挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
彼と彼女の千文字会話 作者:江見村元素

同棲編

86/1662

聖夜の更新2012 純粋なクリスマス

「全国の暇人さんこんばんは。いよいよ待ちに待ったクリスマスですね。正確にはイヴですが」

「出会い頭に右ストレートとか嫌われたいのか」

「今日は深夜三時までクリスマス連続更新ということで、最後までお付き合いいただけたらなと思います」

「初っぱなからメタだなぁ。明日平日なのに今の調子で最後まで付き合ってくれるなんて、ある種の悟りを開いてる人間じゃなきゃ無理だろ」

「世間ではカップルたちが本来のクリスマスとはズレた目的で浮かれていますが、私たちはあくまで純粋にクリスマスを楽しみますよ」

「君がそんなこと言い出すなんて珍しいな。吹雪にでもなるんじゃないか」

「手始めとして、雰囲気作りにさっき買ってきたサンタ服を着ます。あなたも着てくださいね」

「なんかデカいけど、トナカイか何か? 君に使われる側とかやだな」

「いえ、クリスマスツリーです」

「なんで!?」

「本物がないので代わりです。着たら適当に飾らせてもらいますから」

「扱いがひどい」

「それじゃ着替えるので、あの、こっち見ないでくださいね? 絶対見ちゃダメですよ?」

「これどうやって着るんだろ? あ、ここが開くのか」

「スルーされると虚しいものがあります」

「……なんだその露出度高いサンタ服。純粋なクリスマスじゃなかったのか」

「このくらいは読者サービスです」

「見えないよ。文字媒体で何言ってるんだ」

「そこは想像してもらいます。水着みたいなサンタ服を来たナイスバディの美少女を」

「どう考えても少女って年齢じゃないのはさておき、想像するぶんには自由か」

「似合ってますか?」

「そこまでいくと似合う似合わないじゃないよね。なんて言ったらいいかわかんないけど」

「あなたは似合ってますよクリスマスツリー。どことなくUMAっぽいのがまた」

「全然嬉しくない。木の役とか保育園のお遊戯会以来だ」

「よっ、唐変木!」

「バカにしてんのか」

「はい」

「こいつ殴りたい」

「これに綿と電飾を巻き付けて、適当な飾り付けを施せば、立派なクリスマスツリーの完成!」

「重いしジャラジャラして邪魔くさいんだけど。電飾まぶしいし。綿が口に入ってわぱぱってなるし。っていうかこれ、コンセントから離れられないだろ」

「動かないでくださいね。もしプラグが抜けたら即活動限界ですから」

「どこの汎用人型決戦兵器だ」
勝手にランキング参加中↑↑↓↓←→←→BA
小説家になろう 勝手にランキング

cont_access.php?citi_cont_id=361022146&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ