人の仮面を貼りつけ、私はクリスをにらんだ。つまらない意地だ。でも、そうでもしないとあまりにも悲しくて悔しくて、この場で声を上げて泣いてしまいそうだった。
 なぜかひどくうろたえた様子で立ち尽くす彼の横をすり抜け、ドアノブを握った瞬間、ものすごい力で腕をつかまれた。
「ビー、待ってくれ! 僕は……」
「触らないで!」
 声の限りに叫び腕を振ると、二の腕をつかんでいた手がゆるんだ。その手を振り払い、私は蜜蜂のように素早く部屋を飛び出した。

 最後に一瞬だけ、ぼやけた視界にクリスの若草色の瞳が映った。
 どうしてか深く傷つき、霜に覆われたヒイラギの葉のように凍りついて見えた。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ