挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
彼と彼女の千文字会話 作者:江見村元素

土手編

9/1817

三年後の未来

 土手に座り込み、沈む夕日と川のせせらぎを見つめながら。
 一日の終わりに、二人は他愛ない会話を始めます。



「前回のあらすじ。未来の二人は未だ土手にいるのか、それとももう破局しているのか。気になった私たちは未来に行ってみることにしたのです」

「わあ酷い構成。ちょっといい加減すぎるんじゃないかな。タイムマシンとかタイムリープとか、最小限のギミックがあるべきなんじゃないかな」

「細かいこと言わないでください。元よりこんなセリフだけの手抜き作品にそんなディテールを求めている人なんていないんです」

「それ自分で言ってて悲しくならないか?」

「ナンヤカンヤで三年後の未来です」

「なんかそういう名前の乗り物で来たみたいに言うなよ。過去に戻るときもナンヤカンヤ?」

「戻るときはドウニカコウニカです」

「なんでちょっと苦労してる感じなんだ」

「過去に戻るほうが大変なんですいろいろと。それよりほら、ちゃんといますよ二人とも」

「あ、ホントだ。なんかホッとしたよ。三年後も今と変わってないってなんかいいよね」

「それは人によりますけどね」

「さりげなく毒を吐かないで」

「この位置からだと背中しか見えませんね」

「でもさすがに前に回り込んで見るのはまずいでしょ」

「変装すれば大丈夫ですよ」

「軽く言うけども」

「グリーンベレーごっこをするふりをして匍匐前進で回り込みましょう」

「たまに君の頭の中を覗いてみたくなるときがあるよ。どんな発想だ」

「仕方ないですね。このサングラスを掛けましょう。ついでにアゴをシャクっておけば完璧です」

「確かにバレなさそうだけど……笑うよ」

「お互いの顔はあまり見ないようにしましょう。さあ行きますよ、匍匐前進で」

「その必要はない」

「――さて、真っ正面まで来てみたわけですが」

「うわぁ、ホントに自分がもう一人いる。鏡で見るのとは違って怖いな」

「でもあなた、思ったより老けて見えますね。ヒゲのせいですか」

「うっさい。君はちょっと太ってるんじゃないか?」

「……いえ、あれは太ってるんじゃないと思います」

「いや、太ってるよ。お腹回りとか見ればわかるだろ」

「……そうですね。きっと太ってるんです。それか食べ過ぎです。そうに違いありません」

「あれ? 否定しないなんて珍しいね。どうしたの?」

「わざと言ってるとしたら殴りますよ。あと今あまりこっちを見ないでください」

「え、なんで赤くなるの? サングラスにシャクれ顔で赤面ってグハッ」

「早く過去に帰りましょう」

「……うん」



 一人が腰を上げると、もう一人も立ち上がります。
 そうしてどちらからともなく手を繋ぎ、今日に背を向けて、去っていきました。
勝手にランキング参加中↑↑↓↓←→←→BA
小説家になろう 勝手にランキング

cont_access.php?citi_cont_id=361022146&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ