挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
彼と彼女の千文字会話 作者:江見村元素

土手編

6/1722

戦いの終わりに

 土手に座り込み、沈む夕日と川のせせらぎを見つめながら。
 一日の終わりに、二人は他愛ない会話を始めます。



「いやぁ魔神ロミアスは強敵でしたね」

「おい」

「それにしても戦いの後に夕日を見ながら、土手で黄昏るというのもまた味があります」

「何してるの? 何これ? え、却下だって言ったよね?」

「似合ってますよ。テペヨロトルの鎧」

「着てないからそんなよろよろしてそうな装備。あとなんだタイトルも『土手−ONLINE−』って。清々しいくらいオフラインだよ」

「ここは仮想世界ユウグレイの土手――」

「君の勝手なイメージを押し付けるな! ねぇ、そこまでしてアクセス数伸ばして何がしたいの? アクセス乞食のヒロインなんて聞いたことないよ?」

「目的はもちろんランキングに載るためです。私の出てる作品がこんなレベルなんてありえません」

「ありえないのは君のプライドの高さだろ。そもそもこの作品、ポイント評価受けつけてないからランキングとか多分無理だよ」

「……は? なぜ?」

「見ての通り文章は会話しかないし、ストーリー性に至っては皆無じゃないか。評価できないから受けつけても意味ないでしょ」

「な、なんということを!」
 私は思わず立ち上がって叫んだ。
「いきなり地の文を入れるな」
 彼が冷静に突っ込む。
 しかし私は穏やかでいられない。
 今まで費やしてきた数々の努力や工夫は、一体なんだったというのか。これではただの道化。アクセス数という偽りの黄金を掴まされ一喜一憂していた己が、なんとも浅ましく恥ずかしい。
「い、いえ、まだ手はあります。あなたが異世界にトリップするか、仮想世界に閉じ込められればいいんです」

「ここまできて超展開過ぎる。僕、戦うとか無理だし」

「大丈夫です。異世界でのあなたは無敵の主人公。さぁ、チート的な能力を駆使して敵を薙ぎ倒し、読者のカタルシスを満たすのです」

「読んでる作品が偏りすぎだろ。トリップものでも十二国記とか凄い悲惨だぞ」

「なんでもいいので早く死んでください」

「転生ものなの? ねぇちょっとやめて。そんなおっきい石振り上げたら危ないから」

「実はこの世界は夢の中で、死ぬことによってあなたは覚醒し、本当の世界の姿を知ることになるのです」

「もう君が書けよ」



 一人が腰を上げると、もう一人も立ち上がります。
 そうしてどちらからともなく手を繋ぎ、今日に背を向けて、去っていきました。
勝手にランキング参加中↑↑↓↓←→←→BA
小説家になろう 勝手にランキング

cont_access.php?citi_cont_id=361022146&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ