挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
彼と彼女の千文字会話 作者:江見村元素

同棲編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

72/1932

趣味探し

 コタツの中で足を温め、窓の向こうの夕焼けと街の灯りを見つめながら。
 一日の終わりに、二人は他愛ない会話を始めます。



「趣味を見つけてみようということで、いろいろ探してみました」

「何かやってみたいことあった?」

「いろいろあって悩みますね。どれも楽しそうなので」

「お金がかからないとか、一人でやっても楽しいとかの条件付きで絞りこんでみたら?」

「なるほど。ではサーフィンなどは」

「今何月だと思ってるんだ」

「近くの温水プールでなら」

「迷惑過ぎる。波なんてないし。ウィンタースポーツなら時期的にも合ってるんじゃない?」

「あんな傾斜を滑り降りるだけの行為の何が楽しいんですか」

「スピード出す系のスポーツ全否定する気か。楽しいよ。風になるんだよ」

「もっとゆっくりまったりできる趣味がいいです」

「NHK教育テレビにおける五分アニメの主人公みたいなことを……。じゃあ音楽鑑賞とか映画鑑賞?」

「それいつもと変わんないですよ」

「もっと身を入れてやればいいんだよ。単なる暇潰しと趣味は別物だろ」

「じゃあもっと無理です。娯楽は娯楽のままにしておきたいので。気づいたんですけど、私が趣味に求めてるのは『ストレス発散』というより『気分転換』なのかなと」

「その二つの違いが僕にはわからない。じゃあジグソーパズルなんかは?」

「時間を無駄にしてるようにしか思えません」

「あれは完成したときの達成感を味わうんだよ。ヨガとかは? 家でもできるし」

「身体固いので無理です」

「柔らかくするためにやるもんだろうが。お、アクアリウムなんて楽しそうじゃない?」

「生き物はすぐ死にます。飼って一週間くらいで」

「それは間違いなく君が殺してる」

「世話とか面倒ですし」

「あー、それはわかる気がする。僕も君の世話するのめっちゃ大変だもん」

「お世話さまです」

「否定しろよ。このまま永遠に寄りかかり続けるつもりか」

「他にはオススメあります?」

「話を逸らすな。いつの間にか僕が探してるし……。じゃあ野球とかサッカーとか、スポーツ観戦は?」

「他人の応援に時間使いたくないです」

「最近流行りの一人カラオケ」

「歌下手なので」

「盆栽」

「年寄り臭っ」

「切手集め」

「いまどきですか?」

「小説執筆」

「メタ過ぎます。実はこの作品は私が書いていたとかいうオチやめてくださいね。私こんなに文章力低くないので」

「文句ばっかか。どれも楽しそうとか言ってたのはどこのどいつだよ。それとも僕のチョイスそんなに悪い?」

「というか、あなたに紹介されると全部つまらなそうに見えてきます」

「センスどころか存在を否定してくるのかよ!」



 日は山に隠れ、星々が輝き出しました。
 月が今日を急かしていますが、二人の一日はまだ少しだけ続きます。
勝手にランキング参加中↑↑↓↓←→←→BA
小説家になろう 勝手にランキング

cont_access.php?citi_cont_id=361022146&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ