挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
彼と彼女の千文字会話 作者:江見村元素

同棲編

81/1690

オムレツ

 コタツの中で足を温め、窓の向こうの夕焼けと街の灯りを見つめながら。
 一日の終わりに、二人は他愛ない会話を始めます。



「昨日のお鍋はなかなか美味でした」

「少し味が濃かったけどね。醤油入れすぎなんだよ」

「もしあなたの実家で台所に立つことがあっても、これで大丈夫ですね」

「食材煮るだけの料理できてもなぁ。今日は少し難易度上げて、オムレツを作ってみよう」

「フライパン使う料理なんて人生で初めてです」

「……頭痛くなってきた。まずは卵割ろうか。Lサイズを4つね」

「卵割ったらひよこさんが死んじゃうじゃないですかあ」

「女子力発揮しなくていいから早く割れ」

「力加減が難しいんですよね、これ。死ねっ! 死ねっ!」

「人道を外れろとまでは言ってない。力み過ぎだって。適当なもののカドに軽く当てればヒビ入るよ」

「あ、ホントですね。上手くいきました」

「卵割るのに水道の蛇口使うやつ初めてみた。別にいいけどなぜそこを選んだのか凄く気になる」

「かき混ぜたらいよいよフライパンに投入ですか」

「その前に、今回はプレーンオムレツじゃなくて具入りのオムレツにするから、ひき肉と刻んだ玉ねぎを炒める」

「玉ねぎのみじん切りは苦手です」

「前にも言ってたっけ」

「しかしこんなこともあろうかと、対玉ねぎ専用必殺技を考えておきました」

「へえ、どんなの?」

「目隠し切り」

「バカな真似やめろ。それに玉ねぎの成分って鼻から入ってくるから意味ないぞ。玉ねぎのみじん切りは端っこを少し残して切って、そのあと90度回転させて切るといい」

「おお、確かにこれならすぐ切れます」

「それじゃ、フライパンに少しだけ油をしいて、熱したら玉ねぎとひき肉投入ね」

「グアアッ! 油が腕にぃ!」

「ダメージ受けてないでかき混ぜろ」

「炒まりました」

「その日本語は正しいのか気になるけど、一旦皿に取って次はいよいよ卵を焼くよ。最初はゆっくり混ぜて、ある程度焼きかたまってきたら全体に広げて具をのせて包む」

「これで後はひっくり返すわけですか」

「下手なことしなくていいからね。転がせば大丈夫だから」

「いえ、一度あの投げてキャッチするのやってみたいんです。ほりゃ! あ」

「いらんことするな! 卵が裂けただろうが!」

「でもひっくり返りましたよ。お皿に移して、ケチャップであなたの顔でも描いておきますか」

「グロッ。僕の顔破れて中から肉飛び出してるんだけど」

「あべしと書けば完成です」

「予定調和を装うんじゃない」



 日は山に隠れ、星々が輝き出しました。
 月が今日を急かしていますが、二人の一日はまだ少しだけ続きます。
勝手にランキング参加中↑↑↓↓←→←→BA
小説家になろう 勝手にランキング

cont_access.php?citi_cont_id=361022146&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ