挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
彼と彼女の千文字会話 作者:江見村元素

同棲編

83/1722

人類滅亡

 コタツの中で足を温め、窓の向こうの夕焼けと街の灯りを見つめながら。
 一日の終わりに、二人は他愛ない会話を始めます。



「ごちそうさま……」

「あれ、どうしたの? なんか元気ないね」

「ちょっと食欲がないんです」

「夕飯残さず食べ終えてからじゃ何の説得力もないけど……風邪でもひいた?」

「そういうわけじゃありません。今日で世界が滅亡だと思うと悲しくて」

「心配した僕がバカだった。え、もしかしてマヤの予言信じてるの? さっきまで別にそんな素振りなかったのに」

「たった今思い出しました。そういえば今日世界滅亡じゃーんって」

「なんだその見たかったテレビ番組を放送直前で思い出した小学生みたいなテンション」

「どうしましょう。このアパートじゃ巨大隕石が落ちてきたら耐えられません」

「どのアパートでも無理だから。そもそも巨大隕石が落ちてくるんだっけ? マヤの予言って」

「原因は知りません。重要なのは今日世界が終わるってことですよ」

「なるほど。君みたいな人種が大騒ぎしてるのか」

「今のうちに銀行から貯金を全額おろして、今日は美味しいものでも食べにいきましょう! 高いお酒を飲んで高いホテルに泊まりましょう!」

「それで明日が普通に始まったら後悔じゃ済まないと思う。だいたい今日はもうすぐ終わるぞ」

「日本時間じゃないでしょう。マヤは今のメキシコ辺りですから、向こうはまだ朝。ここからが本当の地獄です……」

「本当に滅亡するってわかってるならもっと慌ててるだろうけど、信憑性のない情報でよくそこまで騒げるね」

「騒ぐのが目的ですから」

「ぶっちゃけるな」

「でも本当に明日、世界が終わるとしたらどうします?」

「特に何もしないよ。実家に帰ってる暇は無さそうだから、ここで君と過ごすんじゃない?」

「繋がりながらですか」

「何かに繋がる予定はない」

「でもそれじゃ童貞のまま死ぬことに」

「僕がそうだと決めつけるな」

「私は処女のまま死ぬなんて嫌です。処女のまま死ぬなんて……」

「なんで繰り返した」

「世界が滅亡するというていで、今夜どうです?」

「どうですじゃないよ。なんやかんやで何も起こらないから安心しろ」

「ならいっそ私が滅ぼしてあげましょう」

「救えないのは君の頭だったか」



 日は山に隠れ、星々が輝き出しました。
 月が今日を急かしていますが、二人の一日はまだ少しだけ続きます。
勝手にランキング参加中↑↑↓↓←→←→BA
小説家になろう 勝手にランキング

cont_access.php?citi_cont_id=361022146&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ