挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
彼と彼女の千文字会話 作者:江見村元素

同棲編

73/1758

ジョギング

 コタツの中で足を温め、窓の向こうの夕焼けと街の灯りを見つめながら。
 一日の終わりに、二人は他愛ない会話を始めます。



「趣味探し、まずはジョギングから試してみようということで、昨日ひとっぱしり行ってきました。五キロ」

「健康には良さそうだね。でも初めから走りすぎじゃない? あんまり無理すると続かないぞ?」

「筋肉痛すごいです。死にそう」

「死にはしないだろ。でもやっぱりか」

「うぎー、じっとしてても足がジンジンします。ちょっとマッサージお願いしていいですか?」

「仕方ないな……。やる気になるのはいいけど、のっけからそんなに頑張るもんじゃないよ」

「オリンピックに出ようと思ったので」

「目標がジョギングの域じゃない。そこで見栄はってどうする」

「どうせやるなら一番になりたいじゃないですか」

「その真剣さは別の場面で発揮しろよ。息抜きでも気分転換でもなくなるから」

「あ、太ももの内側のほうお願いします。ふくらはぎも」

「はいはい」

「もっといやらしくこねくりまわしてください」

「なんだその言い方。こう?」

「ああ、そうです。でももうちょっと右……あ、行き過ぎです……ああ、そこっ……あんっ……あんっ……ああん!」

「変な声出すな!」

「いやぁ気持ちよくって。あなたマッサージのセンスありますね。趣味にマッサージなんてどうですか?」

「百パーセント君の都合じゃないか。僕に何の利益もない」

「女性の体を思う存分触れることが利益ではないと? 今だって別に関係ないとこ揉んでもいいんですよ?」

「……確かにこれ、精神の鍛練にはなるかも」

「カーマ・スートラとか読んで勉強したらいいと思います。たぶんもっと気持ちよくなれるので」

「それマッサージの本じゃない気がする。で、今日は何キロ走るの?」

「この筋肉痛で走ったりしたら足が千切れ飛びます」

「オーバーにもほどがある。まあ今日は休めば? 夕飯にするから運ぶの手伝って」

「うぐぅっ……一歩も動けません」

「おい。五キロ走ったくらいでそこまで酷いわけないだろ」

「この分だと一人でお風呂に入るのも無理そうです。あとで一緒に入ってください」

「じゃあもう今日は風呂に入るな」

「これで筋肉痛が治ったらまた五キロですねー。一日おきに動けない日がくるわけですかー。大変ですねー」

「……もうジョギングするな」

「あなたが言うなら仕方ありません。他の趣味を探しましょう」

「僕をギブアップの口実にするな」



 日は山に隠れ、星々が輝き出しました。
 月が今日を急かしていますが、二人の一日はまだ少しだけ続きます。
勝手にランキング参加中↑↑↓↓←→←→BA
小説家になろう 勝手にランキング

cont_access.php?citi_cont_id=361022146&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ