挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
彼と彼女の千文字会話 作者:江見村元素

同棲編

62/1815

すれ違い

「『今日は遅くなるから先にご飯を食べてお風呂に入って寝ててくれ』……」



「あの人はブラック企業にでも勤めてるんですか」



「では疲れて帰ってくる彼に、何か癒しになるサプライズを用意しておくとしますか」



「鍋はこの前やってしまいましたからね。不評でしたし。今日は私が腕によりをかけてレトルトカレーを作るとしましょう。さも私が作ったように見せかければ彼の評価もうなぎ登りです」



「んー、レトルトカレーないですね……仕方ありません。ここはカップ麺で」



「さて、お風呂に入浴剤でもと思いましたが、入浴剤もあいにく無いときました。仕方ないですね。ここもカップ麺で」



「次はベッドです。湯タンポでも入れておいてあげようかと思いましたが、ここは敢えて私が湯タンポ代わりになりましょう」



「……オスの匂いがします。臭くはないですが、メスとして刺激されてしまいます」



「でもこれで彼の疲れも吹き飛びますね。それではおやすみなさい」






「ただいま、と。さすがにもう寝てるかな。夕飯は……カップ麺ね。まあ下手に料理されるより数倍マシだな。いただきます」



「ごちそうさまでした。お腹膨れたし、風呂に行くか」



「――なんで浴槽にラーメンが。なんだ? ここで何が起きた? どういうメッセージだ?」



「とりあえず、犯人だけはわかってるからそれ相応の罰を与えないと。明日は飯抜きだな。食い物を粗末にするやつは一度飢餓を味わえばいい」



「で、寝ようと思ったら僕の寝床が占領されている。なんだこいつ」



「おい、自分のベッドで寝ろ。おいってば」

「……やめてください……なんでも言うことききますから……それだけは……らめぇ……」

「どんな夢見てるんだ」



「空いてる方で寝るか、仕方ない」



「――いい匂いがして寝られない。疲労が蓄積していく」
勝手にランキング参加中↑↑↓↓←→←→BA
小説家になろう 勝手にランキング

cont_access.php?citi_cont_id=361022146&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ