挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
彼と彼女の千文字会話 作者:江見村元素

同棲編

87/1694

聖夜の更新2012 フライドチキン

「あー、せっかく飾り着けたのに外しちゃうなんてもったいないことを……」

「真綿の混入したミネストローネ食べたいのか。この状態でも料理するの半端なく大変なんだぞ。腕も首も動かしにくいしなんの罰ゲームだこれ」

「頑張ってください。見てて面白いので」

「熱々のフライパン押し付けてやろうか。君もなんかしろ。僕と比べて格段に身軽な格好してるくせに、なんでさっきからずっとコタツでぬくぬくしてるんだよ」

「だって寒いじゃないですか」

「間違いなくサンタ服のせいだ。上着でも羽織って手伝え」

「はいはい……。あの、恥ずかしいのでこっち見ないでくださ」

「早く手伝え」

「今日の晩御飯は豪勢みたいですね。クリスマスと言えばフライドチキンですが、うちは何タッキーを買ったんですか?」

「ケン以外に当てはまるものあるのそれ?」

「衣類を洗う機械とか」

「センタッキは関係ないだろ。正確にはセンタクキだし。つまんないこと言ってないで料理運んでくれ。何タッキーでもないけど一応フライドチキンはあるよ」

「ふむ、この香ばしい匂い、まごうことなきフライドチキン……え……?」

「どうかした?」

「このフライドチキン、骨がないじゃないですか!」

「ああ、確かにフライドチキンって感じじゃないかもね。でも骨付きの肉って食べにくいから」

「これじゃクリスマスっぽくありません! フライドチキンを骨の髄までしゃぶり尽くすのがクリスマスでしょうが!」

「なにその化物みたいな価値観。君んちのクリスマスってそんな殺伐としてるの?」

「骨無しのフライドチキンなんてただの唐揚げです!」

「さらっと唐揚げを見下すな。骨ありがいいって言うなら手羽先もあるぞ」

「だからフライドチキンじゃないですそれ! そんなことだからあなたは骨無しチキンなんです」

「どんなことだからだよ。文句あるなら食べるな」

「え、あ、どうしてもって言うなら食べます」

「どうしてもなんて言わないから食べなくていいぞ」

「うわぁ美味しそうなフライドチキンですね! 見ているだけでヨダレが出てきます」

「なんだこいつ。今度は嫌味か」

「嫌味じゃありません。デレです」

「単なる手のひら返しを萌え要素にするな」
勝手にランキング参加中↑↑↓↓←→←→BA
小説家になろう 勝手にランキング

cont_access.php?citi_cont_id=361022146&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ